路地奥の眺めのいい家

東京都世田谷区 注文住宅 建築家|山路を登りながら -29坪の旗竿敷地-
東京都

路地奥の眺めのいい家

坪庭、広いバスルーム、和のゲストルーム、屋根の風景……と夢が詰まった加瀬邸。
「小は大を兼ねる」という、建築家の発想力が創造した家。

東京都世田谷区 加瀬邸
設計=松本直子 施工=ウルテック 写真=畑 拓

このページは「チルチンびと 木の家住宅展示場」の会員様限定のコンテンツになります。無料メールマガジンにご登録いただきますとパスワードをお知らせいたします。

関連記事一覧

この投稿はパスワードで保護されています。
コメントを見るにはパスワードを入力してください。