京都府
  • 家具
  • 陶磁器
  • 古道具
  • アンティーク
  • 器
インテリア・雑貨

川口美術

 川口美術では、朝鮮家具をはじめとして韓国の骨董を専門に扱っています。特に高質で個性のあるパンダヂを豊富に展示しています。

 また、陶磁器、ポジャギ・チョガッポ、木ノモノ、石ノモノもあり、文字図・冊架図など民画もございます。陶磁器は花器として使える物を中心に、新羅土器をはじめ韓国の古い焼き物を集めています。中心価格帯は家具、陶磁器とも10万~60万円くらい、ほとんどの商品に定価が表示してあり、安心してお買い物して頂けます。

 また、韓国骨董に惹かれ、ものづくりをする現代陶人・工人の個展も定期的に開催しています。

 皆様のお越しをお待ちしております。

 --
 blog
 

川口美術
〒606-0801 京都府京都市左京区下鴨宮河町62-23
Tel
: 075-781-3511
Fax
: 075-781-2255
OPEN
: 11:00~18:00
CLOSE
: 月,火曜日
HP
: http://kawabi.jp/

インフォメーション

9月20日(木)~9月24日(月・祝)   開業25周年記念催事 伊藤 明美 陶展
 数年前、伊藤さんと初個展の打ち合せをしていて、窯の話になりました。電気窯で未だまだやってみたいことがあり、いずれ薪窯に取り組みたいのだけれど今は未だ…と話されていました。

 昨年から知人の登窯に参加して居り此展の三分の一位が薪窯で焼成したモノ達です…と連絡が届きました。今その時がきたのですね。

 茶碗や徳利、花器など、薪窯から取り出されたモノは姿・形に自然の変化があり、肌が均一でなく異なった表情があり、存在の強さを感じます。

 人気の小服碗には、新たに粉青掻落しを加え、使いやすい向付を各種揃えてみました。茶篭も楽しみながら一篭組みました。一年一回、積み上げてきた成果をご覧頂きたく、皆様のお越しを会場でお待ち申し上げます。

  日 時:2018年9月20日(木)~9月24日(月・祝)
      11:00~18:00
      ※期間中無休
      ※9/19(水)搬入の為 臨休
  場 所:川口美術 1F
      京都府京都市左京区下鴨宮河町62-23
30 August 2018

8月3日(金)~8月12日(日)   開業25周年記念催事 第九回 韓国古陶磁探究陶人展
 陶人展参加メンバーは多彩です。焼物を焼いていることは共通ですが、土のこと、釉薬のこと、ロクロのこと、窯のこと等、殆んど全てが同じでなく、諸般の事情を含めそれぞれ自分の流儀を持って居られます。もっと根源的なところで、何を目指し、何を作るかも、単純でなく、各々強い自己流をお持ちと感じています。だからこそ、多彩で個性豊かな展覧会になるのだと思います。

 本年、新規参加の柳下季器氏は茶碗・茶器に定評のある陶人であり新しい個性が加わり、陶人展が一層厚みを増すものと思います。

 初日3日には、みたて西山氏の花生がショーウィンドにはいり、展を盛り上げます。日により陶人もお待ちしております。

  日 時:2018年8月3日(金)~8月12日(日)
      11:00~18:00
      ※休み 8/2(木)
  場 所:川口美術 1F
      京都府京都市左京区下鴨宮河町62-23

 - 参加陶人 -
 菊池 克
 光藤 佐
 松葉 勇輝
 高木 剛
 伊藤 明美
 笹山 芳人
 田中 茂雄
 市川 孝
 中西 申幸
 柳下 季器(敬称略、順不同)
13 July 2018

7月11日(水)~7月22日(日)   開業25周年記念催事 涼風 展
 京に祇園祭が近づく頃、以前は琵琶湖東岸に広大な蓮の群生地があり、美事に大輪の花が咲き誇っていました。何年か前忽然と消えてしまい、今では想い出です。大自然の不思議です。

 民画には蓮花がよく描かれ、咲いた花の他に枯れた蓮が描かれる事が多いです。花が咲くのも自然なら、枯れるのも又自然なのですね。

 蓮画の水面に鴨を描くこともあり、水中の魚や生き物、藻類が描かれることも多いです。花だけに焦点をあてない姿勢に打たれます。

 篭を編めば、表と内と二重に編み、堅牢に作っています。チョガッポもそうです。端布の繋ぎ方に、布の使い方に又配置にも、包む時の堅牢さへの配慮がみられ、私達を魅了して呉れます。

