大阪府
  • 旅
  • ギャラリー
  • イベント
  • ワークショップ
ギャラリー・工房

SAA

 コンセプトは「FEEL LIKE JOURNEY」。

 2015年夏より独自の編集切口によって毎月ごとに「今月の気になる国」を設定し、その国に関連するユニークなイベントを開催してきました。

 音楽、フード、文学、雑貨、アート&デザインなどのイベントを通じて、世界に溢れる多様な文化やライフスタイル、価値観を発信。

「日常にいながら異文化に触れる」というスタイルの中で、新しい発見や共感、楽しい出会いを創出しました。

 1年間限定の実験的スペースとして誕生したSAAは、2016年7月でスペースを終える予定でしたが、多くのご支援のもと、今後も継続することになりました。

 今後は、主催のイベントに加えて、スペースのレンタルも開始します。

 そして、従来の毎月、国やエリアを決めてイベントを開催するというスタイルではなく、

 この場所やイベントだけにとどまらない新生「SAA」として再出発します。

 SAA!ご一緒に!今後もよろしくおねがいします。

 SAA
 さあ [1]( 感動詞 )①人を誘ったり、促したりするときに発する語。「 -出かけよう」「 -始めるよ」 ②断定的な返答をするのをためらうときに発する語。 「 -どうでしょう」③重大なことが目前に迫って心を決めるときなどに決意を発する語。「 -頑張るぞ」「 -これからだ」 ④驚いたり、喜んだり、困惑したりしたときに発する語。「 -困った,どうしよう」「 -捕まえたぞ」「 -始まった」….「さあ、世界を感じよう」が合言葉。
 

SAA
〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀1-16-32 E-BUILDING 1F
OPEN
: イベント日時に準じます。
CLOSE
: イベント日時に準じます。
HP
: http://www.saa-studio.com/
E-Mail
: info@saa-studio.com
リンク
: facebook

インフォメーション

4月22日(金)、23日(土)   FLY TO SARDEGNA ! イタリア・サルデーニャ島の文化と暮らしを知る LECTURE・FOODS・MINI MARKET
 イタリア通でさえ訪れる事が少ない神秘の島、サルデーニャ島。悠久の歴史、独自の文化と伝統が色濃く残る秘境とも言われています。SAAでは、手工芸の職人たち、カーニヴァル、旅、映画、本といったプレゼンター独自の視点で、「サルデーニャ島」を紹介する2つのレクチャーとオリジナルサルデーニャ料理を楽しむ「SARDEGNA FOOD PARTY!」をセットで開催。

 島の特産品やハンドクラフトなどを販売するミニマーケット、「カーニヴァル」のコスチュームを魅力的に描いたサルデーニャ在住の画家ロレンツォ・クックルさんのイラストを中心とした資料展示も常設します!

 レクチャー・食・マーケット・資料展示を切り口に、未だ知られざる別天地「サルデーニャ島」の魅力に触れる2日間です。ミニマーケットは入場無料です。

  日 時:2016年4月22日(金) 12:00~18:30
      2016年4月23日(土) 12:00~17:00
  場 所:SAA 大阪府大阪市西区江戸堀1-16-32 E-BUILDING 1F

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
31 March 2016

4月15日(金)   音楽で旅する世界 Vol.9イタリア編
 今回とりあげるのは、イタリア。日本でも広く親しまれたサンレモ音楽祭が盛んな時代に活躍した大物から、プログレッシヴ・ロックにとどまらない音楽性を示してきた鬼才たち、エンニオ・モリコーネを筆頭とする映画音楽の巨匠に、タランテッラなどの伝統音楽も取り入れたワールド・ミュージックやジャズ、より現代的なサウンドを展開する近年の注目株まで。あまり俯瞰的に紹介される機会も少ないイタリアの多彩で汎地中海的なポップ・ミュージックの魅力を、プリマヴェーラ(春)の夜に一緒に楽しんでいきましょう。

 講師 吉本秀純(よしもとひですみ/音楽ライター)

 このレクチャーはワールドミュージックに詳しい吉本秀純さんをナビゲーターに迎え、映像や音楽を楽しむレクチャーです。各国の歴史、音楽史をふまえ、注目のアーティストの紹介や現在の音楽シーンについても学びます。

  日 時:2016年4月15日(金)受付・入場開始 18:30 / 19:00~21:00
  場 所:SAA 大阪府大阪市西区江戸堀1-16-32 E-BUILDING 1
  参加費:テーブル席 1,000円+1ドリンクオーダー制(定員:18名)
      簡易席 950円+1ドリンクオーダー制(定員:6名)
      当日席 1,000円+1ドリンクオーダー制
      ※お席が空いていない場合は立見になる場合があります。
      ※参加費と1ドリンク代は当日会場にてお支払いください。
  講 師:吉本秀純(よしもとひですみ/音楽ライター)

