動物

哺乳類生き残り大作戦

哺乳類生き残り大作戦

 

十連休を前にして、上野公園の人出は、やや少なめ。

『大哺乳類展 2   みんなの生き残り作戦 』(上野  国立科学博物館、6月16日まで)  へ行く。
〈今回のテーマは「生き残り作戦」。本展では、剥製や骨格標本500点以上の圧倒的なボリュームで、最新の解析映像なども交えながら、哺乳類が獲得した特徴的な能力であるロコモーション(移動運動)を軸に、「食べる」「産む・育てる 」際の作戦にも迫ります。〉(パンフレットから)

……  ということで、食べるための歯とあご、交尾作戦、コドモ生き残り作戦などたっぷり。ではその、一端を写真で。

 

 


1cmほどの赤ちゃん

伊勢海老と蟹の赤ちゃん

お寿司屋さんで注文した貝の中から出てきた2匹。伊勢海老と蟹の赤ちゃん。
小さいながらにパーツがしっかりしているのに驚いた。
動きがまた可愛らしい。

 


品川アクアパーク♪

おととしリニューアルされた

品川のアクアパークに行ってきました!

 

常設展は、水槽がタッチパネルになっていて

魚の情報が出てきたり

水槽に模様を入れられたり…

今までの水族館にはなかった

「未来」の感じ\(◎o◎)/!

 

くらげのゾーンはライトが幻想的で

ライトアップの仕方も大人っぽかったです(*^_^*)

 

 

イルカのショーは

円形になったプールで行われます♪

360℃座席があり

ウォーターカーテンもとてもきれい♪

かっこよくジャンプを決めていきます!

土曜日のお昼に行ったので

子どもたちがたくさんいて

イルカがジャンプを決めると大歓声!

ワイワイにぎやかでした♪

 

ほかにもトンネル水槽に

大きなマンタやサメがいたり

小さな水槽に

かわいらしいミニフグちゃんがいたり♪

とっても癒されました♪

 

品川アクアスタジアム

 

ちなみに私の一押しは

コツメカワウソちゃん♪

この時はスヤスヤ眠っていましたが

寝顔もかわいい~( *´艸`)

 

夜も営業をしているので

仕事の帰りのデートや、癒しを求めて

遊びに来る大人もたくさんいるそうです!

 

昼と夜とでショーの内容や

ライトアップも変わるそうなので

今度は大人の時間に足を運ぼうと思う

amedioでした(*^_^*)

 


神馬 あかりちゃん その後

神馬のブログをアップしてからおよそ4年半

  

年を取るごとに白くなり

白馬になっていくといわれてはいたものの

はじめてあかりちゃんをみたときは

真っ黒!

 

あまりにきれいな黒い色だったので

期待半分、心配半分でしたが

最近、ちらほら白い毛が出てきました!

DSC_0192

 

境内でもおとなしくて

みんなの人気者のあかりちゃん

いつか、真っ白の白馬になるのかなぁ?

 

またその後をご報告しますね♪

amedio \(^o^)/

 


ミツバチの日のお話会

 

3月8日(ミツバチの日)にAu Bon Miel さんで開催された、京都大学名誉教授で生態学研究者の清水勇先生によるミツバチのダンス言語についてのお話会に行ってきました。

 

「こんな用途に使いたい」という具体的なのから「なんとなく美味しいの」という漠然としたリクエストまで、ご店主の大久保さんは、いつも気分や季節や体調にぴたりとあった、とても美味しい蜂蜜をすすめてくださるので信頼度大。養蜂家でもあり、ミツバチにも大変詳しくて、いろいろと興味深い情報を教えてもらえる。初めてお店にうかがった日に「ミツバチを飼ってみませんか?」と言われたときはびっくりしたけれど、お店でアマチュア養蜂家の方々にも出会い、そんな方が増えつつあることも知り、飼うには至っていない私もだいぶミツバチとの距離が以前よりも近く感じられるようになった。そんな大久保さんも、最初からミツバチに詳しかったわけではなく、京都大学で働いていた時に清水先生に出会って、ミツバチの生態を愛情こめて情熱的に語られるのを聞いているうちに、どんどん知りたくなっていったのだそう。ミツバチのことを知りたいと思う気持ちはなぜか伝染するらしい。

