TOPICS

act_ Koji Shiroshita & TACO Exhibitions 2014

act_ Koji Shiroshita & TACO Exhibitions 2014

ChilChinbito Gallery」が更新されました。個人の作家として前を向く「STAND」、互いが影響し合い進化する「GROW」それらのはじまりとなる「ACTION」―異なるふたりがひとつの画面に向かうとき、互いのチカラが競い合い、ゆずり合い、おぎない合う。描く人も、観る人も、自由になれるような、ふたりの「act」をご覧ください。

何げなく、心地よく。 しみじみと良さを味わう家

何げなく、心地よく。 しみじみと良さを味わう家

㈱堀井工務店

横浜の街並みと青い空。高台からの眺めを、いちばんに考えて設計された家は、四人家族にちょうどいい大きさ。みんなで過ごす部屋から見渡せる景色には、日々、発見があるという。

 沖縄北部、やんばるの森の中。みかん畑のあるゴトゴト坂道を登ると辿り着く、小さな雑貨店。

沖縄県
giceto
 沖縄北部、やんばるの森の中。みかん畑のあるゴトゴト坂道を登ると辿り着く、小さな雑貨店。
 swimmieはレディースハンカチを取り扱う専門店です。

東京都
swimmie
 swimmieはレディースハンカチを取り扱う専門店です。
 絵を描くことは奇跡だと思う。それは「 生命力 」や「 イノチ 」そのものでもある。わたしはそれを描いている。

大阪府
TACO
 絵を描くことは奇跡だと思う。それは「 生命力 」や「 イノチ 」そのものでもある。わたしはそれを描いている。
新幹線で東京と金沢が繋がって、太平洋と日本海がとっても近くなりました。
石川県
5/22(金) ~ 5/31(日)
工藤和彦うつわ展
こけし愛と造詣の深い5名の作家“こけし5(コケシファイヴ)”と絵本作家やイラストレーターなど10名の絵描きによるこけしの展覧会。
東京都
6/4(木) ~ 6/15(月)
「えかきのこけし展」in KOKESHI EXPO
篠原敬陶展@工芸ギャラリー手児奈
愛知県
5/19(火) ~ 5/28(木)
篠原敬陶展
6月の手仕事塾では、これからの季節に、一枚は欲しいノースリーブブラウスをお作りいただきます。
兵庫県
6/11(木) ~ 6/25(木)
白椿 手仕事塾 六月 大人の夏服「リネンノースリーブブラウス」
11名の作家が産み出す美しき作品を、初夏の香りに乗せてお届けします
東京都
6/10(水) ~ 6/14(日)
Chambrette 2015 ~Fleurage~
 ご存じのとおり、epiloは「古本図書館&Cafe&GarellyShop」なので古本がたくさんあります。
広島県
6/6(土) ~ 6/21(日)
epiloの古本市「旅と食と絵本と洋書」
CAPIME coffeeの広間「龜」にて「服」の展示会を開催します。約1年半ぶりの展示会.
山口県
6/6(土) ~ 6/14(日)
MITTAN展
埼玉県川越市にあるギフトのお店「cotofog(コトホグ)」にて受注会を行います。
埼玉県
5/29(金) ~ 6/7(日)
HAKU受注会 in コトホグ
POPでCUTEなデュオ”DadaD”の初ツアーが決定!!
愛知県
6/10(水)
Hello! We are DadaD!! Tour 2015【名古屋公演】
ChilChinbito Gallery
個人の作家として前を向く「STAND」、互いが影響し合い進化する「GROW」それらのはじまりとなる「ACTION」―異なるふたりがひとつの画面に向かうとき、互いのチカラが競い合い、ゆずり合い、おぎない合う。
個人の作家として前を向く「STAND」、互いが影響し合い進化する「GROW」それらのはじまりとなる「ACTION」―異なるふたりがひとつの画面に向かうとき、互いのチカラが競い合い、ゆずり合い、おぎない合う。
chilchinbito library 「小笠原からの手紙」安井隆弥
2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
オイシイモノ紀行 四国篇
オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。