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
25 March 2016

3月13日(日)   さっもくもくのぱちぱち織りワークショップ
 おしゃれな少数民族の女の子たちを見習って、自分だけの装身具(首飾り・ベルト・ヘアバンドなど)をつくりませんか? カラフルな糸や布きれが並ぶ中から、好きな糸を選び、用意された織り機で手織りをします。初心者の方でも簡単にかわいくつくれます。今回だけの企画でチェンマイから仕入れたパーツ(別料金)もご用意。ご自身の織りたい糸の持込みもOK。

  日 時:2016年3月13日(日) ①13:00~15:30 / ②16:00~18:30
  場 所:SAA 大阪府大阪市西区江戸堀1-16-32 E-BUILDING 1
  定 員:各回8名
  参加費:2,200円(材料代含)
  講 師:さっもくもく

 ※お申し込みは[E-Mail]qinuco@gmail.comに参加希望時間・参加者名・人数・連絡先電話番号・メールアドレスその他メッセージを明記の上送信してください。空席確認後に受付確定となります。
 ※詳しくはこちらをご覧ください。
17 February 2016

3月12日(土)~3月21日(月・祝)   ベトナム・タイのカラフルでかわいい少数民族たち
-オキモトアキラ写真展と民族雑貨のマーケット
  日 時:2016年3月12日(土)~3月21日(月・祝) 12:00~19:00
      ※会期中無休
  場 所:SAA 大阪府大阪市西区江戸堀1-16-32 E-BUILDING 1
  入場料:無料

 - AKIRA OKIMOTO profile –
 フォトグラファーとして雑誌、広告等で活動中。旅、雑貨、パン、スイーツ、可愛いもの探しの日々。仲良し女子4人で旅のZINE「ガールズジャーニー」を不定期発行中。

 写真展のテーマに合わせたマーケットやイベントも期間中に開催。

 ■ HuuHuu
のマーケット
 さまざまな国を旅する中で出会った、いちばん好きな街タイ・チェンマイへ2014年に移住された「HuuHuu」さんから、チェンマイを中心としたアジアのフレッシュでかわいいものをお取り寄せ。現地の作家さんがつくる1点ものやアジアの日用品、民族刺繍布やオリジナル商品などのマーケットを開催。

 ■GIRLS JOURNEY
 「GIRLS JOURNEY」は女性クリエイター4人組で気になる外国を探検し、年1回発行されている旅のZINE。このすべての撮影をオキモトアキラさんが担当。今までロシア、ニューヨーク、ベトナムへ渡航。今回ベトナムZINEの販売はもちろん、メンバーでもある編集者・乾純子さんからの寄稿、金光英美さんの映像上映もあり。 ジンの詳細 

 日時限定イベント 
※詳細や最新情報はオフィシャルWEBかFacebookページをチェック!

 ■カオマンガイパーティ
 初日限定で「NIMAmasala」のカオマンガイや春巻きをご用意した、エスニック気分満載のパーティを開催。どなたでも参加できます。旅のお話で盛り上がりましょう。〈入場無料・ドリンク、フード有料〉

  日 時:2016年3月12日(土) 17:00~21:00


 ■音楽で旅する世界 Vol.8 東南アジア編 3月16日(水) 19:00-21:00
SAAの人気レギュラーイベントも期間中開催。東南アジアの音楽を幅広くディープに紹介。〈有料〉(詳細は確定次第公開します。)

  講 師:吉本秀純さん
  ゲスト:丸橋基(プランテーション)さん
 
 ■30名の旅人の思い出とお土産ストア SOUVENIR PROJECT STORE 
「タイのお土産もあります!!」

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
16 February 2016

2月27日(土)   フランスのワインを楽しむ会 基礎編
 ビギナーの方にオススメする、本場フランスワインに親しむ会。敷居が高く難しいイメージのあるフランスワインですが、シュバリエでもあるワインのスペシャリストが、現地の生の情報や写真も交え、ワインの基礎を丁寧に教えます。フランスの代表的なワイン産地「ボルドー」「ロワール」「ブルゴーニュ」「シャンパーニュ」などから、選りすぐりのワインをテイスティング。本場フランスワインの楽しみ方が広がる1.5時間です。

 大阪の名レストランのシェフ達からの信頼が厚い、冨尾さんの人気講座。「チリとアルゼンチンのワインを楽しむ会」、「ドナウ川近郊のワインを楽しむ会」に続く第三弾!