 

ハチとヒトの関係はかなり古く、なんと紀元前6千年ごろのスペインの洞窟壁画に人間がミツバチの巣を取っているらしい図が残っている。紀元前1450年ごろには、ミツバチの巣を飼育、彩蜜している壁画がエジプトの王墓で見つかっている。清水先生の著書『日本養蜂史探訪』には、明治の初めにウィーン万国博覧会のために編纂された『教草』第24「蜂蜜一覧」にある江戸期の養蜂技術が紹介されている。このころから日本でも、今と同じく人々が蜂を研究し、知恵を駆使して貴重な蜂蜜を集めてきたことがわかる。そして、いまやアメリカでは農作物の送粉者の80%がミツバチであり、一年間の経済価値1600億ドルと言われるのだとか。

ミツバチは社会性昆虫と言われていて、郡単位で動く。この群がひとつの生命体になっていて、この中の一匹の女王蜂に産卵能力が集中する。女王蜂が産む卵は一日1000~2000個。群を維持するため雄雌の産み分けができるのだ。女王蜂以外の雌蜂はすべて産卵の機能を失って働き蜂になり、巣づくりや掃除や子育て、花粉と蜜集め、新しい蜜源探しや、女王交代期の新しい巣探し(分蜂)にと忙しく働いて、約1か月の一生を終える。ちなみに雄蜂は交尾のためだけに存在し、受精が終わると死んでしまうそうです・・・。この、新しい蜜源や巣となる場所をみつけた偵察役が、仲間たちにそのありかを知らせるために行うのが「ミツバチのダンス」。

動画を見ていると、巣の表面で数匹のミツバチが八の字にくるくると回転し、八の字が交差するところでお尻をフリフリッと動かすのがわかる。オーストリアの動物行動学者、カール・リッター・フォン・フリッシュという人が、このミツバチのダンスを観察し何度も何度も繰り返し蜜源との距離を測る実験を行って、どうやらこのダンスを行う角度が太陽の位置と関係し、また15秒間にどれだけ回転するかで、蜜源や巣の方向と距離を仲間に知らせているのではないか、ということを発見した。1973年にはノーベル生理学・医学賞も受賞している。さまざまな未解決の謎を残しつつ、この法則は現在でも通用している。「このダンスを、長いときはずーっと3時間もやっているのがいますけれど、よっぽど疲れるでしょうけど、まあ人間だって中には変わり者もいますからね」と先生のお茶目な見解も挟みながら、複雑なミツバチのダンスについてわかりやすく解説してくださった。

 

質問コーナーでは「分蜂するときの兆候はありますか?」という、さすが養蜂家さんならではの問いが出たり、それに対し、まさにそのことを研究中の学生さんから「音によって感知できるのではと言われています」と現在進行形の研究課題に話が及び一同「おおおー」と感動。その後もあちこちで蜂談義が止まりません。お話しながら、たっぷり蜜のつまった巣蜜をいただきました。濃厚なのにしつこくなくて、自然の豊かさを味わえる。唸ってしまう美味しさ!

