書籍

美しい雨仕舞

図解  雨仕舞の名デザイン

 

『逆引き広辞苑』で、「あめ」の項をひくと、秋、朝から始まって、霧、小ぬか、鉄砲、天気、にわか、花のやらずの、若葉………などと、多いこと。こんなことをしてみたのは、『図解  仕舞の名デザイン』(堀  啓二著・学芸出版社)という本を見たからである。この本のもとになる調査に編集部の  Oさんが、学生時代に参画していた、と聞いたからである。
本のはじめに〈…… の処理は設計者・施工者にとっていつも悩ましい問題です。一方で、日本の自然環境に対応した深い庇や水平の庇は、気持ちよいスケール感と陰影のあるファサードをつくります。……〉〈……先人たちがつくってきた建築には、ファサードや景観を引き立たせるような、を導くデザインの工夫が数多くある。……〉
として、葛西臨海水族館、パレスサイドビル、国立博物館 東洋館、ルイ・カレ邸、待庵など、美しい39の仕舞の事例が描かれている。

昨日までの「長」がやんで、今日は、やっと晴れた。これも、仕舞


料理家と料理僧の “異食 ”トーク。今夜ですよ

料理旅から、ただいま

 

『料理旅から、ただいま』(小社刊)が、好評。各地で話題です。たとえば10月7日付『岐阜新聞』。「全国を料理旅 お土産レシピ」という見出しのこの記事の中で、minokamo こと、長尾明子さんは、こう、語っている。
〈…… 料理とは「毎日元気に過ごすためのものであり、誰かとつながれるもの」離れていても同じ料理を作って食べれば、相手を思うことができる。「みんなとご飯を食べておいしいね、と言い合えるのは素敵なこと。そんな料理を紹介していきたい」……〉
そんな料理が、いっぱい、ごちそうさまの本です。

………

そして今夜は、料理家と料理僧のこんな“異食”トークも、中継で。お楽しみください。

 

 

………

『料理旅から、ただいま」(minokamo 著) 絶賛発売中です。chilchinbito STOREにてご購入いただけます。


庭のいろいろ、幸せのいろいろ

『チルチンびと』秋 105号

 

『チルチンびと』秋 105号、特集「緑と暮らす」が、好評です。
秋。青空。澄んだ空気。とくれば、誰だって、庭にでてみたくなる。庭のいろいろは、幸せのいろいろである。たとえば、「ビオトープのある住まい ー 静かな流れがつくった新しい時間」のページを開いてみる。

…… 泉が湧くように静かに流れる水と、ここで生まれ育ったかのように、生き生きと呼吸するさまざまな植物のある庭。それを臨む空間でゆったりと時間を過ごすのは、Eさん家族。驚かされるのは、豊かな自然とともにあるこの家が、郊外の住宅地にあるということ。……ご主人のお気に入りの場所は、ビオトープの滝口に向かう濡れ縁だという。この場所で、新たな習慣ができた。「濡れ縁に腰をかけて流れの音を聴きながら酒を飲む。贅沢で幸せな時間です」(ご主人)。

読むと、いい気分になりますよ。

……

『チルチンびと』秋105号は、好評発売中。お早めに書店へ。


旅する料理人

minokamo 料理旅から、ただいま

minokamo 料理旅から、ただいま

 

Go  To   travel   と  Go  To  eat    をおいしく和えたような一冊。『料理旅から、ただいま』(小社刊)が、好評です。
先日、銀座松屋8階で開かれた「手仕事直売所」に行った。器その他いろいろな台所用品が並び、ホウキづくりの実演販売もあり、賑やかだった。その一角の土鍋などが並ぶコーナーに、minokamo  こと長尾明子さんがいた。知り合いのお店の手伝いだというが、そりゃあ、料理はお手のものだから、土鍋を手にとって道具のよさを強調。「今朝も、わたし、これで目玉焼きつくったんです」とすすめる。うまいものだ。その合間に『料理旅から、ただいま』を手にとり、いかに楽しい本かPR。たちまち「私、買いますよ」の声。
『中日新聞』9月29日の夕刊に、minokamo さんと著書の紹介が載った。
「レシピ本  食文化郷有」の見出し。長尾さんが料理好きになったのは、小学生のころ。祖母の影響だと書かれている。


