食べ物

女子学生服 昔々

『ニッポン制服百年史』展

『ニッポン制服百年史』展

『ニッポン制服百年史』展

 

『ニッポン制服百年史』展( 弥生美術館、6月30日まで)に行く。
「女子学生服が ポップカルチャーになった !」というサブタイトル。そして、こういう解説が……。
〈 今から一〇〇年前に欧米からもたらされた洋装女学制服。日本の学生文化にすっかり定着しました。長いスカートがカッコよかった八〇年代。チェック柄スカートの登場で一気にミニ化が進んだ九〇年代。二〇〇〇年代には色・柄・デザインに驚くほどのバリエーションが誕生しました。……〉

江口寿史「Kawaii」の絵葉書を買い、隣の「港や」で、カレーとアイスコーヒー。カレーとアイスコーヒーは、女子学生には似合わない、と思いながら。

 


美を紡ぐ人たち

美を紡ぐ  日本美術の名品

美を紡ぐ  日本美術の名品

 

『美を紡ぐ  日本美術の名品』(東京国立博物館、6月2日まで)に行く。
「絶対に見逃せない !」というキャッチフレーズの作品展示マップを見ると、「浜松図屏風」からはじまって、与謝蕪村、伊藤若冲、横山大観、葛飾北斎、雪舟、狩野永徳らの作品が並んでいる。「ぜいたくな展覧会だった」という、帰りにすれ違ったひとの声が聞こえた。

ショップで、榮太棲飴を買い、外の植え込みで記念撮影。ツツジも見ごろ。

 


印象派とオレンジ・ペコ

印象派への旅  海運王の夢  ー  バレル・コレクション

 

オレンジペコ

 

『印象派への旅  海運王の夢  ー  バレル・コレクション』( Bunkamura  ザ・ミュージアム、6月30日まで)に行く。ついこの間、令和のカウントダウンで沸いた道路を横切って行く。

〈英国から日本へ初航海 !門外不出の名画 ドガの《リハーサル》〉
〈海運王のコレクション、初めての船出。  ドガ、ゴッホ、クールベ、ブーダン……〉
〈イギリスの “海運王”  ウィリアム・バレルが  夢を託した選りすぐりの名画、初来日 !〉
などという展覧会パンフレットのコピーで、その雰囲気は、おわかりいただけるだろうか。

帰りに、ショップで、紅茶  オレンジ・ペコを買う。これが、この展覧会にふさわしいもののような気がした。

 


ムーミンの春休み

ムーミン展

ムーミン展 キャンディー

 

『ムーミン展』(森アーツセンターギャラリー、6月16日まで)に行く。

〈……  トーベが最後まで手元に残しておいた貴重なコレクションから  日本初公開の作品も並びます。ムーミンの小説、絵本から代表的なシーンを原画で楽しむことができる、ムーミンファン必見の展覧会です。……〉(展覧会パンフレットから)。「これまでにないムーミン原画展」という、キャッチフレーズ。

春休みのコドモたちでいっぱい、かと思ったら、中年以上の女性たちが多い。ショップで、キャンデー2本をおみやげに買った。

 

 


東寺、八ッ橋、海苔茶漬

『東寺  空海と仏像曼荼羅』展

八ッ橋、海苔茶漬

 


『東寺  空海と仏像曼荼羅』展(東京国立博物館平成館、6月2日まで)に行く。令和と決まった翌日に、平成館に行く。公園口から博物館へ向かう道は、サクラと春休みのおかげで、いつもの何倍もの混雑だ

東寺講堂の立体曼荼羅が史上最大規模で東博に出現。
三六〇度、圧巻の空海ワールド ‼︎
史上最多 ‼︎  立体曼荼羅から15体集結
東寺の名宝、上野に大集結。
……  というのが、パンフレットに書かれたキャッチコピーの数々。

見ての帰り、ショップにて、「八ッ橋」と「海苔茶漬 」を買う。なぜと言われても、困る。なんとなく、東寺にふさわしい気がしたんです。


蕪のすり流し

身体が温まる すり流し。

蕪の甘みが じんわりしみる。


おじいちゃんとの思い出の味

ゆっくりカフェで過ごすのが好きなamedioですが

カフェ好きになったのは

おじいちゃんの影響が強いように思います。

 

子どものころ、おじいちゃんの家に遊びに行くと

「一緒に行くか?」と

よく近くの喫茶店に連れて行ってもらいました。

 

おじいちゃんは、決まって珈琲とサンドイッチを注文。

喫茶店の店員さんとも仲良しで

プカ~とたばこをふかして、珈琲を飲みながら、

新聞を読んだり、店員さんと冗談を言い合ったり…

 

私と弟は、必ずアイスココアとパリジャンを

頼んでいました。

アイスココアのうえにある

アイスクリームに

きれいなスプレーチョコが乗っていて

それをそ~っとすくって食べるのが

幸せな時間でした!

失敗すると、アイスが沈んでしまい、氷がたくさん

くっついて食べにくくなるので、

そ~っとそ~っと、慎重に食べていたのを

今でも覚えています。

パリジャンは、ジャガイモグラタン♪

パンとグラタンが両方

ちょうどなくなるように

一生懸命考えながら

食べていました( *´艸`)

 

おじいちゃんは、あまりおしゃべりをしない人でしたが

私たちが、食べている姿を見て

「いっつも、それ頼むな~」とニコニコしていました。

 

私も弟も、このメニューが大好きだったのですが

私たちが住んでいたところには

この喫茶店がなかったので

おじいちゃんの家に行くことになると

「パリジャン食べられるかな~♪」なんて

楽しみにしていました( *´艸`)

 

大人になった今は、アイスココアではなく

おじいちゃんと同じように珈琲を飲むようになりましたが

この喫茶店に行くと、今でもパリジャンを

注文してしまいます(*^_^*)

 

「一緒に行くか?」の声はもう聴けないけれど

思い出の味とともに、おじいちゃんのことを

思い出すamedio  でした(*^-^*)

 


ヴァレンタイン前史

チョコレート

 

ちょっと早いですが、と言ってチョコレートらしきものを、いただいた。

 その夜、『チョコレートの世界史』(武田尚子著   中公新書)を、読んだ。19世紀前半に薬局を経営していたジョーゼフ・フライが、登場する。

〈…… ジョーゼフ・フライのアイデアは、搾油していないカカオマスに、ココアバターをさらに加えるというものだった。増量されたココアバターによって、より多くの砂糖を溶かし込むことが可能になり、苦味が軽減した。よくかき混ぜて練り上げると、なめらかな舌ざわりで、甘くて風味のよい固形物になった。冷ますと、成型、型抜きも容易だった。このようにして湯や水に溶いて飲むのではなく、そのまま食べる「チョコレート」が一八四七年に誕生した。薬学に造詣が深く、専門的知識を持つ人物が、ココアを改良し、食べるチョコレートを作り出した。〉

もう、100年以上昔の話だ。

 


白菜のサラダ

鍋でクタクタになった白菜は格別ですが、

芯の部分をサラダにすると

しゃきしゃきして美味しい。


媛まどんな

「ゼリーみたいで、ペロリと食べられるよ」と

vigoに薦められて知った「媛まどんな」という名の みかん。

薄い皮をそーっと剥がして

現れた果実は本当にプリプリ。

お薦めです。