こうやってバクバク食べていると、あれだけミツバチたちが苦労して作った巣、集めた蜜を横取りしているようで悪いけれど、やっぱり美味しい。栄養抜群、ときには薬にもなる蜂蜜。今後もずっとお世話になると思います。そうでなくても受粉を担うミツバチから受ける恩恵ははかりしれない。ミツバチたちが安心して蜜を集められる環境をつくれるのは人間しかいないということを、心に留めていたいと思う。

 


ハチミツとミツバチのはなし

ご近所にできたばかりのAu Bon Miel(オボンミエル)さんは、薄い檸檬色から焦茶色までのグラデーションカラーで日本や西洋のハチミツがずらりと並ぶ、小さいながらも充実の蜂蜜専門店。どれも試食もさせてもらえて、とくにニホンミツバチが集めた、香り豊かで濃厚だけど後味スッキリの国産ハチミツは、身体が目覚めるような美味しさ。ご店主は、養蜂家でもありミツバチのこと、ハチミツのこと、聞くと詳しくもらえる。はやくもミツバチを愛する人々が集まる場所となっている。中京区役所の屋上庭園でニホンミツバチを飼っていることもここで教わり、区のホームページでタイミングよく採蜜見学会参加者を募集していたので、行ってきました。

 

緑豊かな印象の京都でも中京区は緑が少なく、町の緑化推進のためにも区役所の屋上庭園にニホンミツバチの巣箱を設置して、区民ボランティア「京・みつばちの会」を中心としたメンバーがさまざまな蜜源となる植物を育て、ミツバチを飼育しているという。

この会の呼び掛けで、周辺のお店や学校、なんと二条城でも養蜂が始まった。ミツバチは一度刺すと死ぬと言われていて、命がけなので、めったなことでは刺さない。なかでもニホンミツバチは性質が穏やからしい。だから個人宅でもスペースがあれば飼うことができるし、実際飼っている人が増えて、養蜂の輪は広がりつつあるとのこと。だけど黒いものや不審な動きをするものには警戒心を抱いて刺すこともある。顏周りに飛んで来ても、振り払ったりきょろきょろ動きを追ったりせずにそっと見守るべし。実際、ニホンミツバチは小さくてまるっこくて可愛らしく、ブンブン近くに寄ってきても怖くない。

重箱式と呼ばれる巣箱を引き出すと、金色の蜜が詰まった巣が現れた。採れたてのハチミツを巣ごと試食させてもらう。濃厚で、ほのかな酸味と豊かな甘みが広がる・・・やはり採れたてはとびきり美味しい。一匹のミツバチが一生かけて集めるハチミツは、小さなスプーン一杯分だそうだ。貴重なミツバチの命の源を横取りしていると思うと、申し訳ないが心してありがたくいただきました。最後に、蜜源となる植物の苗も参加者全員に配られた。ミツバチとの共生の小さな一歩が踏み出せそうで、とてもいいイベントだった。



少し前に、これもAu Bon Mielさんで教わった映画「みつばちの大地」 を観た。最新の技術を用いて、飛行の様子、巣箱の中、交尾や誕生の瞬間、病源に侵されていく姿までも、等身大で映し出す映像には驚きの連続!太古から受粉という仕事を通じて、地球上のあらゆる生物の命を繋いできたミツバチの「超個人」な生き様には、感動しかない。

映画では、経済最優先でもはや養蜂家というより殺蜂家と呼びたくなるような乱暴なやり方でハチミツの量産をしているアメリカの養蜂家、毛沢東の時代に穀物を食べる雀を大量殺戮した結果昆虫が増え、あげくに大量の殺虫剤をまいてミツバチが全滅したので人間が手で受粉をしている中国の農家、昔ながらの在来種を愛し共生していこうとするスイスの養蜂家、ミツバチの未来を守ろうと懸命な努力を重ねるオーストラリアの研究家たちといった、ミツバチをとりまく人間たちの様子も追っていて、監督はこの映画を撮るために地球を4周半したという。

奇跡みたいに美しい映像に説教臭さはまるでなく、ただただ初めて知ることの連続で目からウロコをボロボロ落とすばかりだったが、ミツバチの大量死のさまざまな要因には、どれも少なからず人間の営みが影響していると思い知らされた。観ているうちに気持ちがどんどんミツバチ寄りになっていき、人間の傲慢さや横暴さに痛いほど気づかされ、もっと謙虚になって出来ることを考えようと思わずにはいられなかった。