ある古民家再生の物語

『チルチンびと』別冊『住空間リノベーション』

築80年の古民家改修

『チルチンびと』別冊『住空間リノベーション』は、マンション、戸建、古民家の再生を語って、楽しい。たとえば、「徹底的に磨いた技巧で古民家が快適に蘇る」は、築80年の古民家改修のレポート。改修設計を手がけた勇建工業・加村義信さんの話がある。
……  構造面の大きな変更は「まず台風対策で、屋根を入母屋型から切妻型に架け変えました。切妻に変更することで空間を明るく広くする狙いもあります。またリビング・ダイニングは、以前に増改築した跡があり、柱梁が弱っていたので、新たな柱を追加。梁が出るので、下がり壁のついたしつらえとなりました。和室は18メートルの本ツガの梁を建具の上部に移動させています」。こうして、随所に見せる職人技が古材と溶け合い、完成した。

温故而知新。

………

『チルチンびと』別冊『住空間リノベーション』は、9月29日発売。お楽しみに。

 


minokamo さんと料理旅とセツ物語

料理旅からただいま

 

『料理旅から、ただいま』の発売です。料理と旅、1冊で二度美味しい !
「 ふるさとからのお土産レシピ」というサブタイトル。著者のminokamoさんは、岐阜県美濃加茂市出身。子どもの頃食べた祖母の料理……赤かぶ漬けや朴葉寿司、みそ玉が、原点。郷土食とはひと皿の中に先人たちの知恵と歴史、思いやりが詰まった文化だと気がつき、それからは、郷土食を訪ねる旅を続けています。
ところで、minokamoさんのもう一つの顔はイラストレーター。本書にも、楽しいイラスト満載ですが、そのイラストの原点は、セツ  モードセミナー。この「広場」の好評連載「私のセツ物語」にも、かつて登場。セツ在学中の想い出を描いています。そちらも、あわせてごらんください。


………


『料理旅から、ただいま』は、風土社刊。定価(本体1800円 + 税)。書店にて好評発売中。※風土社 online store からもご購入いただけます。

 


『チルチンびと』105号 近日発売です! その予告篇を。「ベニシアさんの庭」のお話から

『チルチンびと』105号

 

秋だというのに、遠出もままならぬ。せめて緑を誌面で。というわけで〈特集〉緑と暮らす
おなじみ、ベニシアさん。『ベニシアと正』その後の暮らしと僕たちの庭」(梶山 正)から。ベニシアさんは、園芸店で花やハーブを買ってきて植えていたので、いつも庭はそれらでいっぱいだった、という。いまぐるりと庭を歩いて目にしたバーブの名が、ここに書かれている。
ラベンダー、コモンタイム、レモンタイム、イブキジャコウソウ、オレガノ、スペアミント、アップルミント、レモンミント、レモンバーム、ローズマリー、フェンネル、ベルガモット、ローズゼラニウム、コンフリー、ホップ、ミョウガ、ゲンノショウコ、ドクダミ、サンショ、ワレモコウ、セントジョンズワート、茶、月桂樹……。
読んでいくだけで、楽しい。

………

チルチンびと』105号は、9月11日発売。このほか、〈特集・ウイルスと暮らし〉。お楽しみに。

 


日本の美邸 6号 本日発売!

