大阪府
  • ギャラリー
  • カフェ
  • 本
  • アート
ギャラリー・工房

Books Gallery Coffee iTohen 

 ギャラリーを、もっと誰でも気軽にリラックスした気分で楽しめる空間にしたいと2003年にオープンしました。

 若い人たちや今を生きている作家さんたちの作品を少しでも多くの人に、ゆっくりと楽しんでもらえるようにブックカフェも併設しています。

 人と絵、人と人、いろいろな縁が繋がる公民館のような場所を目指しています。
 

Books Gallery Coffee iTohen 
〒531-0073 大阪府大阪市北区本庄西2丁目14-18 富士ビル1F
Tel
: 06-6292-2812
Fax
: 06-6292-2789
OPEN
: 11:00~18:00
CLOSE
: 月,火曜日
HP
: http://www.itohen.info/
E-Mail
: ito_hen@skky.info

インフォメーション

10月5日 (金)〜10月21日(日)   中島あかね 展[ストーブ]
 中島あかねさんは、1992年生まれ。2014年第11回グラフィック「1_WALL」グランプリ/ガーディアン・ガーデンを受賞されました。2015年 武蔵野美術大学 造形学部 視覚伝達デザイン学科卒業後、現在は、関東を拠点に活動されています。中島さんの仕事を拝見したのは書店です。カニエ・ナハさんと言う詩人の本の装画に使われていました。なんとも形容しがた淡い色彩げ構成された絵です。不思議な雰囲気を放っていたのが印象的でした。印刷物で、それを感じたのだから、原画はさぞかし、、、そんな興味から企画展に発展しました。

 ぜひ、期間中に足をお運びくださいませ。

 *

 「昨年のVACANTでの個展「庭で泳ぐ」を見てくれたマメイケダさんがiTohenの鯵坂さんに絵を紹介してくれて、開いてもらうことになった展示です。昨年の「庭で泳ぐ」ではここ3年ほどにかいた絵をまとめて見せる機会でしたが、今回の「ストーブ」ではそのあと新しく作ったものを持って行こうと考えています。ひっそりストーブの火がつき始めるようなかんじにしたいです。大阪での展示は初めてというのもありすごく楽しみです。ぜひたくさんの方にお越しいただきたいです。iTohen鯵坂さん、マメさんありがとうございます。」

  日 時:2018年10月5日 (金)〜10月21日(日)
      11:00~18:00
  場 所:iTohen
      大阪府大阪市北区本庄西2-14-18

 - 中島あかね -
 1992年生まれ東京在住。
 2014年ごろより鉛筆によるドローイングをはじめる。絵とイラストレーションの制作をします。
 2017年 個展「庭を泳ぐ」、VACANT、東京
 2017年 グループ展「Trax Selection 2017」、ギャラリートラックス、山梨
 2016年 個展「ちょっとさわる」、ギャラリートラックス、山梨
 2016年 グループ展「Memories/things」、Open Letter、東京
 2015年 個展「レジャー」、ガーディアン・ガーデン、東京

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
04 October 2018

9月7日 (金)〜9月23日(日)   伊島薫 写真展「私の身近で気になる存在」
 私の作品は、ただただ私が見てみたい、私が気になるものやことを写真というメディアを使って制作しているものであり、それを同じように面白がってくださる方が購入し、部屋に飾るなり、引き出し等にしまっておいて時々それを取り出して鑑賞してくださる。そういう使われ方が私の喜びであり、私の仕事であると考えます。

 このたび、ギャラリー・ブック・カフェ“iTohen”におきましては、インスタグラムから拾った他人の画像を私が勝手に加工したもの、路上で見つけた落下物(タバコの吸殻や紙くず、果物、ビニール袋の破片などのゴミ)をiPhoneで撮ったもの、私が切った自分の爪の残骸を顕微鏡カメラで撮影したもの、という、ほとんど私の日常生活の中で見つけた非常に個人的な興味を映像化したものを展示、販売いたします。

  日 時:2018年9月7日 (金)〜9月23日(日)
      11:00~18:00
  場 所:iTohen
      大阪府大阪市北区本庄西2-14-18

