庭時間のある暮らし 住宅雑誌『チルチンびと』81号―庭時間のある暮らし―

 
 

野原で花を摘むように、『チルチンびと』81号の特集「庭時間のある暮らし」から、言葉を一輪ずつ、摘んでみる。

 


 

水やりをしながら、元気そうだな、とか、実がついてきたなとか、1本1本植物の顔を見てまわるのは最高の贅沢。朝日が昇り出す頃が、僕の庭時間の始まりです。
(「庭の喜び溢れる大谷石の土間の家」)
 
朝はご機嫌うかがいに庭をまわって野菜たちと会話。とても楽しいことです。
(「まちに開き、エコをめざす住宅街の菜園ライフ」)
 
どうしても庭って家のおまけになりがちですが、庭は家の付属物じゃない。
(「毎日の庭仕事が支える山暮らし」)
 
薬園の管理で大切なことは、行動力、体力、興味、記憶力……、それと植物と心を通わせることですかなあ。
(「先人の知恵を守り継ぐ 森野旧薬園と大宇陀を訪ねて」)
 
欲張ってはだめ。その日食べられる分だけを摘むこと。無駄にしてしまうのは、旬のものをお裾分けしてくれている大地に申し訳ないでしょ。
(「自然の恵みを命につなぐ ― 野草の食卓」)
 
建築は硬いものだから、緑でやわらげてやらなきゃ。
(「庭という風景 ― 建築家・永田昌民さんが綴った「住まい」のかたち」)
 
花は枯れ、植木はのびる。そんなコントロールできない“生き物”で空間をデザインしたい、と思ったんです。
(「店主の手が編み出す植物のインスタレーション ― 草花屋 苔丸」)

 


 

『チルチンびと』81号は、このほか、和のハーブの恵みに感謝して / 庭で育てたい植物図鑑 / 身近な植物の薬効について / 庭と水・古川三盛 / 緑の風の力を科学する / 子育てと庭 / 城下町・長府の文化を受け継ぎ発信する ― 21世紀の木造建築 / 第1回吉田桂二賞発表 / 夏涼しく、冬暖かいエアパスグループの家づくり / 脱原発を考える ― フクシマからのたより・境野米子 / デンマークの選択 ― 持続可能な社会はどうつくる / 工務店がデザインする上質な木の空間 / 山の恵みで 6次化をめざす 大分・津江「リタプラス」の挑戦 など、充実の272ページ。定価(本体917円 + 税)。9月11日発売です。

 
people Archive

『チルチンびと』の春、金沢の春

『建築家の心象風景③ 大野正博』発売!

『チルチンびと』90号で、暖かく楽しい冬の夜を!

『OMソーラー やさしい温もりが包む家』 ― 『チルチンびと』別冊50号は、こんな記事から始まります。

小さな畑のある家 ―『チルチンびと』89号の特集から

『a day in the life 』は、いかが

『チルチンびと・別冊 49―愛知・岐阜の豊かな暮らし』の発売です!

チルチンびと 『薪ストーブ読本』の発売です!

人の集まる家にしたかった ―『チルチンびと』88号の特集から

この家具と、暮らす ―『チルチンびと』87号の特集から

冬よ来い!

暖かい家が健康を育む ー『チルチンびと』別冊48「OMソーラー 太陽と空の家」から

有隣堂、太宰治、松本清張 ―『チルチンびと神奈川』② から ―

言葉の花束 ―『チルチンびと 』85号 ―〈特集・我が家の庭暮らし / 暮らしに農の風景を 〉から

桃源郷に暮らしたいあなたへ ―『チルチンびと』山梨・長野

『チルチンびと』東海版 ―東海で建てる美しい住宅― 発売!

第二回・吉田桂二賞授与式

夏涼しく、冬暖かい木の家 ―『チルチンびと』84号の特集から

『左官読本』と小林澄夫さん

建築家・田中敏溥さん、故郷新潟で作品展を開催

『チルチンびと福岡 ― 福岡で建てる本物の木の家』発売

キッチンで変わる暮らし ―『チルチンびと』83号の特集から

夜更けの建築家

はじめての「チルチンびとmarket」in エコ建築考房

火のある時間の過ごし方

OM讃家

この家といつまでも

建築家・田中敏溥さんの「遠い家」

庭時間のある暮らし

我ら新潟人 ― 建築家 、ふるさとを語る