『建築の日本展』でお勉強

建築の日本展

 

夏休みの六本木ヒルズは、いつもと違った賑わい方をみせる。ドラえもんショーに沸き、展望台は満員だ。それらをすり抜けて、森美術館『建築の日本展』(9月17日まで)へ行く。その遺伝子のもたらすもの ー のサブタイトル。

会場のタイトルは「可能性としての木造」から始まって「超越する美学」「安らかなる屋根」「建築としての工芸」「連なる空間」へ……とつづく 。丹下健三自邸の模型。利休の「待庵」。会津さざえ堂。出雲大社。…… その他、たくさん。
たっぷり勉強した、と日記には書いておこう。

 


クレヨン+パステル=クレパス展

IMG_1261

IMG_1272

 

『巨匠たちのクレパス画展』(損保ジャパン日本興亜美術館、9月9日まで)に行く。

クレパスの誕生は、1925年。クレヨンとパステルのよさを備えたものをと、考えられた。そして、伸びがよくなり、色を混ぜることも可能になった、と会場の発明物語にある。クレパスを使った画家の作品が展示されている。
熊谷守一、猪熊弦一郎、岡本太郎、鈴木信太郎、梅原龍三郎、三岸節子ほか、たくさんの画家。
そのなかから、帰りにショップで、山下清さんの花火のハガキを買う。これもいいけど、山下清さんは、ヤッパリ、貼り絵だな。

 


『ルーヴル美術館展』 満員 !

IMG_8351

ルーヴル美術館展

IMG_8355

 

『ルーヴル美術館展』(国立新美術館、9月3日まで)に行く。肖像芸術  ー  人は人をどう表現してきたか、というのである。展覧会の5つのテーマが、こんなふうに書かれている。
プロローグ  マスク  ー  肖像の起源 /  記憶のための肖像  /  権力の顔  /  コードとモード  /  エピローグ  アルチンボルド  ー  肖像の遊びと変容。

美術館についた。さて、オヤ、コレは ? 
長蛇の列。「最後尾」の立て札を持ったひとが、「50分待ちです」という。「お盆休みに入ってから、ずっとこんなふうです」
今日は、あきらめた。外に出て、ナポレオンと美しきナーニに、また、来ますよといって、帰って来た。

 


ゴーヤとミョウガの梅和え

KIMG3318

さっぱりといただける

梅和え。

暑い日は火を使わずに

美味しく

手抜きをしたい。


鬼才浮世絵師、芳年

『芳年』展

『芳年』展

 

『芳年』展(練馬区立美術館、9月24日まで)に行く。激動の時代を生きた  鬼才浮世絵師  ー  のサブタイトル。

〈……  明治維新のきな臭い時代背景を通して、武者絵からリアルな戦闘画へと変化を見せます。この頃の作品をして“ 血みどろ絵 ” 、 “ 無惨絵 ”の芳年としたイメージが後世まで強く持たれてきました。…… しかし、それは一時のこと。…… 晩年の10年間に描いた錦絵は芳年画を印象付ける名作・代表作揃いで、最期まで武者絵や物語絵の可能性にこだわり続けた、まさに  “  最後の浮世絵師 ”  と呼ぶにふさわしい画業を展開しました。……〉と、展覧会のパンフレットにある。

最終兵器。浮世絵の鬼才。人気浮世絵師。最後の浮世絵師。そのパンフレットだけでも、こんな絢爛たる言葉が、名前を飾っている。

 


スイカのジュース

KIMG3266

少し種が混ざってしまったけれど、

スイカ100%のジュースで

涼をとる。


オクラのおひたし

ヘタとガクを取り、板ずりしたオクラをさっとゆでて、

冷水にとって冷ましたおひたし。

KIMG3246

今日は立秋。

猛暑が続く中、

暦のとおり

都内は少し過ごしやすい気温になった。


『藤田嗣治展』も、アツイ !

藤田嗣治展

藤田嗣治展

 

『藤田嗣治 展』 ー 没後50年 (東京都美術館。10月8日まで)に行く。

どこそこでは、気温が40℃を超えた。用のない人は、出かけないように。などと言われている日。1歩でも、ムダに歩きたくない日。東京都美術館は、上野駅からだいぶ奥のほうにあるのが、うらめしい。

史上最大級の大回顧展であり、「乳白色の裸婦」10点以上が一堂に会するということが、うたわれている。だから、大勢の方たちが夏ノ暑サニモ負ケズ訪れている。

カフェで、インク瓶とペンと手紙とワインを前に置いて、頬杖をついているひとが、出口の記念撮影のところにも、ショップで買ったチョコレートのケースにも、駅近くのお店の柱にも、顔を出す。暑くて、たいへんねえ、とでも言っているように見える。

 


ニラのおひたし

KIMG2931

ニラの茎の部分を紐で固定して

そのまま茹でるだけ。

シンプルですが美味しいです。


『縄文』展 始末

IMG_1175

IMG_1165

縄文  ー  1万年の美の鼓動

 

『縄文 ー 1万年の美の鼓動』(東京国立博物館平成館、9月2日まで)に行く。
混んでいるんじゃないか、コドモたちは夏休みだし。と思ったとおり混んではいたが、ほとんどのオトナの客が、土器や土偶をためつすがめつ動かない。

出版界でも、縄文で大賑わいだという。『東京人』8月号も、特集は「縄文散歩」。そこに「縄文の思考で、未来を切り拓く。」という座談会があり、「土偶女子  代表」という譽田亜紀子さんが、こう語っている。
〈ファッション界も縄文ブームです。「イッセイ  ミヤケ」が縄文土器や土偶の装飾、文様から着想を得たコレクションを展開したり、「吉田カバン」が現代版の縄文ポシェットを作ったりしています。縄文時代に注目する人が増えている気がします。〉

さまざまな土器を見ていると、浮かんでくるのは大相撲の千秋楽の表彰式である。どっしりと大きな賜杯。海外から贈られる、小ぶりだけれどしゃれたトロフィー。たくさんの国宝を見ての帰り、ショップで、みやげのクッキーを買い、記念にと、ベンチで写真を撮り、そのまま忘れてきてしまった。