 韓国骨董の美しさの根底に、暮らしへの洞察と自然への深い敬愛を感じ魅き込まれます。飾らない豊かな世界をお愉しみ下さい。

  日 時:2018年7月11日(水)~7月22日(日)
      11:00~18:00
      ※休み 7/17(火)
  場 所:川口美術 1F
      京都府京都市左京区下鴨宮河町62-23
20 June 2018

6月20日(水)~6月24日(日)   開業25周年記念催事 柳下季器 陶展
 思いがけず杉本貞光様を案内して、お二人で当店を訪ねて頂いたのが1年前2017年6月でした。8月に信楽、寺垣外窯を訪ね、9月に伊賀、神田窯を訪ね、それぞれ今年の個展を約束して頂きました。

 季はめぐり、早や初夏の陶展をご案内する時が参りました。

 師弟お二人が目指されているのは、桃山時代に完成した日本独自のわびさびの美意識の探求であり、その表現としての陶磁作品です。

 作品は茶碗を中心に、焼種も楽・志野・伊賀・信楽などを、食器や酒器・花器にも多彩に展開し、くわえて狛犬などの塑像作品も出展して頂きます。未だ見ぬ朽損仏に気が惹かれています。当展に向けて、特に重点的に取り組んでいただいた青磁釉の作品は、独特の風合いが魅力的です。ご来駕賜ります様お待ちして居ります。

 期間中、23日土曜日には裏庭の片庇で、中山福太朗氏のお茶席を設け、柳下氏のお茶碗を愛でて頂きます。

  日 時:2018年6月20日(水)~6月24日(日)
      11:00~18:00
      ※会期中無休
  場 所:川口美術 1F
      京都府京都市左京区下鴨宮河町62-23
  写 真:田中幹人
01 June 2018

5月23日(水)~5月27日(日)   開業25周年記念催事 光藤 佐 陶展
 瑠璃釉と聞けば、紫がかった鮮やかな青を連想し、全体に綺麗に施釉された焼物をイメージします。しかし、高麗・朝鮮時代の焼物にはその類を見かけず、近いモノが19世紀にはあるのですが、なぜか筆あとが残った様な不均質な瑠璃なのです。光藤さんの瑠璃釉は、マットな黒い焼物だと思い込んでいて、光線の具合で、エッ青味のある黒釉?などと思った位で、独特の深海瑠璃釉なのです。

 写真のモノは、釉薬だけでなく造形にも以前見たモノとは違う工夫がなされて居り、つきぬ魅力を秘めた焼物を作る陶人です。丹波篠山のその向う、但馬和田山の山間の地で一人、土を合せ土を練り、ロクロを廻し、自身で割った薪で年三回穴窯を焚く暮しを、あくことなく繰返している光藤さんです。

 独自の小さな工夫の積上げが随所に光る食器などの作品を是非ご覧頂きたく、ご案内しお待ちします。

  日 時:2018年5月23日(水)~5月27日(日)
      11:00~18:00
      ※休み 月・火曜日
  場 所:川口美術 2F
      京都府京都市左京区下鴨宮河町62-23
  写 真:瑠璃釉小瓶(右)H12.6×W8.2cm
  撮 影:田中幹人
02 May 2018

4月11日(水)~4月15日(日)   開業25周年記念催事 我谷盆賛パート2
 森口信一さんは、我谷盆に夢中です。

 かつて我谷盆が作られていた我谷は、昭和期にダムに水没した山中の集落です。風谷はその隣村ですが、今や数軒の空家が残るだけの地となって居り,一昨年,意が通じ森口さんがその一軒を借受け風谷アトリエを設けました。風谷を拠点に石川県下で我谷盆教室を繰返し開催し、製作の芽は地元に着床していると聞いてます。優れた木工作家を中心とした前回メンバーに加え、我谷盆作りを志す石川の若手の作品を加えて我谷盆賛パート2を開催します。

 我谷盆はザックリ割られた栗の厚板をノミだけて刳って作ったお盆です。その素朴なお盆が発祥の谷の隣村で復活の産ぶ声をあげ地元石川で復興し更に全国に輪を拡げ繋がってゆく事を出展諸氏と共に心より祈ります。皆様のご賛同・後援を期待致します。

  日 時:2018年4月11日(水)~4月15日(日)
      11:00~18:00
      ※休み 月・火曜日
  場 所:川口美術 2F
      京都府京都市左京区下鴨宮河町62-23
21 March 2018