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
06 September 2018

8月3日(金)~8月26日(日)   阿部海太 絵本原画展「Pictures for Books Books for Pictures」
 coffee books gallery iTohen<大阪市北区本庄西>にて、阿部海太の絵本原画展を開催致します。

 現在神戸を拠点に絵描き、絵本描きとして活動を続ける阿部海太は、2016年に刊行されたデビュー作『みち』(リトルモア)を皮切りに、この2年間で『みずのこどもたち』(佼成出版社)、『めざめる』(あかね書房)、そして今年5月刊行の『はじまりが見える 世界の神話』(創元社)と、計4冊の絵本を立て続けに発表しました。

 今展示では、以上4冊の原画を一同に展示する初めての試みとなります。

 また絵本原画に加え、新たなテーマをもとに制作された描き下ろし作品の展示販売も合わせて行います。

  日 時:2018年8月3日(金)~8月26日(日)
      11:00~18:00
  場 所:iTohen
      大阪府大阪市北区本庄西2-14-18
27 July 2018

7月6日(金)~7月29日(日)   _act_ LAYER Koji Shiroshita+TACO Exhitibition
 ここiTohenでは、4年ぶりの開催です。期間中、様々なトークイベントをご用意しております。この機会にぜひ足をお運びください。

  日 時:2018年7月6日(金)~7月29日(日)
      11:00~18:00
  場 所:iTohen
      大阪府大阪市北区本庄西2-14-18
      富士ビル1F

 ■お話し会
 本展だけの特別営業(土曜日・20時閉店)を利用して、すこし気軽でざっくばらんな座談会を行います。各回にゲストをお招きし、「絵」にまつわるテーマで話し合います。会話に参加するのも、聞き耳を立ててその場にいるのもご自由に。

 dialog 1:ATELIER
 阿部海太(絵描き・絵本描き)
 宇加治志帆(美術作家)
 マリアーネ(美術作家 )

  日 時:2018年7月14日(土)

 dialog 2:DESIGN
 大田高充(グラフィックデザイナー/アーティスト)
 makomo(おもしろメーカー)
 山内庸資(イラストレーター)
 
  日 時:2018年7月21日(土)
 
 dialog 3:GALLERY
 鯵坂兼充(iTohen/SKKY)
 池田敦(ondo / G_GRAPHICS INC.)
 原康浩(ARTspace & BAR アトリエ三月)

  日 時:2018年7月28日(土)

 ※17:00ごろからゆるやかにはじまります。
 ※ご予約不要/ご来店のワンドリンクオーダーをお願いします。

 ■トーク

 dialog 4:AUDIENCE
 協力者の視点 =大岡由和(hitoto)
 對中剛大(タイナカ_オフィス代表/山のテーブル主宰)
 松嶋友紀(PINE TREE TRANSLATION)

  日 時:2018年7月29日(日)15:00~16:00
  参加費:1,000円(ワンドリンク付)
      ※要予約( iTohenウェブサイトより)

 ■ぽんこつ珈琲(木塚國力)

  日 時:2018年7月28日(土)、29日(日)
      お昼ごろから夕方まで

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
05 July 2018

6月29日(金)~7月1日(日)   辛さを幸せに変える3日間
 NPO法人スウィングの仲間たちと触れ合いながら、彼らと私たち(近大 文化デザイン学科)の抱える生き辛さに、たいして違いは無いと感じました。

 展覧会にお越し下さる皆様と共にその生き辛さを共有し、”辛さ”を”幸せ”に変える手助けの場となるようなイベントを開催いたします。

 どうぞ、お気軽に足をお運びください。

  日 時:2018年6月29日(金)~7月1日(日)
      11:00~18:00
  場 所:iTohen
      大阪府大阪市北区本庄西2-14-18
      富士ビル1F

 - 近畿大学 文芸学部 文化デザイン学科 森口ゼミⅢ -
 宮下奏穂 / 仲山由珠
 九條小百合 / 大野木萌
 伊藤梨花 / 坂野天斗
 高崎愛衣 / 鄒珺
25 June 2018