  日 時:2016年2月27日(土) 17:00~18:30(16:40受付開始)
  場 所:SAA 大阪府大阪市西区江戸堀1-16-32 E-BUILDING 1
  定 員:10名 ※完全予約制
  参加費:5,000円
     (ワイン・バケットなどの材料費、Pane e Vino OTAによる前菜6種盛付)
  講 師:冨尾宝之(とみおたかゆき)ワインショップ・トムギャルソン代表

 - 冨尾宝之(とみおたかゆき)ワインショップ・トムギャルソン代表 profile -
 1995年、日本ソムリエ協会認定・ワインアドバイザー取得 。2014年、数あるフランスの騎士団の中でも最も由緒ある団体のひとつである、シャンパーニュ騎士団のシュヴァリエ叙任。(シュバリエとは、シャンパーニュの伝導、発展に寄与する人に与えられる称号。日本にも騎士団事務局があり、シュヴァリエ約170名、オフィシエ10数名が認定されている。)

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
10 February 2016

2月27日(土)   茶床豪さんのフランスチーズ・プチマルシェ
  日 時:2016年2月27日(土) 15:15~17:00
  場 所:SAAの路面 大阪府大阪市西区江戸堀1-16-32 E-BUILDING 1
      ※予約不要・参加者はもちろん、どなたでも気軽にどうぞ!

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
08 February 2016

2月27日(土)   フランスのチーズを楽しむ会
 世界屈指の美食王国で、酪農国でもあるフランスには、日本では味わえない極上チーズが数多くあります。そのまま食べても十分美味しいチーズを、さらに上質な味わいへと変えてしまう職人「チーズ熟成士」である茶床豪さんのセレクトするフランス産チーズの解説を聞きながら、チーズとデザートを楽しみましょう。

 手入れしているチーズと、していないものを比較するなどユニークな実験もあります。どんなチーズを選べばいいのか分からない方から、究極の美味しさを追求したい方まで…とっておきの一品を探しましょう。本格的な内容を気軽に体感できる人気イベント「世界の飲食を楽しむ会」のチーズ版です。

  日 時:2016年2月27日(土) 13:00~15:00(12:40受付開始)
  場 所:SAA 大阪府大阪市西区江戸堀1-16-32 E-BUILDING 1
  定 員:10名 ※完全予約制
  参加費:4,500円(フランス産チーズ約8数種以上・チーズのデザート1品)
      ※別料金でワインご用意しております。
       A:チーズ主要産地4ヶ所の白ワイン4種セット
       B:ブルゴーニュとボルドー、赤ワイン大産地の2種セット
  講 師:茶床豪(ちゃとこごう)

 - 茶床豪(ちゃとこごう) profile -
 日本に数少なく貴重な存在であるチーズ熟成士。温度や湿度に敏感なチーズは熟成士の腕によって風味や味がまったく変わるといわれており、まだ若いチーズの温度や湿度管理を行いながら最高の状態、まさに“食べごろ”にして消費者に届けるのが仕事。ホテルやレストランでのチーズイベントも人気で、「若きチーズ伝道師」としてメディア取材も多数。『チーズの美味しさをもっと知ってほしい』と東奔西走。

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
06 February 2016

SOUVENIR PROJECT STORE SAFARI inc オンラインストアにて発売開始!
 2016年1月23日(土)~28日(木)までSAAにて開催しておりましたSOUVENIR PROJECT STOREで販売していたお土産をこの度SAAを運営するデザイン事務所SAFARI incのオンラインストアで販売開始致しました。

 旅人独自の視点を通じて楽しむ異国体験。そんな「旅」の楽しい循環を、ネパール大地震復興支援のためのチャリティー活動に繋げたい!との思いから、2015年7月(SAA設立時)に、このプロジェクトは始まりました。

 SAAに縁のあるフォトグラファー、キュレーター、スタイリストなど、いろいろなバックグランドを持つ旅人に、その方の視点で世界各国の「SOUVENIR」を選び、持ち帰って頂きました。おかげさまで、30名に参加いただき、24の国と地域から、73アイテム&セットが集まりました。すべての「SOUVENIR」は、旅の思い出を綴ったメモリーシートと、心に残った写真をセットにして販売しています。旅人の視点や思い出といった、旅人達のパーソナルな体験から、世界の国や都市、文化やライフスタイルを感じるプロジェクトです。

 ※SOUVENIRとは(旅行・場所・出来事などの思い出となるような)記念品。
 ※売り上げの一部は、ネパール大地震・復興支援活動へ寄付いたします。旅人達のパーソナルな体験から、世界の国や都市、文化やライフスタイルを感じる新しいチャリティ型イベントです。

