夏涼しく、冬暖かい木の家 ー『チルチンびと』84号の特集から

 
 

『チルチンびと』84号

 

『チルチンびと』84号は〈特集・夏涼しく、冬暖かい木の家 ― 風土に寄り添う住まいと暮らし〉。記事のなかから、「住まいは生き方」な言葉をご紹介します。

………

自然の中で育つ子どもたちは、感度のいいセンサーみたい。雨のにおいもかぎわける。(森に移り住み 森が育んでくれる 暮らしと人の輪・西村早栄子)

土地の感性というものは、においのように残っている。それをすくいあげるようにして、住まいという形あるものをつくっていくのが、建築家の仕事です。(住まいという故郷・田中敏溥)

関東の風は南北に通る特徴があります。ただ、北側の窓が小さいとそれができない。風を通すことは光を通すことにもつながっています。(美しい四季を支えるのは、風の道と断熱材・松本直子)

伝統の素材も使い方で、高性能になるんです。(先人の知恵と現代技術を生かした新しい民家・畔上順平)

太陽より読むのが難しいのが、風の動き。(きまぐれな太陽と風の動きを シミュレーションで解き明かす・高瀬幸造)

皮肉にも現代の屋根は、夏に多くの熱を受け取り、冬はわずかとなるようにつくられているのです。(高気密高断熱から低気密高蓄熱住宅へ・金田正夫)

夏涼しく、冬暖かく暮らしたい、という人間の願いは自然界からみれば少しも自然ではありません。(高気密高断熱時代の家づくり・前 真之)

………

このほか、『チルチンびと』84号には ― 火山灰ニモ負ケズ緑の風が抜ける住まい / 予想しづらい太陽と風を読み、快適な木の家を / 地域の建築家47人 / 最新 !断熱材・サッシカタログ / フクシマからのたより 2015 / 木の家と人の健康・快適性 / 室内空気質から見た木の家 / 木に囲まれた環境で放課後を過ごす / 太陽と風をとりこんで、夏も冬も心地よく暮らす / 自然エネルギーを生かした、パッシブで心地よい暮らし / 工務店がデザインする上質な木の空間 など、充実の248ページ。定価〔本体917円+税〕。6月11日発売です。

 
people Archive

秋。『いい家をつくる工務店と出会う』(チルチンびと別冊52号 ) の発売です !

秋の夜長。『チルチンびと』93号と過ごしませんか

夏のお愉しみ。 『東海の強く美しい家』の発売です !

『チルチンびと』92 夏号は、特集2本立て

『平良敬一建築論集 機能主義を超えるもの』好評発売中です

『薪ストーブ年鑑 2017』近日発売 !

『チルチンびと』の春、金沢の春

『建築家の心象風景③ 大野正博』発売!

『チルチンびと』90号で、暖かく楽しい冬の夜を!

『OMソーラー やさしい温もりが包む家』 ― 『チルチンびと』別冊50号は、こんな記事から始まります。

小さな畑のある家 ―『チルチンびと』89号の特集から

『a day in the life 』は、いかが

『チルチンびと・別冊 49―愛知・岐阜の豊かな暮らし』の発売です!

チルチンびと 『薪ストーブ読本』の発売です!

人の集まる家にしたかった ―『チルチンびと』88号の特集から

この家具と、暮らす ―『チルチンびと』87号の特集から

冬よ来い!

暖かい家が健康を育む ー『チルチンびと』別冊48「OMソーラー 太陽と空の家」から

有隣堂、太宰治、松本清張 ―『チルチンびと神奈川』② から ―

言葉の花束 ―『チルチンびと 』85号 ―〈特集・我が家の庭暮らし / 暮らしに農の風景を 〉から

桃源郷に暮らしたいあなたへ ―『チルチンびと』山梨・長野

『チルチンびと』東海版 ―東海で建てる美しい住宅― 発売!

第二回・吉田桂二賞授与式

夏涼しく、冬暖かい木の家 ―『チルチンびと』84号の特集から

『左官読本』と小林澄夫さん

建築家・田中敏溥さん、故郷新潟で作品展を開催

『チルチンびと福岡 ― 福岡で建てる本物の木の家』発売

キッチンで変わる暮らし ―『チルチンびと』83号の特集から

夜更けの建築家

はじめての「チルチンびとmarket」in エコ建築考房