6月1日(金)~6月17日(日)   オザキマサキ 写真展「FLY」
 大人になる=飛べなくなる

 あたりまえのように様々な思いが邪魔をする。「不安」、「恐れ」、「他人の目」…

 自分にはできないと立ち尽くしてしまう。考えたってわからない、目をつむってでも飛びこむしかない。

 子供たちのように自由に生きていきたい。

 ————————————————————————–

 子供たちが自然の中を自由に走り回っていることが、当り前の世の中であることを強く願っています。写真を通して子供たちのエネルギーを感じて頂けると嬉しいです。

  日 時:2018年6月1日(金)~6月17日(日)
      11:00~18:00
      ※OPEN 金・土・日曜日
  場 所:iTohen
      大阪府大阪市北区本庄西2-14-18
      富士ビル1F

 - オザキマサキ -
 1974年広島県呉市生まれ。滋賀県高島市在住。写真家。

 ※詳細は当方サイト、FBやtwitterなどで随時、お知らせ致します。
 ※期間中、月曜〜木曜は定休日です。作品をご覧になりたい方は、ぜひご連絡ください。ご連絡を頂けると、定休日以外でもご覧頂けます。電話=06-6292-2812またはcontactよりご連絡ください。尚、ご入店の際には、1ドリンクをご注文下さいませ。
28 May 2018

5月4日(金・祝)~5月20日(日)   ササキエイコ 展「ありふれた空洞」
 iTohenでは、初の発表となりました。現在、関東を中心に展覧会での作品発表と挿画などのイラストレーションの現場でも活躍されるササキエイコさんの展覧会です。彼女の作品の魅力をご自分の目で確かめて頂ける機会になりますよう。是非、この期間中に足をお運びくださいませ。

 *

 目覚める度にからっぽのいれものになる
 透ける水を入れ、攻撃的な色の花を挿したり
 時には壊れた言葉やうるさいがらくたのようなものを投げ入れられても
 部屋には無数の穴、
 翌日にはありふれた空洞が転がっている

  日 時:2018年5月4日(金・祝)~5月20日(日)
      11:00~18:00
      ※OPEN 金・土・日曜日
  場 所:iTohen
      大阪府大阪市北区本庄西2-14-18
      富士ビル1F

 - ササキエイコ EIKO SASAKI -
 1989年兵庫県生まれ。京都精華大学イラストレーションコース卒業。アクリル絵の具によるペインティング+コラージュの手法でビジュアルを制作。「HB FILEコンペ Vol.24」永井裕明賞。最近の仕事に『濱地健三郎の霊なる事件簿』(有栖川有栖 著、角川書店)装画、王舟「Thailand」(felicity)カセットテープのアートワークなど。

 ■期間中、ササキエイコさんによるライブドローイングを開催します。

  日 時:2018年5月5日(土)
      16:00~ 約1時間(時間を越える場合は、ご了承ください)
  参加費:1,000円(1ドリンクをお付けして)

 ※詳細は当方サイト、FBやtwitterなどで随時、お知らせ致します。
 ※期間中、月曜〜木曜は定休日です。作品をご覧になりたい方は、ぜひご連絡ください。ご連絡を頂けると、定休日以外でもご覧頂けます。電話=06-6292-2812またはcontactよりご連絡ください。尚、ご入店の際には、1ドリンクをご注文下さいませ。
02 May 2018

4月6日(金)〜4月22日(日)   坂巻弓華 個展 “Happy Delivery”
 ここiTohenでは初のご披露となります。東京は北千住でO’Keeffeと言うケーキと珈琲を頂けるお店があります。ここの店主の井上さんは絵がお好きなようで、このスペース内で様々な展示を常に開催されています。京都在住の作家:城下浩伺さんや、マメイケダさんもこちらで展示をされました。必然的に、井上さんのSNSを見るようになり、そこで坂巻さんの存在を知ったのです。デジタル越しに性急な判断は出来ませんが、何か心地の良い引っ掛かりがありました。原画を観てみたい。そして関西の方々にも紹介したい。そんな気持ちで展覧会を企画しました。

 展覧会が近づき、“あのこは少しあたまがへん”と言う言葉が添えられた、ペラペラの紙に水彩絵具で描いた絵が一枚、手元に届きました。胸元には、ハッピーデリバリーと書かれています。幸せ配達と訳せば安直でしょうか。落書きなのかなんなのか一見するとよくわからない絵。でも作者の「筆の走り」を見る限り、なんとなくの調子でこの絵は描いていないだろう感じました。人に媚びない表現をする人物なんだろう。と、言うことは、自分自身にも媚びていないはず。それはとても勇気のいることです。なぜなら誰もが他人の目を気にして生きているはずだから。だから、彼女の仕事が気になって仕方がないのです。わかりやすさがますます求められるようになった今。だからこそ、この姿勢が気になる。ここ大阪では、初のお披露目となった今展。ぜひ、ご自分の目でわかりにくさの「その向こう側」を覗きにいらして下さい。

