横尾忠則の元気様

GENKYO   YOKOO  TADANORI

『GENKYO  YOKOO  TADANORI 』展が開催されている。
パンフレットを見ると、
GENKYO  横尾則[原郷から幻境へ、そして現況は?]
と書かれている。さらに、
〈…… 1960年代からつねに第一線で活躍し、日本を、そして世界を魅了し続けてきた、アート界レジェンド、横尾則。そ横尾60年以上にわたる想像全貌を目当たりにすることができる集大成展覧会が実現します。……〉とあり、
「何を描くかではなくて、どう描くかでもなく、如何に生きるかでもなく……。」という横尾言葉がそえてある。
東京都現代美術館で、7月17日~10月17日まで。

どうか、緊急事態宣言などで、休館にならないよう祈ります。

 


五人のつくり手たちの 壁と橋

『Walls  &  Bridges   壁は橋になる』展

 

『Walls  &  Bridges   壁は橋になる』展のご案内が届いた。

「世界にふれる、世界を生きる」というキャッチコピーがついている。
東  勝吉 /  増山たづ子  /  シルヴイア・ミニオ・パルウエルロ・保田 / スピニェク・セカル / ジョナス・メカス……
〈…… 本展でご紹介するのは、表現への飽くなき情熱によって、自らを取り巻く障壁を、展望を可能にする橋へと変え得た五人のつくり手たちです。…… 五人の生涯に共通するところはほとんどありません。しかし、その異なる生き様から生まれた作品のアンサンブル  ー  絵画、彫刻、写真、映像  ー  には、「記憶」という言葉から導かれる不思議な親和性があるように思われます。……〉と、パンフレットに曰く。

東京都美術館で、7月22日から10月9日まで。

 


『細江英公の写真 暗箱のなかの劇場』展のプレスリリースから

細江英公の写真 暗箱のなかの劇場

 

『細江英公の写真 暗箱のなかの劇場』へお誘いである。会場は、清里フォトミュージアム K’ MOPA。

写真パンフレット文章。
〈……「カメラ」はラテン語で「部屋」を意味する言葉です。18細江デビュー作となった《ポーディちゃん》を撮影したは、上から覗き込んで撮るタイプ大きなカメラで、文字通り暗箱」でした。そ世界に魅了された細江は、やがて芸術家肖像や舞台空間などを捉え始めます。写真家は被写体と関係性によって表現をつくり出していくも認識に立ち、エロスと肉体というテーマを正面から取り上げた『おとこと女』(1961年〕〉………。
後も、三島由紀夫、土方巽らをテーマに、作品をつぎつぎに発表した。
写真は、7月17日から12月5日まで。

 


この夏、『日本美術』に、ざわつく?

『ざわつく日本美術』展

 

ざわつく日本美術』展、今開幕、というお知らせがとどいた。サントリー美術館  開館 60周年記念展、ということである。
たとえば、「うらうらする」というテーマ。〈いつもは正面や表側ばかりが見える作品の、知られざる「裏の顔」とは?  作品の裏側もよく見える展示で、裏側に隠された意図や技量、裏側にこだわる美意識が明らかに。〉
そのほか、「ちょきちょきする」「じろじろする」「ばらばらする」「はこはこする」「ざわざわする」とテーマはつづいている。
-   作品との出会いによって沸き起こる、自分自身の「心のざわめき」に耳を傾けると、日本美術の魅力にぐっと近づけるような、意外な発見があるかもしれません。ー  ということです。
〈これは、「見る」を愉しむ展覧会だ。〉というキャッチフレーズつき。
サントリー美術館で、7月14日から8月29日まで。

 


安西水丸さんの絵と文とカレー

イラストレーター  安西水丸 展

イラストレーター  安西水丸 展

『イラストレーター  安西水丸 展』(世田谷文学館)へ行く。懐かしい絵、色、文、文字……を、たくさん楽しめる。
安西さんといえば、カレーだと思っていたら、隣接するカフェの入り口に、チキン   インドカレーの看板。サラダ、コーヒー付き、1000円。それをいただいて、ショップによると、たくさんの著作。『a  day  in  the  life』(風土社刊)も、ちやんとならんでいました。ありがとうございます。
コロナ禍で、スタートがおくれたが、その分、会期は、9月20日まで延長。また、行ってみたくなる。


まるごと馬場のぼる展

まるごと馬場のぼる展

 