にっぽん

姪の夏休みの宿題は習字で「きぼう」というものだった。よしよし、私がお手本を書いてあげようと筆をとったはいいが、き?ぼ?う… ”き”はどう書くのだっただろう、”ぼ”はこれでよかっただろうか… なんとも情けない話である。”きぼう”ということばが、それぞれ一文字になった途端に混乱してしまった。どうやって”きぼう”とういうことばを私の脳は認識していたのか。

先日、取材のため白山市河内町(旧河内村)にある「おもてなし池田」を訪問した。1日昼と夜、2組限定。野菜メインの身体にやさしい食材を中心としたコース料理を提供してくれるお店。窓の外にはのどかな田園風景が広がる。〆のそばを食べていたころだろうか、目の前の山から猿が2~30ひきほど駆け下りてきた。そば、田んぼ、山、猿、猿、猿…  私の頭の中には”にっぽん”ということばがあった。

おもてなし池田
※「おもてなし池田」は近日中にコラム「オイシイモノ北陸篇」にて詳しくご紹介いたします。

 


山積みパンダ

 

上野動物園に行ってきました。
初めての動物園で、パンダ、ゾウ、トラ、しろくま、沢山みて、子供が『ゾウたん、ゾウたん』と、ゾウが一番のお気に入りになりました。
私と旦那は、ぬいぐるみでも買ってあげようか?と、近くのお店に入り『これ、どう?』とゾウのぬいぐるみを子供に差し出した途端、『こわい~、こわい~』と半泣き状態で、ぬいぐるみに近寄らず逃げ出す始末。。。
結局何も買わずにお店を出ました。
私としては、むしろ山積みパンダの方が怖かった。。

 


秋色の展示

flowers primitiveの西別府さんのリース展を見にvigoとアートサロンARKへ。

西別府さんの作品は花の美しさだけでなく面白さ、強さ、脆さ・・・今まで気づかなかったようなさまざまな花の性質を発見することができて、見るほどに惹きつけられる。ハッとするような派手さや華やかさではなく、他の何をも邪魔しないのだけれども、静かに深く存在感を放っていて、花の生命力を感じられる。置いてあるだけで確実にその場の空気が変わって、じわじわと西別府さんワールドに染まっていく。先日教わった「花と遊ぶ」ことを思い出した。西別府さんご自身が花と遊ぶことが大好きで、それを存分に楽しんでいることを感じられる、とても素敵な展示でした。

 

照れつつも枝からちょこんと笑顔を覗かせてくれた西別府さん。

 

アートサロンARKのオーナーは羊毛フェルトの造形作家のYOSHiNOBUさん。リアルなのにほのぼのとした、独特の世界感を持つ動物たちを制作している。初めての動物を制作するときには動物園に行って観察し、専門家に話を聴き、針金で骨格を作り、筋肉などの位置も正確にとる。こういった造形の基本は、元々やっていた粘土の時と変わらないけれど、フェルトと出会ってからは毛並みの方向までリアルに再現でき、固まることもない自由度の高さを得たという。フェルト素材の持つ温かさや柔軟性、軽さのせいか、動物の持つ表情自体がユーモラスで可愛いためか、ことさらにキャラクター化しなくても自然と可愛らしくほのぼのとした表情を持つ作品になるのだそうだ。たしかに、動物ってなんかずるいぐらい面白可愛い表情をするときがありますね。その特徴を作品に映し出す表現力がすごいのだ。

 

オーナーのYOSHiNOBUさん。本物そっくりのロバくんは、温かくて、軽いのです。

 

こちらでは定期的に羊毛フェルトのワークショップも開催している。「ここまで教えちゃっていいの?」というぐらい惜しみのない懇切丁寧な指導なのだと来場者の方が教えてくれた。カップルで来た男性の方が夢中になってしまったりもする、なかなか硬派なワークショップのよう。11月は「ヒツジ」と「オカメインコ」。可愛い・・・。もう受付は始まっていますので、モノづくり欲の高まっている貴方!ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

