小さな畑のある家 ―『チルチンびと』89号の特集から

 

『チルチンびと』89号

 

『チルチンびと』秋号は、〈特集・小さな畑のある家〉。表紙をごらんになって、どういうシーンか、おわかりですか? 答えは、今号「麦の家 - 日本人が大切にしてきた暮らし」にあります。その記事のなかで、麦の家・主人 山崎隆さんは書いています。

………

当地は小さな谷間にあるので耕地は狭い中、多品種の野菜をつくるので連作障害が出ないよう作付けには工夫がいります。広い場をとる南瓜は、畑の土手際に毎年しっかり堆肥を入れ、土手下の通路の上に稲架(はさ)の材料を利用した棚を十メートル位の長さでつくり、その上に蔓を這わせます。南瓜が大きく実ると通路の上の棚から、いくつもの立派な実がぶら下がり何とも愉快です。今では夏の風物詩、南瓜のトンネル。

………

そうです。正解は「南瓜のトンネル」。「比叡山麓・麦の家の12カ月」、写真たっぷり、お楽しみいただけます。

 

-このほか、豊作の 『チルチンびと』89号のおもな内容-

畑での自然体験が確かな育ちにつながる(文・小澤紀美子)/ ささやかな畑で実り多き日々を(設計・横内敏人)/ 小さな平屋で農ある暮らし(設計・加藤武志)/ 花と野菜を愉しむ喜びの庭(設計・岩川卓也)/ 我が子に伝えたい、実りの時間(設計・八島正年+八島夕子)/ 楽しむ庭をデザインする作庭家リスト・全国版 / 移住・田舎暮らしを楽しくする工務店の家 - 地方で「暮らす・働く・生きる」を考える(西村佳哲)/ 工務店が建てる庭のある住まい / 手仕事×最新技術で木の家をつくる - 建築家・泉 幸甫の世界 …… など、充実の254ページ。定価[本体917円+税]。9月10日発売です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
people Archive

『チルチンびと』で、最高の冬支度

秋。『いい家をつくる工務店と出会う』(チルチンびと別冊52号 ) の発売です !

秋の夜長。『チルチンびと』93号と過ごしませんか

夏のお愉しみ。 『東海の強く美しい家』の発売です !

『チルチンびと』92 夏号は、特集2本立て

『平良敬一建築論集 機能主義を超えるもの』好評発売中です

『薪ストーブ年鑑 2017』近日発売 !

『チルチンびと』の春、金沢の春

『建築家の心象風景③ 大野正博』発売!

『チルチンびと』90号で、暖かく楽しい冬の夜を!

『OMソーラー やさしい温もりが包む家』 ― 『チルチンびと』別冊50号は、こんな記事から始まります。

小さな畑のある家 ―『チルチンびと』89号の特集から

『a day in the life 』は、いかが

『チルチンびと・別冊 49―愛知・岐阜の豊かな暮らし』の発売です!

チルチンびと 『薪ストーブ読本』の発売です!

人の集まる家にしたかった ―『チルチンびと』88号の特集から

この家具と、暮らす ―『チルチンびと』87号の特集から

冬よ来い!

暖かい家が健康を育む ー『チルチンびと』別冊48「OMソーラー 太陽と空の家」から

有隣堂、太宰治、松本清張 ―『チルチンびと神奈川』② から ―

言葉の花束 ―『チルチンびと 』85号 ―〈特集・我が家の庭暮らし / 暮らしに農の風景を 〉から

桃源郷に暮らしたいあなたへ ―『チルチンびと』山梨・長野

『チルチンびと』東海版 ―東海で建てる美しい住宅― 発売!

第二回・吉田桂二賞授与式

夏涼しく、冬暖かい木の家 ―『チルチンびと』84号の特集から

『左官読本』と小林澄夫さん

建築家・田中敏溥さん、故郷新潟で作品展を開催

『チルチンびと福岡 ― 福岡で建てる本物の木の家』発売

キッチンで変わる暮らし ―『チルチンびと』83号の特集から

夜更けの建築家