東京都
  • ギャラリー
  • アート
  • カフェ
  • コーヒー
  • 絵本
ギャラリー・工房

ヨロコビto Gallery Café Artcard

 ヨロコビトは『日常にアート』をテーマに作家と人々の暮らしをつなげるギャラリーです。絵と絵葉書の企画販売を通じて作家の創作活動を応援します。

 西荻窪駅南口を出て徒歩5分。線路沿いの平和通りを荻窪方面にまっすぐ進み、右手に見えてくるポストの先を右に曲がると、ヨロコビトギャラリーがあります。入って手前がギャラリーで、奥はオリジナル絵葉書の販売コーナーとカフェになっています。

 ギャラリーでは常時企画展を開催し、50点以上の作品を展示販売。応援している作家30名の絵葉書は300種類以上!なかには、知的障がい者の方が一枚一枚漉いた紙に金箔でアート作品を手刷りした、プレミアムな絵葉書も。カフェではこだわりのコーヒーや、季節のフルーツを使った手作りタルト、サンドイッチの軽食をご用意しています。アート作品や絵本をご覧いただきながら、小さなお子さま連れのお客様にもくつろいでいただける空間です。
 

ヨロコビto Gallery Café Artcard
〒167-0053 東京都杉並区西荻南3-21-7
Tel
: 03-5941-7686
Fax
: 03-5941-7686
OPEN
: 平日 12:00~20:00/土曜日 11:00〜20:00/日,祝日 11:00〜19:00
CLOSE
: 月曜日
HP
: http://yorocobito-g.com
E-Mail
: info@yorocobito.co.jp

インフォメーション

3月11日(水)~3月29日(日)   長浜孝広展「It’s a long beach day.」
 「描くことは、言葉で伝えるよりも不器用で、思い通りにならなくて、時間がかかる。けれども、風や、光や、匂いや、かさかさと足にあたる草花や、かすかな虫の声や。確かに感じた、かけがえのない時間の記録には、どうしても言葉では足りないのです。」

 長浜孝広の柔らかな描写が形づくる情景。忘れたくない思い出が、懐かしい香りとともに沁み入る。長浜作品の空気を感じてほしい。

  日 時:2020年3月11日(水)~3月29日(日)
      12:00~20:00
      ※土曜日 11:00~
       日・祝日 11:00~19:00
      ※休廊日 月曜日
  場 所:ヨロコビtoギャラリー
      東京都杉並区西荻南3-21-7

 - 長浜孝広 Takahiro Nagahama -
 1972年 石川県生まれ。
 1987年 国際居住年切手デザインコンペ グランプリ。
 1995年・1997年 トリックアートコンペ 優秀賞。
 2002年 グラフィックアート『ひとつぼ展』グランプリ。
 2003年 ガーディアンガーデンにて個展『訳あり動物園』。
 2008年 ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ 入賞。
 2012年 トヤマ国際ポスタートリエンナーレ 入賞 ほか。
 広告、キャラクター、教科書、雑誌、新聞、絵本などのイラストレーションを手がける。
03 March 2020

2月19日(水)~3月8日(日)   西谷直子展「Line Land」
 白い紙に点をのせ、線を泳がせ、出発点に再びもどる一連の作業。

 その限りなく自由な散歩、長い数秒間の放蕩に、西谷直子は心をときめかせ、描く。

 多様ないきものも、世界の悲しみも幸せも、ひとつの線で繋がっている。

 そこには出発点も終点もない。どんなかたちも伸ばせばひとつの輪っかになる。

 「線:Line」が創造する様々なかたちの中を、重力から解き放たれたいきものたちが自由に「上陸:Land」する世界。

 線に導かれて旅をする、ここは西谷の「Line Land」。

  日 時:2020年2月19日(水)~3月8日(日)
      12:00~20:00
      ※土曜日 11:00~
       日・祝日 11:00~19:00
      ※休廊日 月曜日
       祝日の月曜も休廊いたします。
  場 所:ヨロコビtoギャラリー
      東京都杉並区西荻南3-21-7

 - 西谷直子 Naoko Nishitani -
 東京都生まれ。イラストレーター。武蔵野美術大学短期大学部生活デザイン学科専攻科修了。1994年 グラフィック「ひとつぼ展」グランプリを受賞。同年にピンポイントギャラリー、1995年 ガーディアンガーデンにて個展。以降、企画展・グループ展への参加をはじめ、個展にて意欲的に作品を発表している。語学教本、企業案内、広告、挿絵、ウォールアートにも作品を提供。
10 February 2020

