『鳥文斎栄之展』へのご案内

鳥文斎栄之展

 

いま、千葉市美術館で開かれている『鳥文斎栄之展』のサブタイトルは、〈 サムライ、浮世絵師になる !〉だ。
そして、この展覧会のパンフレットを読むと、こんな大きめの文字が踊っている。
世界初開催!  武士に生まれ  浮世に生きる-
将軍の絵具方から浮世絵師へ
隅田川の絵師誕生
歌麿に拮抗-もうひとりの青楼画家
色彩の雅-紅嫌い
門人たちの活躍
美の極み-肉筆浮世絵

いかがですか。そして、さらにプロフィールには、
鳥文斎栄之は、1756~1829。熊本出身。美人画のみならず幅広い画題で人気を得た浮世絵師。浮世絵の黄金期とも称される天明から寛政期に、同時代の喜多川歌麿と拮抗して活躍しました。
- と、ある。
この展覧会は、3月3日まで、千葉市美術館で開かれている。


『古賀忠雄 塑造(像)の楽しみ』展へのお誘い

古賀忠雄 塑造(像)の楽しみ

 

佐賀県佐賀市に生まれた古賀は、高等科を卒業後佐賀県立有田工業高校図案絵画科に入学。教師であった日本画家・腹巻丹丘に才能を認められました。1926年には東京美術学校彫刻科塑像部本科に入学。古賀はロダンやプールデル、北村西望等の影響を受け、写実の中にやや誇張した表現を取り入れながら、安定した形態を持つ人体や動物を多く制作しています。

本展ではこうした古賀の活動の中から「塑造〈像〉」に注目します。明治期以降、立体制作に対しては「彫刻」という言葉がほぼ定着して来ました。古賀の肩書きも「彫刻家」ですが、技法としては塑造を用いた作家です。木や石を彫り刻む技法に対し、粘土などを足し引きし形を生み出す「塑造」で作られる塑像は、作品の制作過程や作家の姿勢に、他ジャンルとは少々異なるポイントがあります。塑造〈像〕には美術館に所蔵され飾られるオリジナルの絵画等とは異なる視野があるのです

『生誕120年 古賀忠雄展』は、練馬区立美術館で、2月25日まで公開中。観覧無料です。


「new born 荒井良ニ 展」のご案内

new born 荒井良ニ 展

2005年に日本人として初めてアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞するなど、世界的な評価を受けるアーテイスト、荒井良ニ(1956~)。彼の幅広い活動は、絵本だけでなく、絵画、音楽、舞台美術にまでおよびます。
本展では、そんな荒井良ニの「いままで」と「これから」を語る作品たちを、荒井自身が再構成して紹介します。また、新作の立体インスタレーション《new  born  旅する名前のない家たちを   ぼくたちは古いバケツを持って追いかけ  湧く水を汲み出す〉を発表。展示室に点在する車輪のついた小さな家々が、それぞれに物語を内包しながら、この展覧会とともに旅をしていきます。
彼はこれまでどんなところを旅して、次はどこへ出かけていくのでしょうか。

「new  born   荒井良ニ展」は、千葉市美術館で開かれています。12月17日まで。


森のとびら2023 開催

森のとびら2023

森のとびら2023が10月7日~11月30日に開催されます。

「日本の木で遊ぼう! 作ろう! 学ぼう!」をテーマに伐採ツアー・木工ワークショップ・木の家見学会・山と林業についてのパネル展示など、木に纏わるイベントを全国各地で開催。

※詳しい内容に関しては公式HP「森のとびら」でお近くのイベントをご確認ください。

フォトコンテスト「木といっしょ」

また、開催にあわせて、フォトコンテスト「木といっしょ」を行います。

Instagramにて木の家、木の家具、木の器…
あなたの暮らしともにある”木といっしょ”の写真や、全国の工務店が開催する木育イベントの写真を #森のとびら をつけて期間中に投稿してください。
受賞作品はチルチンびと誌面に掲載されます!
ぜひご参加ください。


「宇川直宏展」へのご案内

宇川直宏展

 

AI時代の創作において、一体、作家は作品のどこに存在しているのか?  ストリーミングを装った、現代メデイア・セラピー13年の痕跡 !!