 記載 鯵坂兼充

  日 時:2018年4月6日(金)〜4月22日(日)
      11:00~18:00
      ※OPEN 金・土・日曜日
  場 所:iTohen
      大阪府大阪市北区本庄西2-14-18
      富士ビル1F

  - 坂巻弓華 sakamaki yuk -
 1986年 東京生まれ
 短大ではデザインを選考。卒業制作以降は独学で絵を描き続けています。水彩、アクリル、墨、鉛筆など、その時々で使う画材は様々です。人物、くまのぬいぐるみ、猫をよく描きます。趣味は読書、古着屋へ行くこと。

 ▪︎坂巻弓華さんの展覧会の開催を記念して、トークイベントを開きます。この機会にぜひ、お気軽に作家本人の話を聞きにいらしてください。

  日 時:2018年4月21日(土)17:00〜18:00
  参加費:1,000円(1ドリンクをお付けして)

 ※ご予約は[TEL]060-292-2812 また当サイト<contact>ページよりご予約ください。
 ※期間中、金曜日〜日曜日のみのオープンです。尚、御入店の際には、1ドリンクのオーダーを御願いしております。
05 April 2018

3月2日(金)~3月25日(日)   森 善之 写真集「面影の伽耶」出版記念展
 京都の宇治で、自身でも<ナナクモ>と言う展示が出来るスペースをお持ちの写真家:森善之(もりよしゆき)さんの展覧会です。

 ジャパングラフと言う活動も続けている森さん。今回は、約30年前に単身で出掛け、撮影してきた韓国は釜山の『伽耶(がや)』の展示をご披露です。

 あわせて、当方でデザインの仕事を引き受け、その写真集を準備中です。期間中、販売も予定しております。ぜひ、ご期待くださいませ。

 記載:鯵坂 兼充(あじさかかねみつ)

 この写真集は、1984年から87年にわたり私が韓国を旅して撮影していた作品です。30年以上も前のものですが、あらためて韓国における時間の経過と時代の移り変わりを感じさせてくれるものです。そして日本人にとっての韓国とは?という問いかけでもあります。期間中、ぜひご来場ください。

 記載:森 善之(もりよしゆき)

  日 時:2018年3月2日(金)~3月25日(日)
      11:00~18:00
      ※OPEN 金・土・日曜日
  場 所:iTohen
      大阪府大阪市北区本庄西2-14-18
      富士ビル1F

 ■トークイベントのお知らせ

  日 時:2018年3月24日(土)
      15:00~16:00
  進 行:鯵坂兼充
  スピーカー:森善之
  ゲスト:ベ・サンスン(美術作家)
  参加費:1,000円(1ドリンクをお付けして)

 ※期間中、金曜日~日曜日のみのオープンです。尚、御入店の際には、1ドリンクのオーダーを御願いしております。ご了承くださいませ。
20 February 2018

2月2日(金)~2月18日(日)   松浦知子個展「わかりあえない」
 iTohenでは、初の発表となります。是非、ご期待くださいませ。(期間中、月曜~木曜は休廊です。作品をご覧になりたい方は、ぜひご連絡ください。ご連絡を頂けると、休廊日以外でもご覧頂けます。電話=06-6292-2812またはcontactよりご連絡ください。)

 *
 例えば、祭りの後の大量のゴミ山を見た時や、指が3本しか無い人を見た時、もう死んでしまった人のことを思い出す時のあのよくわからんモヤーッとした気持ちになった時、私は絵がすごく描きたくなる。

 描きたくなって、描いて、描きあげた絵を、今回の個展「わかりあえない」で展示いたします。

 どの絵も大切に大切に描きました。ぜひ見に来て頂けると嬉しいです。

 松浦知子

  日 時:2018年2月2日(金)~2月18日(日)
      11:00~18:00
      ※OPEN 金・土・日曜日
  場 所:iTohen
      大阪府大阪市北区本庄西2-14-18
      富士ビル1F