1月29日(水)~2月16日(日)   藤川孝之展「いろとかたち フジカワの絵」
 色彩と形による表現。 顔料と膠を使って描かれた、重なるマチエール。

 それはまるで目を開けてみる夢のような。

 静謐だか、どこかザラザラとした絵の具が香る。

 藤川孝之の絵は、それでも、柔らかく、はっきりと、ここにある。

  日 時:2020年1月29日(水)~2月16日(日)
      12:00~20:00
      ※土曜日 11:00~
       日・祝日 11:00~19:00
      ※休廊日 月曜日
       祝日の月曜も休廊いたします。
  場 所:ヨロコビtoギャラリー
      東京都杉並区西荻南3-21-7

 - 藤川孝之 Takayuki Fujikawa -

 1962年 大阪府生まれ。画家。1984年 金沢美術工芸大学 油絵科卒。大学卒業後に銅版画を習得、その後1996年より3年間フランス パリへ渡り素描を学ぶ。自アトリエを公開しての「アトリエ展」をはじめ、全国各地でドローイングやコラージュ作品の展示開催やライブドローイングなどを実施し、意欲的に作品を発表している。大切な何かをその場で素描する「フジカワデッサン」を2010年より開始。同年よりアトリエショップとして「フジカワエハガキ」を主宰。
23 January 2020

1月7日(火)~1月26日(日)   小川かなこ展「あいうえお」
 ひらがな50音から始まる物、景色、出来事、思い出を描いた『あいうえお』展。

 つややかな漆黒の風景のなかで、こどもや動物、草木たちが動き出す。

 ガラス絵のように透明フィルムの裏から色を重ねて描く手法は、小川かなこ独自のものだ。

 画面を自由に走るリズミカルな筆致が心地良い。

 「自分の琴線に触れる絵を描きたい」と語る、小川の思いをまっすぐに受け止めた作品には、純粋な輝きがある。

  日 時:2020年1月7日(火)~1月26日(日)
      12:00~20:00
      ※土曜日 11:00~
       日・祝日 11:00~19:00
      ※休廊日 月曜日
       祝日の月曜も休廊いたします。
  場 所:ヨロコビtoギャラリー
      東京都杉並区西荻南3-21-7

 - 小川かなこ Kanako Ogawa -

 東京都生まれ。イラストレーター。
 2008年「第7回 TIS公募展」大賞受賞など受賞歴多数。広告、CDジャケット、書籍の装画、雑誌の挿絵、絵本など幅広く活躍している。著書にこどものとも年少版「パンダのそふとくりーむやさん」(福音館書店)がある。

 主な受賞歴
 2004年 “第155回 玄光社 ザ・チョイス” 入選
 2008年 ペーターズギャラリーコンペ 網中いづる賞受賞
 2008年 第7回TIS公募展 大賞受賞
 2010年 “第172回 玄光社 ザ・チョイス” 入選
 2011年 日仏コラボチョイス Costume 3Pieces賞受賞
21 December 2019

12月11日(水)~12月25日(水)   10人が描いた “アートの贈物” クリスマス特別展「10 ARTISTS OF SANTA CLAUS」
 イラストレーター、画家、グラフィックデザイナーなど、さまざまな領域で活動する10人の作家が心を込めて描いた、クリスマスや季節の「贈物」のための宝物ように美しく愛おしい小さな絵の展覧会。

 『日々の暮らしに一枚の絵がもたらす楽しさやこころの豊かさを、大切なひとへ贈る』そんな提案とコンセプトのもと、各作家がモチーフや表現を選び制作しました。

 展示作品は、飾りやすさや手に取りやすさに配慮しただけでなく、購入後には「贈物」として即時持ち帰り可能な点も本展の特徴のひとつです。

  日 時:2019年12月11日(水)~12月25日(水)
      12:00~20:00
      ※土曜日 11:00~
       日・祝日 11:00~19:00
      ※休廊日 月曜日
      但し、12月23日(月)は休まず営業します。
  場 所:ヨロコビtoギャラリー
      東京都杉並区西荻南3-21-7

 - 出品作家(50音順)-
 有瀬龍介 / 越後しの / えんどうゆりこ
 杉山 巧 / 杉山陽平 / ただあやの / 西谷直子
 水沢そら / ミヤハラヨウコ / 若林哲博
02 December 2019