宇川直宏(1968年~)は、1980年代末より映像作家、グラフィックデザイナー、vj、文筆家、キュレーターなど、多岐にわたる活動を展開するアーテイストです。1990年代より活動の舞台を現代アート表現にも拡張し、国内外で様々な作品を発表してきました。そして、国内外の先端的なアートシーンに大きな影響を与えています。宇川はスタジオで日々産み出される番組の撮影行為、配信行為、記録行為を、自らの「現在美術表現」と位置づけています。…… 本展では、13年間のDOMMUNE  の膨大な番組アーカイブを紹介するとともに、それらの映像を素材として、絵画や立体作品など他のメディアに拡張・変換・創造し、「描く」という行為の歴史的なアップデートを図ります。……

という解説を、展覧会のパンフレットに、読むことができる。

「宇川直宏展」は、練馬区立美術館で開催中です。11月5日まで。


「楊洲周延」展へのご案内

楊洲周延 明治を描き尽くした浮世絵師

 

ようしゆうちかのぶ〈1838~1912〉は、幕末から明治末にかけて活躍した浮世絵師です。高田藩〔現・新潟県上越市〕江戸詰め藩士の家に生まれ、幕末期を激動のなかで過ごした周延は、40歳となる明治10年頃から本格的に絵師としての活動を開始します。以降、彼の真骨頂である優美な美人画から、役者絵、戦争絵、歴史絵、時事画題まで多岐にわたるテーマに取り組み、まさに、「明治」という時代を描き尽くしました。本展では、知られざる彼の画業とその魅力を、約300点の版画と肉筆画をとおしてたどります。

というのが、〈明治を描きつくした画家〉というサブタイトルの浮世絵師展へのご案内である。

この展覧会は、10月7日から12月10日まで、町田市立国際版画美術館で開かれます。


「インド細密画」展へのご案内

インド細密画

 

〈「絵は一対一で対話するように味わうもの」という芸術観のもと、小さな画面に精密な筆で描かれたインド精密画の流麗な線と鮮やかな色彩は一目で見る者を魅了し、絵の中の世界へと引き込みます。日本とも西洋とも違う、インド絵画の美の世界をお楽しみください。〉
というのが、お誘いの言葉。

初めましてインド。宮廷絵画120点との対話。神話、音楽、ダンス……インドのすべてがここにある。などという文字が、ご案内のパンフレットに、踊っている。

「インド細密画」展は、府中市美術館で、9月16日から11月26日まで、開催予定。

 


「版画家たちの世界旅行」展へお誘い

「版画家たちの世界旅行」展

 

古くから西洋の版画家は「旅」から作品のインスピレーションを、得てきました。芸術家としての修業や仕事だけでなく観光、社会の変化など、旅立つ理由はさまざまですが、険しい山を馬車で越え、大海原を帆船で渡る旅には大きな危険が伴つたことでしょう。鉄道や蒸気船 が普及する19世紀には版画家たちの行動範囲はヨーロッパを越えていきました。それと同時にこれまで見過ごされてきた身近な自然風景 やにぎやかな都市生活 にも光が当てられるようになります。…… と、案内に書かれている。

……  本展では当館のコレクションから西洋版画を中心に、旅や移動に関わる16~20世紀の作品を約160点、展示します。

「版画家たちの世界旅行・古代エジプトから近未来都市まで」は、町田市立国際版画美術館で、7月22日~9月24日まで開かれます。


『フクちゃん』と早稲田大学

フクちゃん

 

「フクちゃん」は、横山隆一作。その昔、新聞連載の4コマ漫画として、人気を博した作品の主人公です。このフクちゃんが、当時、早稲田の角棒をかぶつていたことから、早稲田のマスコットとして、野球の応援を始め、キャンパスや商店街でも、しばしば登場。親しまれてきました。応援部の歴史と合わせて、早稲田とフクちゃんの歩んだ時代を、楽しく振り返ってみませんか

この展覧会は、早稲田大学歴史館で、7月21日から 10月1日まで、開かれる予定です。


『植物と歩く』展へご案内

植物と歩く

「植物と歩く」とはどういうことでしよう?  植物は一つの場所に留まっていながら、根は地中に、茎や葉は地上に伸びて這い広がり、花をひらかせてはしぼむ、その一生は動きに満ちています。本展では、「植物と歩く」という言葉に植物が営む時間と空間に感覚をひらき、ともに過ごすという意味を込めました。作家は植物を観察しその特徴をとらえようとするなかで、普段わたしたちが気づかずに通りすぎてしまうようなその意外な姿に迫り自身の思いを重ねてイメージを作りあげるのかもしれません。……

と、案内の文は始まり、つづく。

本展では、当館のコレクションに加えて植物学者・牧野富太郎による植物画と植物標本なども、ご紹介、とのこと。

「植物と歩く』展は、練馬区立美術館で開かれている。8月25日まで。