3月21日(水・祝)~3月25日(日)   菊池 克 陶迦葉展
 2011年の陶人展に、初参加の菊池氏が硯滴を携えて加わってくれました。前年の故全日根展に硯滴を並べていたので、オッやるな!と注目したのを憶えています。翌年の陶人展では白磁透彫筆筒が美事でした。2013年の個展は、文房具展にジャンプでした。

 昨年の第二回文房具展では、揮毫歓迎の巻紙を軸に文人サロンの香が流れていました。展示予定品目を見ると食器や文房具の他、窯の炎熱にぎりぎり耐えたひさご徳利(表写真)等、味な酒器や花器も並びます。作品の端々に文人の気が感じられ愉しく香り高い会場が思い浮かびます。

今年から個展会場を2階から1階に移して居り、初日のショーウィンドには、みたて西山氏の花生がなされ、注目度が高まります。

春分を迎え花もまじかな鴨川辺りへ、どうぞお運び下さい。

  日 時:2018年3月21日(水・祝)~3月25日(日)
      11:00~18:00
      ※休み 月・火曜日
  場 所:川口美術 1F
      京都府京都市左京区下鴨宮河町62-23
  写 真:田中幹人
03 March 2018

3月7日(水)~3月11日(日)   新羅土器展
 昨秋、久し振りに、韓国古代土器が多く展示されている新羅、伽耶、百済の故地にある博物館を巡って参りました。

 伽耶、金海の博物館で感じたことは、私が開業以来、新羅土器として扱わせて頂いたモノの多くが、区分すれば、伽耶土器だったと云う事でした。なかでも5年前の土器展で、驚きをもって、ローマ文化の風として紹介させて頂いた把手付土器も、新羅よりも伽耶に多く、特徴的な土器だったと知りました。個性的フォルムを持つ写真のこの土器もまぎれもない伽耶土器でした。

  日 時:2018年3月7日(水)~3月11日(日)
      11:00~18:00
      ※休み 月・火曜日
  場 所:川口美術1F
      京都府京都市左京区下鴨宮河町62-23
  写 真:田中幹人

 ■みたて西山氏が記念花生用に選んだ土器も含め、展観させて頂きます。この機会にいま一度、新羅土器の魅力に接して頂きます様ご案内申し上げます。併せて、四月以降のみたて西山氏の花生、予定日をお知らせ致します。

  日 時:2018年4月11日(水)
      2018年5月23日(水)
      2018年6月20日(水)
      2018年7月11日(水)
      2018年8月4日(土)
      2018年9月20日(木)
      2018年10月3日(水)
23 February 2018

2月17日(土)~2月25日(日)   高木 剛 陶展
 薪を斧で割っているんですって…。窯は小さいながら薪は沢山要るんですよ。薪窯で焼物を生み出す喜びに魅了されて薪割りも楽しい…と高木氏は言います。そんな言葉に誘われて、寒のゆるんだ師走の一日、京北に行ってきました。かなり山深く隣に仙人でも住んでいそうな、山に寄り添う一軒家でした。建屋の周りには薪と薪材料が其処ここに山積みされ陶人の住まいと判ります。

 工房では手廻しロクロと蹴ロクロが気に合い、古代の陶人の気持ちになって作っていると聞きました。

 個展までふた月、数回窯を焚くと聞けば、没頭し、陶三昧の暮らしなんだな、ご苦労さん!と同時に羨しくも思いました。

 器のひずみに美を観て、焼損じにも魅力を見出す心で日常使いの器作りに励む高木氏の作品です。どうぞじっくりご覧頂きたく。

 今年の茶席は、21日(水)大西眞紀子さんが煎茶を淹れてくれます。彼の茶器でお愉しみ下さい。

  日 時:2017年2月17日(土)~2月25日(日)
      11:00~18:00
      ※休み 月・火曜日
  場 所:川口美術1F
      京都府京都市左京区下鴨宮河町62-23
  写 真:田中幹人
  花/みたて:西山隼人
27 January 2018

1月20日(水)~1月28日(日)   笹山 芳人 陶展
 笹山さんは骨董好きです。住いが名古屋に近い四日市市なので、大須の骨董市が一番のなじみの様です。

 骨董には経年変化があり、奥深さ、味わいがあります。時を経た自然の変化の味わいを知っている笹山さんは、薪窯の炎による焼物の味わいの違いを心得ている人だと思います。

 土の調合と手技と窯の炎の果実、まさにそんな茶垸が並びます。

 「花が生けやすい花器でした。器の重さも気になりません。笹山さんの器は自然の器だと思います。」とお客様の声です。

 手に入れた土の性を見極め発想すると、食器になる時も、花器に、茶垸になる時もあります。自分の意図より、自然土の個性を重視されているのだと思います。それぞれに味わいのある笹山さんの焼物を見て頂きたいと思います。

