morimori

魯山人の醤油注ぎ

魯山人の醤油注ぎ

 

『北大路魯山人』展の案内をいただいた。(7月2日 –  8月25日まで、千葉市美術館で)。魯山人といえば、ついつい思い出すのは、山口瞳さんのエッセイである。たとえば、「魯山人の醤油注ぎ」(文藝別冊『山口瞳』 河出書房新社)。山口さん、子供のときから、魯山人があまり好きではなかった、といいながら、こんなふうに書くのだ。

〈  しかし、私は、だんだんに、実に三十年以上もかかって、この巨人、この大天才(  私はピカソよりも才能があると思っている)を理解するようになった。たとえば、この写真にある醤油注ぎである。日本の巨匠連中は、絶対に、こういうものを造らない( 造れない )。私には陶器はわからないが、醤油注ぎを造る魯山人の心を理解するようになった。愛するようになった。第一に、魯山人の陶器は使いやすいのである。  〉……

展覧会に、醤油注ぎがあるといいな。

 


小笠原のアオウミガメ

小笠原のアオウミガメ

 

好評発売中の『チルチンびと』100号の 122ページに「小笠原からの手紙」という記事がある。小笠原の研究者たちが、島のいろいろな話題をレポートする連載企画である。今回は「アオウミガメ」。ちょうど6月ころが、産卵の時期だという。写真と文は、新行内 博さん。

今年の春。新行内さんが、ちょっとこちらに用があってと、ひょっこり現れた。パソコンには、たくさんのウミガメの写真。海中での交尾。産卵のため島に来て、適した場所を探す様子。気に入った浜で大きな穴を掘る。そして、産卵。終わって海に帰る。ここまでで、4時間。そして、孵化。子どもたちが、海に向かう。夜の海の写真が美しい。

こんな長いあいだ追いかけるなんて、タイヘンですね、と言うと、「時間があるんですよ」と笑った。島の通勤時間、家から学校までは5分だという。高校で、生物を教えていたが希望して小笠原に赴任した。島と本土を結ぶのは、週1回の船便だけ。「それで疎外感を持つような人は、島を離れるのでしょうが、私はそんなことはありません。赴任して6年、一度も風邪をひきませんし、快適 」と、また笑った。

 


クリスチャン・ボルタンスキーという男

『クリスチャン・ボルタンスキー』展

 

『クリスチャン・ボルタンスキー』展(国立新美術館、9月2日まで)に行く。〈50年の軌跡  ー  待望の大回顧展 〉のサブタイトル。


その作品は ……………… 咳をする男。なめる男。1951年にクリスチャン・ボルタンスキーが所有していた一組の長靴の粘土による復元の試み。……………… と、つづいていくのである。………………

 


モローと宿命の女

ギュスターヴ・モロー展

ギュスターヴ・モロー展

 

『ギュスターヴ・モロー展』(パナソニック 汐留美術館、6月23日まで)に行く。
〈  サロメと宿命の女たち 〉  のサブタイトル。そして、「パリの宝石箱からこぼれ出た、幻想世界。」「モローが描いた女性、一堂に会する。」というコピー。そして、パンフレットに、こういう文章。

〈……  神話や聖書に登場する、男性を死へと導くファム・ファタル(宿命の女)としての女性、誘惑され破滅へと導かれる危うい存在としての女性、そしてモローが実生活において愛した母や恋人。展覧会では、彼女たちそれぞれの物語やモローとの関係を紐解いていき、新たな切り口でモロー芸術の創造の原点に迫ります。〉

 


梅雨の晴れ間に、男の夢

松方コレクション展

松方コレクション展

 

『松方コレクション展』( 上野  国立西洋美術館、9月23日まで) へ行く。

パンフレットには、〈 モネ、ルノワール、ゴッホ…… 流転の傑作、百年の物語 〉 とあり、チケットには、〈 最高の絵を見せてやりたい ー モネを口説いた男の夢。〉とある。
ゴッホ「アルルの寝室」、 モネ「睡蓮」、ルノワール「帽子の女」…… マティス、ゴーガン、ミレイ、マネ、ロダン…… 男の夢をたくさん見る。

 

 


ゆかた、今昔物語

ゆかた 浴衣 YUKATA ー すずしさのデザイン、いまむかし

ゆかた 浴衣 YUKATA ー すずしさのデザイン、いまむかし

 

『ゆかた 浴衣 YUKATA ー すずしさのデザイン、いまむかし』(泉屋博古館、7月7日まで)に行く。

〈 ……  ゆかたは、江戸時代に入浴後のくつろぎ着として着られるようになり、やがて夏の気軽な外出着として定着しました。素材も麻から木綿へと変化する中で、「型染」や「絞り」など染めの技法が発達し、ゆかた独自の「いき」な図案が誕生します。…… 〉という解説がある。
ゆかた美人、江戸時代のゆかた、町方女性のゆかた、人間国宝のゆかた、画家がデザインしたゆかた…… たくさんのテーマのゆかたを見て、思い出すのはこの一句。

浴衣着て少女の乳房高からず   虚子


セツ・ミュージック・セミナー

6月22日の、こういう催しのご案内を 、いただいた。
その翌日の6月23日は、セツ先生が亡くなられた日。もう、20回忌だという。

 “  広場  ” では、セツで学んだ方々に、
セツ先生と学校の思い出を、書いて(描いて)いただいております。
そちらもあわせて、お楽しみください。

 


こんな時代もあった

時代 立木義浩写真展

時代 立木義浩写真展

 

『時代 立木義浩写真展』(上野の森美術館、6月9日まで)に行く。

勝新太郎がいる。夏目雅子がいる。黒澤明がいる。大原麗子がいる。あれは、山口百恵かな。……  
「人間は割り切れない。写真は、割り切れない人間を、四捨五入する」
「写真のために存在しているものは、ない」
という、言葉が添えてある。
熱い時代。暑い日。館内のカフェで、アイスコーヒーを飲んで、帰る。中島みゆきの『時代』が、聞こえてくる。

 


腐らないミカン

腐敗・鮮度保持に関する伝承

間もなく、『チルチンびと』夏  100号の発売です。特集は〈木と土の家〉〈親子の距離と間取り〉 の二本立て。

〈木と土の家〉の特集から「土壁の消臭・防カビ効果を検証する」を、そっとご紹介します。左官の世界をよく識る方が、土壁にまつわる伝承を教えてくれます。たとえば……

「腐敗・鮮度保持に関する伝承」
① ミカンと藁を入れた発酵土をビンに入れておくと、ミカンが腐らない。  ② 土壁の家では、野菜が腐らない。③  藁の発酵土に死体を埋めると、ミイラになる。④  穀物蔵は田んぼの土でつくり、内外荒壁仕上げにするとよい。 ⓹ 酒蔵、味噌蔵は、藁を大量に入れて腐らせてつくった。 檜はだめで、杉、松を使用。


……

これらの伝承に、門奈理佐さんが、科学的解説を加えます。面白いですよ。


………
『チルチンびと』100  夏号は、6月11日発売です。お楽しみに。

 


竹久夢二式

竹久夢二式

 

『竹久夢二という生き方   明治・大正・昭和を駆け抜けたロマンチスト』が、竹久夢二美術館( ~ 6月30日)で開かれている。夢二美術館は、弥生美術館と棟つづきというのか、お隣どうしというのか。
展覧会のパンフレットに、「二つの肉体の一つが死んでも愛は残る。」という夢二の言葉が、ひいてある。
以前、画家であり友人である有島生馬が「何をみてもかいても所謂夢二式になって終ふのである。」と書いているのを、読んだことがある。そういう展覧会である。