 - 松浦知子 -
 大阪芸術大学美術学科出身。大阪玉造にあるアートスクール、アトリエe.f.t.の講師をしながら、作品を制作しています。
17 January 2018
 

COLUMN

  • 長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
    長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
  • 木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
    木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
  • 住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
    住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
  • 能登の里山での暮らしを起点にしながら、農林水産物の作り手さんと商品の企画やデザイン提案をしています。朝日新聞「里山暮らし」連載中。月に一度自宅を住み開きしながら「土地に根ざした学びの場・まるやま組」を主催。
    能登の里山での暮らしを起点にしながら、農林水産物の作り手さんと商品の企画やデザイン提案をしています。朝日新聞「里山暮らし」連載中。月に一度自宅を住み開きしながら「土地に根ざした学びの場・まるやま組」を主催。
  • 初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
    初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
  • 「高橋麻帆書店」という古書店があります。古書にまつわるあれこれを金沢よりご紹介していきます。
    「高橋麻帆書店」という古書店があります。古書にまつわるあれこれを金沢よりご紹介していきます。
  • マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
    マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
  • 繍芸家・中川智映子作品展です。「祖父が遺した九谷焼の皿を刺繍糸で刺しながら、その形を再現したのがきっかけで、身近なものをオリジナルな技法でつくってきました」
    繍芸家・中川智映子作品展です。「祖父が遺した九谷焼の皿を刺繍糸で刺しながら、その形を再現したのがきっかけで、身近なものをオリジナルな技法でつくってきました」
  • “ 健康の工房 ”へ、ようこそ。ここは、料理教室あれば、セラピーあり。美味しくて、体にいいこと、教えます。
    “ 健康の工房 ”へ、ようこそ。ここは、料理教室あれば、セラピーあり。美味しくて、体にいいこと、教えます。
  • 山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
    山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
  • 日本の片隅に生き続ける古いモノづくり。人の手の揺らぎを許容する民芸的な大らかさとの邂逅は、僕の心を強く揺さぶりました。このコラムで、それを辿る旅に出ます。
    日本の片隅に生き続ける古いモノづくり。人の手の揺らぎを許容する民芸的な大らかさとの邂逅は、僕の心を強く揺さぶりました。このコラムで、それを辿る旅に出ます。
  • 映画にテレビに本にイベントに……  いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
    映画にテレビに本にイベントに…… いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
  • 2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
    2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
  • 築150年の酒屋を改装し、苔をテーマにアトリエを作りました。自然の恵みに感謝と畏怖の念を忘れずに、植物・苔のひそかで不思議な世界を紹介していきます。
    築150年の酒屋を改装し、苔をテーマにアトリエを作りました。自然の恵みに感謝と畏怖の念を忘れずに、植物・苔のひそかで不思議な世界を紹介していきます。
  • 「チルチンびと広場」コラム『神保町デイズ』街に本あり。街に味あり。街に老舗あり。街に騒めきあり。  街に人あり。……  人に日々あり。
    「チルチンびと広場」コラム『神保町デイズ』街に本あり。街に味あり。街に老舗あり。街に騒めきあり。 街に人あり。…… 人に日々あり。
  • 花咲く不思議 そのありようは 天からのおくりもの 季節の花々が道念邦子の手でちいさな卓上によみがえりわたしたちのもとにとどけられました
    花咲く不思議 そのありようは 天からのおくりもの 季節の花々が道念邦子の手でちいさな卓上によみがえりわたしたちのもとにとどけられました
  • JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
    JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
  • 左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
    左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
  • わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
    わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
  • 北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
    北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
  • 草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
    草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
  • いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
    いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
  • 私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
    私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
  • 「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
    「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
  • 竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
    竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
  • 埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
    埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
  • 伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
    伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
  • 採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
    採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
  • 香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
    香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
  • 北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
    北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
  • オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
    オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
  • 人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
    人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
  • 海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
    海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
  • 中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
    中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
  • お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
    お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
  • 朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
    朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
  • 漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
    漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
  • 店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
    店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
  • 何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
    何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
  • 「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
    「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
  • 岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。
    岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。

おすすめ