全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

市川 陽子「TRANSFORMー変容」 7月6日(土)~7月21日(日)

 

 

市川 陽子「TRANSFORMー変容」

 

市川陽子は、京都芸術大学で漆工芸を学び、現在も京都を拠点として制作を続ける作家です。動物の皮に漆を塗って硬化させる「漆皮(しっぴ)」という、飛鳥時代からの伝統工芸技法を用いながら、独自の視点で素材と向き合い、新たな感覚の作品を制作しています。彼女の手により生み出される箱やいれものは、人工的でありながらも、それが動物の一部であった時間の気配を感じさせる不思議な魅力があり、そこには作家自身の生死観、作ることに向き合う思考が反映されているようです。

昨年の2 人展に続き、個展という形で開催される本展では、「TRANSFORM ー変容」と題し、彼女の作品に現れる「息遣い」「気配」の美しさに焦点を当てた展示をいたします。動物の命を包む皮膜であった存在が、作家の手により再構築され、その存在の意味を変え、なにかを内包するいれものに変容する、その過程こそが市川陽子の取り組みの核となるのではないかと考えています。

ギャラリーに並ぶ大小の箱や、花入れ、オブジェの要素がある蓋ものなど。皮と糸、漆で制作されたものたちを手にし、その質感に触れて美しい気配を感じていただければと思います。

皮革のいれものは古くからあって、水筒になったり、空気を入れて筏にしたり様々です。生き物を材料にしているからか、私は皮革のいれものの内側にはマジカルな機能があるような気がします。乳がバターになるような。今回は皮革の縁を使ってみたり、即興的に裁ったり縫ったりしたものを新たに作っています。箱とともに、もう少し有機的なそれらが、上記のような感覚を帯びていれば良いなと思います。

市川 陽子

 

【日 時】

2019年7月6日(土)~7月21日(日)
12:00~19:00
※最終日 ~17:00
※休廊日 火曜日
※作家在廊日 7/6(土)

 

【場 所】

Gallery crossing
岐阜県美濃加茂市太田本町1-7-3

 

– 市川 陽子 –

1985 年、大阪に生まれる。2011 年、京都市立芸術大学大学院修士課程 漆工 修了。現在、京都を拠点に制作。
過去の展示:2018 年GALLERY crossing「いれもの」(2人展)。

 

※詳しくはこちらをご覧ください。

MENU