火のある時間の過ごし方 『チルチンびと』82号-火のある時間の過ごし方-

 

早くも、あちこち、大雪のニュース。でも、大丈夫。『チルチンびと』82号〈特集・火のある時間の過ごし方〉にある、たくさんの事例からは、こんなほっこりとした声が、聞こえる。

………

火を熾すって大変な作業。その大変さはもちろん、危険性と恩恵、両方あるということを息子に知ってほしい。(住まいは生き方・火と水と暮らす)

暖炉は家全体を暖めることはできない。しかし暖炉でしか味わえない、美しい炎の表情がある。賑やかな火もいいけれど、時には静かに眺めているだけでも十分だ。(暖炉の火は親から子への贈りもの)

本物を知っているのといないのでは、違うと思うんです。…… だから子どもには、火も本物を知っておいてほしいですね。(天空の山小屋に煙が昇る)

火を灯すと、いつしか家族がそのまわりに集まりだす。(炎の愉しみは日暮れから始まる)

薪ストーブで沸かしたお湯でつくった焼酎のお湯割りを飲みながら、ほっとするひとときがたまりませんね。(青い海と真っ赤な炎。自然を楽しむ週末住宅)

暖房にしろ料理にしろ、人の生活の原点はやっぱり火のある暮らしですよね(薪ストーブのそばで夫婦で奏でる上質な時間)

………

いかがですか。ぬくもりのある幸せ。『チルチンびと』82号のラインアップを、以下、あらためてご紹介します。

〈特集・火のある時間の過ごし方〉 時を超える灯火、ヴォーリズのアームストロング山荘を訪ねて / 住まいは生き方・火と水と暮らす / 暖炉の火は親から子への贈りもの / 天空の山小屋に煙が昇る / 炎の愉しみは日暮れから始まる / 薪ストーブ最前線 1.街中の薪ストーブ 2.薪ストーブの暖房力を科学する 3.メンテナンスで薪ストーブの健康診断 / 庭師の昼餉・古川三盛 / 暖かい木の家と健康の関係 / 世界の薪文化 / ペレットストーブのある暮らし / 薪ストーブカタログ / 薪ストーブの取り扱い店リスト / 広告企画・薪ストーブのある暮らし…… その他、暖冬企画満載。連載も充実の240ページ。12月11日発売。定価(本体917円 + 税)。お楽しみに。

people Archive

秋。『いい家をつくる工務店と出会う』(チルチンびと別冊52号 ) の発売です !

秋の夜長。『チルチンびと』93号と過ごしませんか

夏のお愉しみ。 『東海の強く美しい家』の発売です !

『チルチンびと』92 夏号は、特集2本立て

『平良敬一建築論集 機能主義を超えるもの』好評発売中です

『薪ストーブ年鑑 2017』近日発売 !

『チルチンびと』の春、金沢の春

『建築家の心象風景③ 大野正博』発売!

『チルチンびと』90号で、暖かく楽しい冬の夜を!

『OMソーラー やさしい温もりが包む家』 ― 『チルチンびと』別冊50号は、こんな記事から始まります。

小さな畑のある家 ―『チルチンびと』89号の特集から

『a day in the life 』は、いかが

『チルチンびと・別冊 49―愛知・岐阜の豊かな暮らし』の発売です!

チルチンびと 『薪ストーブ読本』の発売です!

人の集まる家にしたかった ―『チルチンびと』88号の特集から

この家具と、暮らす ―『チルチンびと』87号の特集から

冬よ来い!

暖かい家が健康を育む ー『チルチンびと』別冊48「OMソーラー 太陽と空の家」から

有隣堂、太宰治、松本清張 ―『チルチンびと神奈川』② から ―

言葉の花束 ―『チルチンびと 』85号 ―〈特集・我が家の庭暮らし / 暮らしに農の風景を 〉から

桃源郷に暮らしたいあなたへ ―『チルチンびと』山梨・長野

『チルチンびと』東海版 ―東海で建てる美しい住宅― 発売!

第二回・吉田桂二賞授与式

夏涼しく、冬暖かい木の家 ―『チルチンびと』84号の特集から

『左官読本』と小林澄夫さん

建築家・田中敏溥さん、故郷新潟で作品展を開催

『チルチンびと福岡 ― 福岡で建てる本物の木の家』発売

キッチンで変わる暮らし ―『チルチンびと』83号の特集から

夜更けの建築家

はじめての「チルチンびとmarket」in エコ建築考房