11月20日(水)~12月8日(日)   奥原しんこ 展「Deja vu」
 初めて歩いた場所なのに、以前来たことがあるような気持ちになることがある。

 Deja vu(デジャヴュ)のような感覚。それはどこか懐かしい。

 奥原しんこは「この景色を描きたい」と思う瞬間に「デジャヴュ」のような感覚に包まれるという。

 庭先の草花やいつも歩く道にある木々を眺める時にも、初めて歩く旅先の景色を眺める時にも。

 遠く淡い思い出のような、リアルで鮮やかな夢のような、「デジャヴュ」の感覚を奥原作品のなかに見てほしい。

  日 時:2019年11月20日(水)~12月8日(日)
      12:00~20:00
      ※土曜日 11:00~
       日・祝日 11:00~19:00
      ※休廊日 月曜日
       祝日の月曜も休廊いたします。
  場 所:ヨロコビtoギャラリー
      東京都杉並区西荻南3-21-7

 - 奥原しんこ Shinko Okuhara -

 1973年 宮城県生まれ。東京都在住。
 横浜美術短期大学、セツ・モードセミナー 卒業。
ペインティングやドローイング、コラージュ、版画などの表現手法で作品を制作。主な仕事は、広告、書籍、雑誌、CDジャケット、パッケージなどのアートワーク。

 主な展覧会・受賞歴
 2017年 “Retrospective exhibition” Spatzle 個展(東京)
 2016年 “原風景” hpgrp TOKYO GALLERY 3人展(東京)
 2014年 “La promenade” GALLERY MAISON D‘ART 個展(大阪)
 2013年 “おちこち” hase 個展(名古屋)
 2012年 “そのつづき” saicoro 個展(東京)
 2009年 “花嫁の手紙” H.P.FRANCE WINDOW GALLERY 個展(東京)、
    “The Other Land” LEEAHN GALLERY グループ展(韓国)
 2008年 “Sleeping figure” SCAI THE BATHHOUSE 個展(東京)、
Atlantica Gallery 個展(イタリア)
 2005年 “ある風の強い日に” PARCO LOGOS GALLERY 個展(東京)
 2004年 “KU U KI” Gurdian Garden 個展(東京)
 2000年 “第16回ひとつぼ展” 入選 Gurdian Garden 公募展(東京)
 1999年 “第13回ひとつぼ展” 入選 Gurdian Garden 公募展(東京
 1997年 “第15回玄光社 ザ・チョイス” 優秀賞 公募展(東京)
 1993年 “URBAN ART#2” 入選 PARCO 公募展(東京)
12 November 2019

10月30日(水)~11月17日(日)   嶽まいこ 展「めずらしい風景」
 たとえば、その木陰に、流れる星屑に、少女の見つめる先に。「嶽まいこ」の描く静かな風景には何かが起こりそうな気配が満ちている。あるいは物語はすでに始まっているのかもしれない。

 今回の展示では、『めずらしい風景』をテーマに、作家がこれまであまり手にしてこなかった画材である水彩絵の具や墨を用いた作品を発表する。その深々とした色彩の美しさに誘われて、作品の世界に足を踏み入れれば、はっと息を呑むような物語の予感に胸がざわつくことだろう。

  日 時:2019年10月30日(水)~11月17日(日)
      12:00~20:00
      ※土曜日 11:00~
       日・祝日 11:00~19:00
      ※休廊日 月曜日
       祝日の月曜も休廊いたします。
  場 所:ヨロコビtoギャラリー
      東京都杉並区西荻南3-21-7

 - 嶽まいこ Maiko Dake -
 1985年 石川県生まれ。東京都在住。
 2008年 金沢美術工芸大学 視覚デザイン専攻 卒業。
 フリーランスのイラストレーター・漫画家として活動している。
 広告、書籍、雑誌、Web、パッケージなどにイラストレーションを提供する一方、“日常の中のふしぎなモノ・コト”をテーマに、個展やグループ展で作品を発表。

 絵本『すきなひと』(岩崎書店)。
 漫画『世にも奇妙なスーパーマーケット』(ハツキス 講談社)、『なんてことない ふつうの夜に』『はたらけ!睡魔さん』(祥伝社)ほか。
24 October 2019

10月9日(水)~10月27日(日)   あけたらしろめ 展「今日はたのしい」
 夢は世界の子どもに愛される絵本をつくること。
 美術館をつくること。

 「あけたらしろめ」の7年間の活動を振り返り、彼が誕生させた双子のキャラクターである「シロとメロ」の物語や、二人と一緒に生み出したデザインとイラストの数々を展示する。

