『左官読本』と小林澄夫さん

 
 

『左官読本』と小林澄夫さん

 

この “広場 ” のコラム 「私のぬりかべ散歩」でもおなじみ、小林澄夫さん責任編集 『左官読本』(風土社刊)が、近々、発売される。

………

小林さんが、ラジオに出演したことがある。司会者に「床屋に行きますか?」と訊かれ「学生時代を最後に、行っていません。後ろに束ねて、自分で切ります」と答えていた。この番組のゲストは、自分が大切にしている容器を持ってくることになっていた。小林さんのそれは、煙草ピースの缶だった。話のなかで、どういう弾みだったか「中野重治」の名前が、でた。私も、その時どういう弾みか、中野重治の「豪傑」という詩を、思い浮かべた。

家むかし豪傑というものがいた
彼は書物をよみ
嘘をつかず
みなりを気にせず
わざをみがくために飯を食わなかつた …… (『中野重治詩集』岩波文庫)

ご存じ、小林さんも、詩人である。詩人のこころで、ずっと、土や壁と語らってきたのだろう。

………

『左官読本』1号は、特集・土蔵。目次から ― 真の巻 / 土蔵の生命は物の保存にあり ・ 行の巻 / 土蔵は風土と暮らしとともに ・草の巻 / 土蔵に残る左官の手跡 ・ 座談会 / 左官の過去、現在、未来 ー 久住章、植田俊彦、加村義信、小林澄夫、山下武秀 ― 6月1日発売。定価(本体926円 + 税)。

 
people Archive

『チルチンびと』92 夏号は、特集2本立て

『平良敬一建築論集 機能主義を超えるもの』好評発売中です

『薪ストーブ年鑑 2017』近日発売 !

『チルチンびと』の春、金沢の春

『建築家の心象風景③ 大野正博』発売!

『チルチンびと』90号で、暖かく楽しい冬の夜を!

『OMソーラー やさしい温もりが包む家』 ― 『チルチンびと』別冊50号は、こんな記事から始まります。

小さな畑のある家 ―『チルチンびと』89号の特集から

『a day in the life 』は、いかが

『チルチンびと・別冊 49―愛知・岐阜の豊かな暮らし』の発売です!

チルチンびと 『薪ストーブ読本』の発売です!

人の集まる家にしたかった ―『チルチンびと』88号の特集から

この家具と、暮らす ―『チルチンびと』87号の特集から

冬よ来い!

暖かい家が健康を育む ー『チルチンびと』別冊48「OMソーラー 太陽と空の家」から

有隣堂、太宰治、松本清張 ―『チルチンびと神奈川』② から ―

言葉の花束 ―『チルチンびと 』85号 ―〈特集・我が家の庭暮らし / 暮らしに農の風景を 〉から

桃源郷に暮らしたいあなたへ ―『チルチンびと』山梨・長野

『チルチンびと』東海版 ―東海で建てる美しい住宅― 発売!

第二回・吉田桂二賞授与式

夏涼しく、冬暖かい木の家 ―『チルチンびと』84号の特集から

『左官読本』と小林澄夫さん

建築家・田中敏溥さん、故郷新潟で作品展を開催

『チルチンびと福岡 ― 福岡で建てる本物の木の家』発売

キッチンで変わる暮らし ―『チルチンびと』83号の特集から

夜更けの建築家

はじめての「チルチンびとmarket」in エコ建築考房

火のある時間の過ごし方

OM讃家

この家といつまでも