日本の美邸 6号

 

ガンツウ

 

日本の美邸』本日発売!「瀬戸内海に浮かぶ小さな宿」から

外出もままならぬ日々。『日本の美邸』に、こんなユニークな美しい旅を見つけた。「ガンツウ」というタイトルの記事のそのリードから。
〈 建築家・堀部安嗣がデザインした、瀬戸内海に浮かぶ小さな宿。瀬戸内海の風景を映し出す銀色の船の上には、全室テラス付きの客室のほか、和洋の食を楽しむダイニング、海と山々を望む鮨カウンター、和菓子をいただけるラウンジなど、移ろう風景と一体になり、穏やかな時を過ごせる空間が広がっている。〉

そして、設計者・堀部安嗣氏の言葉も。
〈…… 瀬戸内にはすでに素晴らしい自然と景観があり、さらには積層された歴史と人の営為がある。私はこの“すでにある ”ものの存在と魅力を浮き上がらせるために建築的にできることは何なのかを考えた結果、船に大きな切妻屋根を架けた。…… 〉

ガンツウとは、尾道地方の方言でイシガニの意であるという。

……

『日本の美邸』6号 は、特集「和とモダンの相克」。「世界に発信する日本の美邸」11例。「作庭家・古川三盛の世界」など、充実の168ページ。7月30日発売です。お早めに!

※一部電子書籍でご覧いただけます。

 

11人の作家のブローチ図鑑

チルチンびと104号「ブローチ図鑑」

 

おかげさまで、『チルチンびと』104号は、売れ行き好調。「11人の作家 のブローチ図鑑」も、話題であるという。

山田憲栄、皆川眞弓、中嶋寿子、澤田千夏子、西川美穂、塚原 梢、安藤由紀、麻生順子、新名佐和子、飯泉 彩、伊勢田雄介…… という作家が、11人の顔ぶれ。それぞれの作風を語っている。たとえば、皆川眞弓さんの場合は、こんなふうだ。

〈…… 京都の伝統的な絹を主な素材に、編む・縫う・刺繍するなど一つひとつを手仕事で仕上げた作品に繊細ながらも存在感があり、変身具とオブジェクト二つの用途を合わせ持ちます。絹と合わせることで互いの魅力が引き立つ異素材との出逢いも楽しみの一つ。……〉

………

『チルチンびと』夏 104号は、特集「コンパクトな家」「住空間リノベーション」。好評発売中。

 

プレゼント「小菅幸子さんのブローチ」

 

【プレゼント「小菅幸子さんのブローチ」5名さま】

風土社 ONLINE STORE にて「チルチンびと」定期購読(10回分)をお申込いただいた方に、小菅幸子さんのブローチをプレゼントさせていただきます。

※1名さま1点・先着5名さまにプレゼントいたします。
※なくなり次第終了とさせていただきます。(残りあとわずか)
※ブローチの種類はお選びいただけません。

 


いよいよ発売!『チルチンびと』104 夏号の予告篇をお届けします。

内山太朗と小菅幸子 ー 陶芸家夫妻のものがたり

 

「新しい日常」は「小さなオシャレから」というわけで、ブローチづくりの現場を訪問。『内山太朗と小菅幸子 ー 陶芸家夫妻のものがたり』です。そこには、こんなエピソードも。

〈さちこさんのブローチづくりに型を取り入れることを提案したのも太朗さんだ。「最初の頃は一つひとつ手で型をつくっていたんですが、より細かい表現ができ、作品としてのクオリティを保ちながら、手に取りやすい価格にできるのは“型職人” 太朗さんのアドバイスのおかげです」(幸子さん)。〉

そのブローチのステキさは、本誌でごらんください。
 
………
 
『チルチンびと』104 夏号は、特集『コンパクトな家』『住空間リノベーション』『丈夫な青森ヒバのオープンデッキ』『11人の作家のブローチ図鑑』。7月10日発売。お楽しみに!

 

 

【プレゼント「小菅幸子さんのブローチ」5名さま】

風土社 ONLINE STORE にて「チルチンびと」定期購読(10回分)をお申込いただいた方に、小菅幸子さんのブローチをプレゼントさせていただきます。

 

プレゼント「小菅幸子さんのブローチ」5名さま

 

※1名さま1点・先着5名さまにプレゼントいたします。
※2020年7月10日(金)10:00~受付開始、なくなり次第終了とさせていただきます。
※ブローチの種類はお選びいただけません。