 シロとメロを描き始めたことは、あけたらしろめ自身の創作の起点であり、二人は彼の頭の中の世界と時間軸に生き、いまも冒険や成長を繰り返している。

 今展示に向け制作された初の作品集の中に、こんな言葉が編まれている。

 「どんな時代も困難だ、みんな自分のために生きている。どうせつらくても生きるなら毎日楽しくやろう、僕が何かの役に立つなら、なるべくたくさん描くし」。

 あけたらしろめ初個展『今日はたのしい』に込めた思いでもある。

  日 時:2019年10月9日(水)~10月27日(日)
      12:00~20:00
      ※土曜日 11:00~
       日・祝日 11:00~19:00
      ※休廊日 月曜日
       祝日の月曜も休廊いたします。
  場 所:ヨロコビtoギャラリー
      東京都杉並区西荻南3-21-7

 ■アライヨウコ ライブ

  日 時:2019年10月20日(日)
      開場17:00 / 開演17:30
  料 金:ワンドリンク付1,500円(税込)

 - あけたらしろめ -
 1988年 愛知県生まれ。モノクロ画家、デザイナー。
 2011年 多摩美術大学 プロダクトデザイン専攻を卒業。
 音響機器メーカーでプロフェッショナル向け音楽制作機器のプロダクトデザインに携わる傍ら、「シロとメロ」という双子のキャラクターをモチーフにした作品を発表し、作家活動を展開。展覧会やライブペイント、グッズ展開、音楽CDのアートワーク、MV制作など、アウトプットの手法や領域は多岐に渡る。「あけたらしろめ のアトリエ」主宰。「ブルーパドル」所属。
30 September 2019

9月18日(水)~10月6日(日)   村松佑樹 展「STILL LIFE」
 静かに生きているもの。
 ゆっくり変わっていくもの。
 見えないけれどそこにあるもの。
 その一つひとつを見つめ、丁寧に感じ取ってゆく。

 村松佑樹は、「見る」ということがどういうことなのかを「描くこと」で理解している。

 葉の重なりと空間とが織り成す模様、うねる植物の幹や、連なる陶器の装飾は、村松の見たものの象徴であり、具体である。

 それらを体の中に取り込む時にできた「澱(よどみ)」のようなものを、今企画個展「STILL LIFE」では描いている。

  日 時:2019年9月18日(水)~10月6日(日)
      12:00~20:00
      ※土曜日 11:00~
       日・祝日 11:00~19:00
      ※休廊日 月曜日
  場 所:ヨロコビtoギャラリー
      東京都杉並区西荻南3-21-7

 - 村松佑樹 -
 1988年、山梨に生まれる。アーティスト/イラストレーター。東京工芸大学 芸術学部 デザイン学科 卒業。植物や生活の道具・陶器などをモチーフに、ペインティング、ドローイング、立体などの作品を制作している。
 近年は、ギャラリスト(gallery TOWED 主宰)としても活動している。

 [主な受賞歴]
  2008年 第7回 TIS公募展 入選
  2011年 第10回 TIS公募展 入選(審査員賞受賞:南 伸坊 選)
 2012年 ワンダーシード2012 入選
 2017年 第204回 玄光社「ザ・チョイス」入選(たむらしげる 選)
 2018年 ワンダーシード2018 入選
      第19回 グラフィック「1_WALL」審査員奨励賞 大日本タイポ組合 選
  2019年 第211回 玄光社「ザ・チョイス」準入選(佐藤亜沙美 選)
14 September 2019

8月28日(水)~9月15日(日)   杉山陽平 展「花」
 「なぜ、その花は美しいのか?」

 ふと出会った花を見て、そんな思いにかられることがある。

 形や色、質感に魅了されることもあれば、何かと組み合わさることで美を感じることもある。

 その花から別の美しいものを連想させてくれることさえある。

 杉山陽平は「美しさ」の正体に迫り、描く。

 色や形、印象、背景など、様々な構成要素やアイデアを足したり削ったりしながら選んだ花の魅力と向き合い、それぞれを象徴的に表現した。

 杉山が導き出した「美しさ」の答えを、巧緻な筆致で構築された花々の世界に見ることができるだろう。

  日 時:2019年8月28日(水)~9月15日(日)
      12:00~20:00
      ※土曜日 11:00~
       日・祝日 11:00~19:00
      ※休廊日 月曜日
  場 所:ヨロコビtoギャラリー
      東京都杉並区西荻南3-21-7

