平屋人気と古民家人気   『チルチンびと』99 春号  

『チルチンびと』99 春号は、特集二本立て。「平屋暮らし」と「古民家の再生と創造」。平屋と古民家、ともに、最近、人気上昇のようです。 さて、その「平屋特集」のなかで、建築家・岩瀬卓也さんは「体験的平屋論」を、こう書きます。

〈近頃の建主との打ち合わせでは、積極的に平屋を望む建主が増えているように思う。たぶんこれは日本人の素直な気持ちのあらわれなのだろう。〉 そして、〈平屋の醍醐味は、1層建屋自体が空の広さをより際立たせることにあると思う。その存在によって空へと意識が向けられるのだ。同時にそれは大地の広がりも感じさせてくれる。平屋は地球の重力加速度に対して、最も澄み切った建物であり、今、2階建てやマンションの生活から、自由に平屋の空間を想像することは、時宜を得たもののように感じる。〉と、平屋論を展開しています。詳細は、ぜひ、本誌で。

………

『チルチンびと』99 春号は、このほかにも、好読み物満載。以下、その目次から。
 
〈特集〉平屋の暮らし
森と平野をつなぐ、家づくり四重奏 / 「木楽工房」 に見る建築家と棟梁集団のコラボレーション / 丘陵に建てた安らぎの平屋 / ゆったりとした里山時間のある平屋 / 必要なものを選び抜いた小さな平屋 / 「親思いの家」で重ねる日々 / 木造の特長を生かしたフレキシブルな平屋 / 大河原木材と大工塾

〈特集〉古民家の再生と創造
連載・古物語 特別編 塩見奈々江 / 鉄砲梁の見える美容室 / 記憶と技の伝承。古き良き建物を住みやすく再生する / 希少物件情報・新潟県十日町市・築120年 頑丈古民家あります / 都市から山への恩返し 栗駒植林・工場見学ツアー / 1本の木から始まる家づくり / 北国の天然杢

第7回 2018年度 チルチンびと住宅建築賞受賞者発表
日々まめまめしく。第2章 春のお弁当 塩山奈央
新連載・花に聴く 道念邦子

………

『チルチンびと』99号は、充実の160ページ。3月11日発売。定価〔本体917円 + 税〕。お楽しみに。

  ※一部電子書籍でご覧いただけます。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
people Archive

平屋人気と古民家人気

春は『日本の美邸』から !

『チルチンびと』98号の発売です!

『日本の美邸』第2号 発売 ! 特集「火」

おひさしぶりです、ベニシアさん ー『チルチンびと』97 秋号のご紹介

『日本の美邸』へご案内

復活する「梁(はり)」ー『チルチンびと』96 夏号の特集から

春。『チルチンびと』95号は、楽しい企画の花ざかりです

『チルチンびと』で、最高の冬支度

秋。『いい家をつくる工務店と出会う』(チルチンびと別冊52号 ) の発売です !

秋の夜長。『チルチンびと』93号と過ごしませんか

夏のお愉しみ。 『東海の強く美しい家』の発売です !

『チルチンびと』92 夏号は、特集2本立て

『平良敬一建築論集 機能主義を超えるもの』好評発売中です

『薪ストーブ年鑑 2017』近日発売 !

『チルチンびと』の春、金沢の春

『建築家の心象風景③ 大野正博』発売!

『チルチンびと』90号で、暖かく楽しい冬の夜を!

『OMソーラー やさしい温もりが包む家』 ― 『チルチンびと』別冊50号は、こんな記事から始まります。

小さな畑のある家 ―『チルチンびと』89号の特集から

『a day in the life 』は、いかが

『チルチンびと・別冊 49―愛知・岐阜の豊かな暮らし』の発売です!

チルチンびと 『薪ストーブ読本』の発売です!

人の集まる家にしたかった ―『チルチンびと』88号の特集から

この家具と、暮らす ―『チルチンびと』87号の特集から

冬よ来い!

暖かい家が健康を育む ー『チルチンびと』別冊48「OMソーラー 太陽と空の家」から

有隣堂、太宰治、松本清張 ―『チルチンびと神奈川』② から ―

言葉の花束 ―『チルチンびと 』85号 ―〈特集・我が家の庭暮らし / 暮らしに農の風景を 〉から

桃源郷に暮らしたいあなたへ ―『チルチンびと』山梨・長野