夕方、「古道具屋の西洋見聞録」の塩見さんを訪ねて青山へ。毎週土曜日、全国から素敵なお店が集まってくるアンティークマーケット。ふと出展ショップカードの中にさきほどのflowers premitiveさんのお名刺を発見。繋がっている~今展示に行ってきたばかりですよ~! などとあれこれよもやま話をしているうちに日も暮れて、だいぶ気温も低くなってきたのに客足は途絶えない。

塩見さん、今日はちょうど”古道具店主コスプレ”だったそうです♪

みなさんも、秋風に誘われて、自分だけの宝物を見つけに出かけてみてはいかがでしょう。

 

 

 


おからドーナツと芝桜②

おからドーナツを食べた後は、宝登山へ

(といっても、ほとんどロープウェイで連れて行ってもらえます (^∇^))

 

 

山頂

本当はもう少し天気がいいですよ…。

 

 

とても良い天気だったので、景色もばっちり♪

山頂で、朝、作った手作りお弁当を食べました☆

旦那くんが作ったおにぎりは、男の人が作ったとは思えないかわいらしいサイズ(笑)

そして、本日のメニューは、

かぼちゃの煮物と

鶏肉炒め

ピーマン&にんじんのいり卵

ほうれん草のおひたしでした♪

 

食後のお散歩は、宝登山動物園。

園内で売っているえさを買えば、えさやりもできます。

ここのヤギが、これまた立派!

大きな角を持っていて、三匹のヤギのガラガラドンを思い出しました!!

 

ガラガラドンみたいなヤギさん

ガラガラドンみたいなヤギさん

 

園内には、豚と鹿が放し飼いになっており、

特に豚ちゃんは、人がいてもお構いなしにマイペース♪和みました。

 

たまたま、求愛中の雄のクジャクにも遭遇して立派な羽を開き

「バタバタバタバタ」と音を立てて振るわせるところを見ることもできました!

(見ている人間は大喜びでしたが、

肝心の雌クジャクには、無視され…ちょっとかわいそうでした…汗)

 

アップダウンの激しい園内だったので、軽いハイキングにもなりました♪

 

下山後は、1軒たたずむ射的場を見つけ、二人で射的大会!

(なんでも〝大会〟をつけるamedio家(笑))

 

射的

射的!負けられない!!

 

 

商品のぬいぐるみは、必要ない年頃の大人二人だったのですが、

夫婦ともども負けず嫌いの血が騒ぎ、旦那くんが見事景品をゲット!

そのため、結構大きめサイズの人形をもらってしまい

リュックにも入らないので、リュックの外側へカッチリつけて

秩父日帰り旅を続けることに…

(射的場のおじいさんが、とっても良い人で、景品はやっぱりいらないなんて

とても言えなかったのです(^_^;)…)

 

さてさて、この日は、一日フリーきっぷというのを利用し、乗り放題の旅でした。

そして、長瀞駅から、御花畑駅まで秩父鉄道に乗って向かう途中SL電車と駅で

すれ違いました。やはり目の前でSLを見るとその迫力にドキドキします!

(以前、このSLに乗るために秩父へ来たこともあるのです♪)

 

フリーきっぷ

フリーきっぷ お得です

 

御花畑駅から徒歩15分!山羊公園に到着し、園内に入ると一面が春らしい色の絨毯!!

 

芝桜

芝桜

 

特に、私のお気に入りは、ピンクと白とのコントラストがあるこの部分♪

 

芝桜

白とピンクがきれい!

 

奥には山も見えて、本当に景色のよいところでした!

 

芝桜と山

芝桜と山

 

観光客も多く、物産展もあり大賑わいでした♪

 

こういうところでお花を見ていると、日常のいろいろなことが忘れられますね…

小さいのに、こんなに力を持っているお花ってすごいな~と思う

amedio!(^^)!でした♪