桃源郷に暮らしたいあなたへ ー『チルチンびと』山梨・長野

 

『チルチンびと』山梨・長野

 

『チルチンびと』山梨・長野版の発売です。移住したい県を調査すると、1位、2位を常に争うこの両県。その人気のヒミツを、「“海なし県 ” 山梨・長野の気候風土」と題して、榊原保志・信州大学教授が、こう分析しています。

………

都会に住む人にとって、空気や水、果物が美味しいことも魅力の一つである。3月末には都会では桜の花見でにぎわうが、当地域では桜だけでなく、桃、リンゴ、杏などの花見ができる。そこは、桃源郷という言葉にふさわしい場所である。また、たくさんの温泉が存在する。目の前に見られる青々した山の景色、冬季には雪景色を見ながら露天風呂に入るのも格別である。これらのものは甲信地区の気候風土がもたらしたものである。

………

桃源郷に 住みたい あなたに 贈る! 目次は 、こんなふうです。
人気ショップ探訪・甲府市 itokara / 山梨が生んだ建築家、横内敏人 / 長野県北佐久郡・のびやかな障子の家と親子の時間 / 八ヶ岳に移住して ナナミちゃんのお宿 / 山梨・長野で建てる美しい木の家―工務店事例6題 / 人気ショップ探訪・松本市 パントキ / 住まいに生かす薪ストーブの温熱効果 / 山梨・長野の薪ストーブショップリスト / 安全・安心 ・楽しい 暮らしと家づくりお役立ち事典 ― など充実の136ページ。定価[本体917円+税]。8月26日発売です。

 
 
 
 
 
 

people Archive

『薪ストーブ年鑑 2017』近日発売 !

『チルチンびと』の春、金沢の春

『建築家の心象風景③ 大野正博』発売!

『チルチンびと』90号で、暖かく楽しい冬の夜を!

『OMソーラー やさしい温もりが包む家』 ― 『チルチンびと』別冊50号は、こんな記事から始まります。

小さな畑のある家 ―『チルチンびと』89号の特集から

『a day in the life 』は、いかが

『チルチンびと・別冊 49―愛知・岐阜の豊かな暮らし』の発売です!

チルチンびと 『薪ストーブ読本』の発売です!

人の集まる家にしたかった ―『チルチンびと』88号の特集から

この家具と、暮らす ―『チルチンびと』87号の特集から

冬よ来い!

暖かい家が健康を育む ー『チルチンびと』別冊48「OMソーラー 太陽と空の家」から

有隣堂、太宰治、松本清張 ―『チルチンびと神奈川』② から ―

言葉の花束 ―『チルチンびと 』85号 ―〈特集・我が家の庭暮らし / 暮らしに農の風景を 〉から

桃源郷に暮らしたいあなたへ ―『チルチンびと』山梨・長野

『チルチンびと』東海版 ―東海で建てる美しい住宅― 発売!

第二回・吉田桂二賞授与式

夏涼しく、冬暖かい木の家 ―『チルチンびと』84号の特集から

『左官読本』と小林澄夫さん

建築家・田中敏溥さん、故郷新潟で作品展を開催

『チルチンびと福岡 ― 福岡で建てる本物の木の家』発売

キッチンで変わる暮らし ―『チルチンびと』83号の特集から

夜更けの建築家

はじめての「チルチンびとmarket」in エコ建築考房

火のある時間の過ごし方

OM讃家

この家といつまでも

建築家・田中敏溥さんの「遠い家」

庭時間のある暮らし