 すでに売り切れてしまった商品もアーカイブとして見る事ができるようになっておりますので、遠方の方にも楽しんでいただけるようになっております。
05 February 2016

2月19日(金)   音楽で旅する世界 Vol.7フランス語圏の国々編
 今回とりあげる国は、フランス語圏の国々。本国のフランスはもちろんのこと、アフリカ、北米、アラブ圏、カリブ海など。今回は最近の国際情勢も踏まえながら、フランス語を公用語や準公用語とする世界中の国々(フランコフォニー)の音楽を多彩に紹介していこうと思います。80年代にワールド・ミュージックの拡がりを先導し、多彩なカルチャーを育んできたフランス語圏の音楽を楽しんでください。

 このレクチャーはワールドミュージックに詳しい吉本秀純さんをナビゲーターに迎え、映像や音楽を楽しむレクチャーです。各国の歴史、音楽史をふまえ、注目のアーティストの紹介や現在の音楽シーンについても学びます。

  日 時:2016年2月19日(金) 受付・入場開始 18:30 / 19:00~21:00
  場 所:SAA 大阪府大阪市西区江戸堀1-16-32 E-BUILDING 1
  参加費:テーブル席 1,000円+1ドリンクオーダー制(定員:18名)
      簡易席 950円+1ドリンクオーダー制(定員:6名)
      当日席 1,000円+1ドリンクオーダー制
        (お席が空いていない場合は立見になる場合があります。)
      ※参加費と1ドリンク代は当日会場にてお支払いください。
  講 師:吉本秀純(よしもとひですみ/音楽ライター)

 - 吉本秀純(よしもとひですみ/音楽ライター)profile -
 1972年生まれ。大阪市在住。大学卒業後に関西の月刊情報誌『エルマガジン』の音楽ページ担当などを経て、02年からフリーに。東西の各雑誌媒体でジャンル不問で執筆しながら、ワールド・ミュージック関連の作品のCDライナーノーツ執筆も多数。11年には世界中のダンス・ミュージックの最新動向を網羅した『GLOCAL BEATS』(音楽出版社)、14年には『アフロ・ポップ・ディスク・ガイド』(シンコー・ミュージック)を監修。

 ※当日はレクチャーを聞きながらお召し上がり頂ける、ヨーロッパのビールやドリンクと軽食をご用意しております。当日の受付にてオーダーできます。
 ※簡易席はテーブルのない狭いお席となりますのでご了承くださいませ。
 ※テーブル席をご予約された場合でも、遅刻された場合は簡易席のご案内になる場合があります。
 ※詳しくはこちらをご覧ください。
04 February 2016

1月30日(金)   ドナウ川近郊のワインを楽しむ会
 ドイツの黒い森に端を発し、10カ国を流れ、黒海へと注いでいる国際河川ドナウ川。今回は、古くからその豊かな土壌の恩恵を受け、世界有数のワイン産地として知られるドナウ川近郊の産地をクローズアップ。その中でも世界のワイン生産量の中で僅か1%というシェアで、高品質であるオーストリアワインを中心にテイスティングします。今回も大阪の名レストランのシェフ達からの信頼が厚い冨尾さんの解説付きで、これらのワイン楽しみましょう!前回ビギナーにも大好評だった「チリとアルゼンチンのワインを楽しむ会」の続編です。

  日 時:2016年1月30日(金) 受付 17:40 / 18:00~19:30
  場 所:SAA 大阪府大阪市西区江戸堀1-16-32 E-BUILDING 1
  定 員:定員10名 ※完全予約制
  参加費:4,700円
    (ワイン・バケットなどの材料費、Pane e Vino OTAによる前菜6種盛付)
  講 師:冨尾宝之

 - 冨尾宝之(とみおたかゆき)profile -
 ワインショップ・トムギャルソン代表 1995年、日本ソムリエ協会認定・ワインアドバイザー取得 。2014年、数あるフランスの騎士団の中でも最も由緒ある団体のひとつである、シャンパーニュ騎士団のシュヴァリエ叙任。シュバリエとは、シャンパーニュの伝導、発展に寄与する人に与えられる称号。日本にも騎士団事務局があり、シュヴァリエ約170名、オフィシエ10数名が認定されている。

 ※2月には「フランスのワインを楽しむ会(仮)」、同日開催で「チーズを楽しむ会(仮・講師別)」も予定。
 ※詳しくはこちらをご覧ください。
16 January 2016
 