  日 時:2018年1月20日(土)~1月28日(日)
      11:00~18:00
      ※休み月・火曜日
  場 所:川口美術1F
      京都府京都市左京区下鴨宮河町62-23

 ※当催事の初日、ショーウィンドウ於、みたて西山氏の花生を見て頂けます。
16 January 2018
 

COLUMN

  • 「高橋麻帆書店」という古書店があります。古書にまつわるあれこれを金沢よりご紹介していきます。
    「高橋麻帆書店」という古書店があります。古書にまつわるあれこれを金沢よりご紹介していきます。
  • 日本の片隅に生き続ける古いモノづくり。人の手の揺らぎを許容する民芸的な大らかさとの邂逅は、僕の心を強く揺さぶりました。このコラムで、それを辿る旅に出ます。
    日本の片隅に生き続ける古いモノづくり。人の手の揺らぎを許容する民芸的な大らかさとの邂逅は、僕の心を強く揺さぶりました。このコラムで、それを辿る旅に出ます。
  • 「チルチンびと広場」コラム『神保町デイズ』街に本あり。街に味あり。街に老舗あり。街に騒めきあり。  街に人あり。……  人に日々あり。
    「チルチンびと広場」コラム『神保町デイズ』街に本あり。街に味あり。街に老舗あり。街に騒めきあり。 街に人あり。…… 人に日々あり。
  • 山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
    山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
  • 花咲く不思議 そのありようは 天からのおくりもの 季節の花々が道念邦子の手でちいさな卓上によみがえりわたしたちのもとにとどけられました
    花咲く不思議 そのありようは 天からのおくりもの 季節の花々が道念邦子の手でちいさな卓上によみがえりわたしたちのもとにとどけられました
  • まちのみんなが撮る・描く・書く
長崎は今日も”イベント”日和
    まちのみんなが撮る・描く・書く 長崎は今日も”イベント”日和
  • 長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
    長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
  • 初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
    初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
  • フェルトの余り布を適当に縫い合わせていた時、どんなものができるかわからない面白さに、出会った。人生、たとえどんな1日でも、何かの実をつけるはず、という想いも込めながら……。
    フェルトの余り布を適当に縫い合わせていた時、どんなものができるかわからない面白さに、出会った。人生、たとえどんな1日でも、何かの実をつけるはず、という想いも込めながら……。
  • マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
    マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
  • JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
    JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
  • 木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
    木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
  • 左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
    左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
  • わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
    わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
  • 北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
    北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
  • 映画にテレビに本にイベントに……  いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
    映画にテレビに本にイベントに…… いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
  • 住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
    住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
  • 2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
    2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
  • 草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
    草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
  • いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
    いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
  • 私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
    私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
  • 「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
    「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
  • 竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
    竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
  • 埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
    埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
  • 伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
    伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
  • 採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
    採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
  • 俳人・山上薫さんは、東京生まれ、金沢暮らし。金沢きつね句会主宰。郭公同人。句集に 『海の鳥』。さて、新連載 コラムのスタートは「きつね歳時記」にふさわしい、風光る日だった。
    俳人・山上薫さんは、東京生まれ、金沢暮らし。金沢きつね句会主宰。郭公同人。句集に 『海の鳥』。さて、新連載 コラムのスタートは「きつね歳時記」にふさわしい、風光る日だった。
  • 85歳。女性建築家は、こう語る…… 材質と寸法と色の世界に入ったので、言葉と訣別した。病いを得て、感性の世界から言葉の世界へちょいと飛び移ってみた。1回で終わるか2回で終わるか、わかりませんが、よろしく。
    85歳。女性建築家は、こう語る…… 材質と寸法と色の世界に入ったので、言葉と訣別した。病いを得て、感性の世界から言葉の世界へちょいと飛び移ってみた。1回で終わるか2回で終わるか、わかりませんが、よろしく。
  • 香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
    香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
  • 北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
    北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
  • オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
    オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
  • 人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
    人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
  • 海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
    海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
  • 中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
    中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
  • お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
    お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
  • 朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
    朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
  • 漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
    漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
  • 店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
    店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
  • 何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
    何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
  • 「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
    「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
  • 岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。
    岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。

おすすめ