• 無垢材
  • 土壁
  • 安心
  • 吹き抜け
  • 地域主義
住宅特集

呼吸する家で四季の変化を慈しむ  

 調湿性能のある無垢材と土壁で、エアコンに頼らない家を希望した住まい手。知多半島の気候風土に合った家を求め、地元に根ざして家づくりを続ける工務店をパートナーに選んだ。

 昔ながらの農家と緑が多く残るエリア。この一角に建つY邸を訪ねた。表情豊かな石の階段をのぼり中に入ると、現しになった無垢の柱や梁の存在が頼もしく、リビングとダイニングは吹き抜けで、開放感に満ちている。

 ここに暮らすのは夫婦と小さな娘さんの3人家族。娘さんが生まれ、前の住まいが手狭になったことを機に家づくりをスタートした。「3年間探し続けてやっと土地が決まって。最後は不動産屋を通さず直接交渉。ここを耕していた農家さんに声をかけたんですよ(笑)」とご主人。

 夫婦の趣味はともに華道や茶道など和の文化。中でも陶芸はご主人が子どもの頃から親しんできた。「祖父の家に常滑焼のろくろ場があって、そこの土壁が大好きで。家を建てるなら土壁ができる工務店と決めていました」(ご主人)。たくさん見学した中で、土壁で断熱構造をつくれるのは「はろうす」だけだった。同社は知多市で創業して20年。土壁で調湿し、外壁との間には断熱材を入れ、室内への外気の影響をゆるやかにする工法を採用している。

 同社に決めた理由はほかにもある。展示場巡りの最中、ご主人の体に異変が起こったのだ。新建材の壁紙や集成材を使った家だと、玄関に入るなり涙とくしゃみが止まらなくなった。「私が新築のいいにおいと思っても主人は辛そうで。家族が安らげない家ではダメだと」(奥さん)。アレルギーの反応がない新築が、同社の家だったことも決め手となった。
 


キーワードが似ている住宅特集

  • 無垢材
  • 土壁
  • 自然素材
  • モダン
  • 職人
住宅特集

 木摺りの土壁、無垢の木など、素材や工法はチルチンびと仕様で。デザインは地元・茅ヶ崎に合うものに。そして、丈夫で長持ち、地域の景観向上にも配慮した家づくり...

  • 土壁が安定感を感じさせる外観。
  • ワイズでは20年前から木製のオリジナル・キッチンを提案。
  • 将来的には子ども部屋にすることを予定している。
  • 入居後は夫婦の寝室になる予定の2階の部屋。

  • 無垢材
  • 国産材
  • 職人
  • 吹き抜け
  • こだわり
住宅特集

 建てるなら、地元長野の材を使って、無垢の木の家を建てたい―。35歳で家業を継ぐことになったダイコク・中澤善智社長が、家づくりに取り組むにあたって、まず考えたことだ...

  • デッキの前には庭が続く。
  • 家族室の右手はウッドデッキに、奥は土間に続いている。
  • 玄関から続く洗い出しの通り土間。
  • ご主人のバイクの整備や、釣り道具の手入れなどの場。

  • 無垢材
  • 薪ストーブ
  • 地域主義
  • ぬくもり
  • 吹き抜け
住宅特集

 新しい住まいが並ぶ住宅街の一画に建つ、佐藤邸。広いカーポートの奥には、薪置き場と薪割りのためのスペースがある。「薪ストーブのある家に憧れていました」と夫妻。夢は、かなった...

  • ㈱増子建築工業
  • ㈱増子建築工業
  • ㈱増子建築工業
  • ㈱増子建築工業

  • 無垢材
  • 吹き抜け
  • やさしさ
  • こだわり
  • 薪ストーブ
住宅特集

 障害をもつ長女が自由に暮らせる家を……。そんな両親の思いを受け、全力で知恵を出しきった工務店。できあがったのは、おおらかに家族を包み込む、楽しさ溢れる家だった...

  • 千葉工務店
  • 千葉工務店
  • 千葉工務店
  • 千葉工務店

  • ゆったり
  • 無垢材
  • 開放感
  • 吹き抜け
  • 心地よい
住宅特集

 我が家をつくることになり意中の工務店に声をかけた夫妻。率直な話し合いが功を奏して期待を超える住まいが生まれた。イメージ通りに天井が高くのびやかなLDK で一家は毎日をゆったり過ごす...

  • 亀津建築
  • 亀津建築
  • 亀津建築
  • 亀津建築

  • 地域主義
  • 大工手刻み
  • 無垢材
  • 漆喰
  • 薪ストーブ
住宅特集

 昨年、自社の敷地内にモデルハウスを建てた髙橋建築舎。無垢材と漆喰をふんだんに使い、地元の大工や職人の手でつくりあげた家には、同社のさまざまな提案が詰まっている...

  • 八ヶ岳 有限会社 高橋建築舎
  • 八ヶ岳 有限会社 高橋建築舎
  • 八ヶ岳 有限会社 高橋建築舎
  • 八ヶ岳 有限会社 高橋建築舎

  • 開放感
  • 職人
  • 薪ストーブ
  • 無垢材
  • 吹き抜け
住宅特集

 建ってから8年が経とうとしている冨永邸は、間取りを細かく分けない現代的な平面計画と、職人の技が一つにまとまった木の家。薪ストーブ用の薪集めを通して、工務店と建主の良好な関係が今なお続いている...

  • 南側外観。
  • ダイニングから南側の大きな開口部を見る。
  • 2階から吹き抜けを介して1階を見下ろす。
  • 開放的な2階。
 
  • 1