COLUMN

  • “ 健康の工房 ”へ、ようこそ。ここは、料理教室あれば、セラピーあり。美味しくて、体にいいこと、教えます。
    “ 健康の工房 ”へ、ようこそ。ここは、料理教室あれば、セラピーあり。美味しくて、体にいいこと、教えます。
  • 山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
    山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
  • 日本の片隅に生き続ける古いモノづくり。人の手の揺らぎを許容する民芸的な大らかさとの邂逅は、僕の心を強く揺さぶりました。このコラムで、それを辿る旅に出ます。
    日本の片隅に生き続ける古いモノづくり。人の手の揺らぎを許容する民芸的な大らかさとの邂逅は、僕の心を強く揺さぶりました。このコラムで、それを辿る旅に出ます。
  • 長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
    長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
  • 「チルチンびと広場」コラム『神保町デイズ』街に本あり。街に味あり。街に老舗あり。街に騒めきあり。  街に人あり。……  人に日々あり。
    「チルチンびと広場」コラム『神保町デイズ』街に本あり。街に味あり。街に老舗あり。街に騒めきあり。 街に人あり。…… 人に日々あり。
  • 花咲く不思議 そのありようは 天からのおくりもの 季節の花々が道念邦子の手でちいさな卓上によみがえりわたしたちのもとにとどけられました
    花咲く不思議 そのありようは 天からのおくりもの 季節の花々が道念邦子の手でちいさな卓上によみがえりわたしたちのもとにとどけられました
  • 能登の里山での暮らしを起点にしながら、農林水産物の作り手さんと商品の企画やデザイン提案をしています。朝日新聞「里山暮らし」連載中。月に一度自宅を住み開きしながら「土地に根ざした学びの場・まるやま組」を主催。
    能登の里山での暮らしを起点にしながら、農林水産物の作り手さんと商品の企画やデザイン提案をしています。朝日新聞「里山暮らし」連載中。月に一度自宅を住み開きしながら「土地に根ざした学びの場・まるやま組」を主催。
  • 「高橋麻帆書店」という古書店があります。古書にまつわるあれこれを金沢よりご紹介していきます。
    「高橋麻帆書店」という古書店があります。古書にまつわるあれこれを金沢よりご紹介していきます。
  • 岩本清史郎商店は1913年創業。石川の伝統工芸、金沢桐工芸の桐火鉢などを四代目岩本清史郎たち3名で製作。金沢の桐工芸のほっこりした風合い、やわらかな暖かさを感じていただければ幸いです。
    岩本清史郎商店は1913年創業。石川の伝統工芸、金沢桐工芸の桐火鉢などを四代目岩本清史郎たち3名で製作。金沢の桐工芸のほっこりした風合い、やわらかな暖かさを感じていただければ幸いです。
  • 2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
    2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
  • マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
    マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
  • 木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
    木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
  • 初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
    初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
  • まちのみんなが撮る・描く・書く
長崎は今日も”イベント”日和
    まちのみんなが撮る・描く・書く 長崎は今日も”イベント”日和
  • JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
    JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
  • 住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
    住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
  • 左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
    左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
  • わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
    わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
  • 北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
    北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
  • 映画にテレビに本にイベントに……  いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
    映画にテレビに本にイベントに…… いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
  • 草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
    草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
  • いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
    いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
  • 私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
    私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
  • 「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
    「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
  • 竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
    竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
  • 埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
    埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
  • 伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
    伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
  • 採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
    採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
  • 俳人・山上薫さんは、東京生まれ、金沢暮らし。金沢きつね句会主宰。郭公同人。句集に 『海の鳥』。さて、新連載 コラムのスタートは「きつね歳時記」にふさわしい、風光る日だった。
    俳人・山上薫さんは、東京生まれ、金沢暮らし。金沢きつね句会主宰。郭公同人。句集に 『海の鳥』。さて、新連載 コラムのスタートは「きつね歳時記」にふさわしい、風光る日だった。
  • 85歳。女性建築家は、こう語る…… 材質と寸法と色の世界に入ったので、言葉と訣別した。病いを得て、感性の世界から言葉の世界へちょいと飛び移ってみた。1回で終わるか2回で終わるか、わかりませんが、よろしく。
    85歳。女性建築家は、こう語る…… 材質と寸法と色の世界に入ったので、言葉と訣別した。病いを得て、感性の世界から言葉の世界へちょいと飛び移ってみた。1回で終わるか2回で終わるか、わかりませんが、よろしく。
  • 香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
    香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
  • 北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
    北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
  • オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
    オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
  • 人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
    人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
  • 海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
    海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
  • 中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
    中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
  • お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
    お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
  • 朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
    朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
  • 漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
    漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
  • 店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
    店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
  • 何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
    何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
  • 「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
    「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
  • 岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。
    岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。

おすすめ