 - 杉山陽平 -
 1980年 金沢生まれ。
 イラストレーター、グラフィックデザイナー。
 金沢美術工芸大学視覚デザイン科卒業。
 抽象と具象の狭間からモチーフの本質を掘り起こすアートワークを目指す。
 和を感じるものから乗り物や機械、人間まで、多岐にわたるモチーフを
 デジタルとアナログなど様々な手法で描く。

 第133回 玄光社「ザ・チョイス」入選
 第14回・15回 「HB FILE コンペ」仲條正義 特別賞 ほか
20 August 2019
 

COLUMN

  • “ 健康の工房 ”へ、ようこそ。ここは、料理教室あれば、セラピーあり。美味しくて、体にいいこと、教えます。
    “ 健康の工房 ”へ、ようこそ。ここは、料理教室あれば、セラピーあり。美味しくて、体にいいこと、教えます。
  • 能登の里山での暮らしを起点にしながら、農林水産物の作り手さんと商品の企画やデザイン提案をしています。朝日新聞「里山暮らし」連載中。月に一度自宅を住み開きしながら「土地に根ざした学びの場・まるやま組」を主催。
    能登の里山での暮らしを起点にしながら、農林水産物の作り手さんと商品の企画やデザイン提案をしています。朝日新聞「里山暮らし」連載中。月に一度自宅を住み開きしながら「土地に根ざした学びの場・まるやま組」を主催。
  • 「高橋麻帆書店」という古書店があります。古書にまつわるあれこれを金沢よりご紹介していきます。
    「高橋麻帆書店」という古書店があります。古書にまつわるあれこれを金沢よりご紹介していきます。
  • 散歩に行き、何か見つけては持ち帰り、並べて眺める。ふと、モノのかたちや経験にふれ、自分の時間が動き始める気がする。素材のかたちを楽しむ自由な工作。「軽彫刻」と呼んでいる。
    散歩に行き、何か見つけては持ち帰り、並べて眺める。ふと、モノのかたちや経験にふれ、自分の時間が動き始める気がする。素材のかたちを楽しむ自由な工作。「軽彫刻」と呼んでいる。
  • 「チルチンびと広場」コラム『神保町デイズ』街に本あり。街に味あり。街に老舗あり。街に騒めきあり。  街に人あり。……  人に日々あり。
    「チルチンびと広場」コラム『神保町デイズ』街に本あり。街に味あり。街に老舗あり。街に騒めきあり。 街に人あり。…… 人に日々あり。
  • 長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
    長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
  • 築150年の酒屋を改装し、苔をテーマにアトリエを作りました。自然の恵みに感謝と畏怖の念を忘れずに、植物・苔のひそかで不思議な世界を紹介していきます。
    築150年の酒屋を改装し、苔をテーマにアトリエを作りました。自然の恵みに感謝と畏怖の念を忘れずに、植物・苔のひそかで不思議な世界を紹介していきます。
  • 山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
    山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
  • 日本の片隅に生き続ける古いモノづくり。人の手の揺らぎを許容する民芸的な大らかさとの邂逅は、僕の心を強く揺さぶりました。このコラムで、それを辿る旅に出ます。
    日本の片隅に生き続ける古いモノづくり。人の手の揺らぎを許容する民芸的な大らかさとの邂逅は、僕の心を強く揺さぶりました。このコラムで、それを辿る旅に出ます。
  • マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
    マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
  • 初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
    初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
  • 木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
    木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
  • 花咲く不思議 そのありようは 天からのおくりもの 季節の花々が道念邦子の手でちいさな卓上によみがえりわたしたちのもとにとどけられました
    花咲く不思議 そのありようは 天からのおくりもの 季節の花々が道念邦子の手でちいさな卓上によみがえりわたしたちのもとにとどけられました
  • 2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
    2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
  • JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
    JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
  • 住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
    住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
  • 左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
    左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
  • わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
    わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
  • 北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
    北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
  • 映画にテレビに本にイベントに……  いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
    映画にテレビに本にイベントに…… いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
  • 草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
    草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
  • いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
    いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
  • 私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
    私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
  • 「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
    「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
  • 竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
    竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
  • 埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
    埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
  • 伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
    伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
  • 採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
    採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
  • 香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
    香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
  • 北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
    北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
  • オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
    オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
  • 人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
    人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
  • 海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
    海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
  • 中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
    中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
  • お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
    お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
  • 朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
    朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
  • 漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
    漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
  • 店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
    店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
  • 何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
    何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
  • 「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
    「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
  • 岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。
    岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。

おすすめ