〈描いた  つくった  楽しんだ   ニャゴ !〉というキャッチフレーズがついている。
パンフレットに、曰く。
〈絵本『11ぴきねこ』シリーズで知られる漫画家・馬場ぼる(1927 -2001)を、様々な側面から紹介する覧会を開催します。
馬場は青森県三戸町に生まれ、1949年漫画家を目指して上京します。1950年には少年誌でいち早く連載漫画を手がけ、手塚治虫、福井英一とともに「児童漫画界三羽ガラス」と呼ばれるほど人気を博しました。児童漫画界主流が活劇モノに変化し始めると、大人向け漫画雑誌に連載しながら、徐々に絵本世界に活動場を移します。1967年に刊行された『11ぴきねこ』(こぐま社)はロングセラーとなり、現在まで絵みならずキャラクターグッズや人形劇など様々な媒体を通し、世代を超えて愛され続けています……〉
7月25日-9月12日まで、練馬区立美術館で。ニャゴ!

 


古建具が人気です

古建具図鑑


『民家の再生と創造』②(チルチンびと別冊 62号)が、好評であるという。コロナ禍で、外出もままならぬ折、古民家を、読んで楽しむ人が多いのだろう。その楽しみの一つに、古建具がある。今号の「古建具図鑑」は、こういう書き出しである。
〈近頃、古い建具の人気が高まっているらしい。古民家にあこがれて、これをそのまま移築しようとする動きもあるが、それには新築と同様、あるいはそれ以上の費用がかかる。したがって、より手軽に古民家の風情を楽しむためには、古材の一部を再利用してということになるが、これと同じような感覚で古い建具が求められているのだろう。……〉(「古建具の魅力と使い方・松本昌義)。
そして、格子戸をはじめ、障子、襖、間仕切り、欄間などの品々が紹介され、アンティークのお店、古色図鑑とつづいている。

…………

民家の再生と創造』②チルチンびと別冊62号 は、風土社刊、好評発売中。お早めに書店へ!

 


ロスト・ イン・パンデミック

ワセダの演劇博物館

ロスト・イン・パンデミック  失われた演劇と新たな表現の地平

 

ワセダの演劇博物館へ。『ロストインパンデミック  失われた演劇と新たな表現の地平』(8月6日まで)を見る。学生の姿はほとんどなく、夏休みかと思い、まだ6月だと気づく。
展覧会のパンフレットにこうある。
《……今なお、世界はパンデミックの渦中にあり、先の見通せない時代を、私たちは生きている。本展は、コロナ禍の影響下にある〈いま・ここ〉を、演劇という視座から歴史化し、未来に伝えることを企図している。コロナ禍によって失われた/失われなかった公演や新たな表現の可能性に光をあてるとともに、過去の疫病や感染症を演劇がどう描いてきたかを示す館蔵資料も発掘・紹介する。……》
この催し、時機が時機だけに、新聞やテレビで話題になった。開けなかった公演のたくさんのチラシが、哀しい。


風景画のはじまり-SOMPO美術館のプレス・リリースから

風景画のはじまり

休館中だった美術館も、動き出したようだ。
SOMPO美術館「風景はじまり    コローから印象派へ」(6月25日から9月12日)ご案内が、届いた。
〈コローからクールベ、バルビゾン派から印象派まで、フランス近代風景をたどる展覧会です。フランス、シャンパーニュ地方にあるランス美術館は、フランス国内ではルーヴル美術館に次いでコロー作品を多く所蔵するなど、19世紀風景が充実しています。本展では、こランス美術館コレクションから選りすぐり名品を通じ、印象派でひとつ点に達するフランス近代風景展開をたどります。……〉
無事、開かれますように、願う。


夏の壁

夏の壁

夏の壁


いやあ。暑いですね。まだ、六月だというのに。 そんなある日、「塗り壁の四季」チルチンびと108 夏号・小林澄夫)を、読んだ。
〈…… 夏の壁といえば、私は「ひやひやと壁をふまへて昼寝哉」という芭蕉の句のことを思い出すのが常だ。夏の暑い日の昼下がりの昼寝する男の姿が彷彿とする。ひやひやと壁をふまへて ー という言葉に冷たく涼しい土壁のイメージとともに、開け放たれた縁側のある日本の住宅の情景が浮かび上がって来る。そんな芭蕉の俳句に詠まれた土の壁も、夏の壁にふさわしいが、私にとって夏の壁として忘れがたいのは、青色の淡くおだやかな浅葱の大津壁である。……〉
納涼の1ページ。

………

『チルチンびと』108 夏号は、風土社刊。好評発売中です。