全国版コラム 今日もアンティーク日和

title5

CABANON -カバノン-イエイエ、若い時も、ものを集めたりすることに、こだわりもなく……あまり考えずにポーッとしていましたね。何かに執着するというタイプでもなく、ローラースケートをしたりして…… それでいて、服のほうに進んだのは、母が、服飾関係の学校を出て、私の服をつくってくれたりしていたので、いずれ私も、そういうことができたらいいなと、迷わず、服飾の専門学校へ。そこでは、おもに、洋服のパターンを勉強、そのあと、企業に就職しました。そこは、レディース・カジュアルのメーカーでした。10代から30代の方まで幅広く着られるような、シンプルなデザインのものが多い……タイミングよく、好きなブランドに就職したわけです。

最初は、パターンナーで入って、リピート・アイテムとかを手がけてそのあと、デザインも。わりと1、2年で、任せてもらえるよになりましたね。私がつくった服は、そうですね…… 多くの方には好まれないようなもの、定番的に、みんなが好きというものではなくて、一部の方に好まれるような……私、なんとなく60年代のデザインが好きなので、そういうテーストの出ているものが、多かったんですよ……そうしますと、そういうのって、大勢の方に好まれるようなものではないので…… エエ、自然と自分の好きなものをつくると、そうなってしまった、ということでしてね。…… でも、一部の方に好まれるものでいい、と社長に言われましたので、そのまま、進みました。

IMG_1628性格? そうですねえ。それを殺して、売れ線をつくっていけたら、もっとよかったんですけれど…… 服をつくって発売すると、成績がでるんです。勢い、動向が出るんですよ。売れる人のはスゴイ勢いがでるんですが、私のはゆっくりしか売れませんでした。色とかも、60年代のデザインに合いそうな配色が、好きだったんですよ。シルエットも、流行に関係なく、自分の好みで…… それが、6年つづきました。いま思えば、短いですね……がんばったつもりでしたけど。
 

  • backnumber-at
全国版コラム 今日もアンティーク日和

CABANON

〒167-0053
東京都杉並区西荻南2-6-10
サウススクエアB-1

OPEN:金,土,日曜日 12:00~18:00

E-Mail:cabanonski@gmail.com

instagram @nishiogicabanon