大阪府
  • アート
  • カフェ
  • イベント
  • アクセサリー
ギャラリー・工房

gallery yolcha -ギャラリーヨルチャ-

 yolcha(ヨルチャ)とはハングルで「列車」という意味。奥行き一間で、幅が十数メートルという建物の細長い形状から列車のイメージが沸き、yolchaと名付けました。場所は大阪梅田から徒歩10分圏内ですが、登録有形文化財の長屋の一帯の中にあります。緑に囲まれた都会のオアシスのようなギャラリーです。

 yolchaは特殊なスペースを活かしたギャラリーとして、ジャンルにこだわらずオリジナリティにこだわった選りすぐりのアーティストの企画展を開いてゆきます。小さくて安価なアート作品に出会える場所として、宝探しの気分でこの隠れ家へお立ち寄りいただければ幸いです。

 yolchaはアートギャラリーですが、気軽に「寄る茶」したり、お酒の強くない方もふらりと「夜茶」しに来ていただきたいと考えています。中にはリラクゼーションサロンの個室も設けています。都会の隠れ家で一日ゆったりとお過ごしください。

 yolchaにはクラシックなアップライトピアノを設置しています。また、屋根裏部屋での弾き語りや朗読会など様々なイベントでご活用いただけます。隠れ家のようなまったりと落ち着く空間であなただけの特別なひとときをお過ごしください。

 yolchaは列車のようにゲストを乗せて異空間に走り出す場所であり、旅の車内のように人と人をつなげてゆくフリースペース。各種教室・ワークショップや、この場所ならではの持込企画も大歓迎!お気軽にご相談ください。

 =皆さまのご乗車を心よりお待ちしております=
 

gallery yolcha -ギャラリーヨルチャ-
〒531-0072 大阪府大阪市北区豊崎1-1-14 H&H japan内
Tel
: 090-3673-0337
OPEN
: 14:00~20:00
CLOSE
: 不定休
HP
: http://yolcha.jimdo.com
E-Mail
: gallery.yolcha@gmail.com

インフォメーション

3月5日(土)~3月21日(月・祝)   益永梢子 個展「ルラン タット パダンパダン」
 変形する絵画のある屋根裏。
 視点を動かすと「わたし」の動く音がする。

 ---
 色と形を地図のように構成してゆく美術家の益永梢子さん。
 この度yolchaでは(関西では)4年3ヶ月ぶりの個展となります。
 最近では、2016年1月にオープンしたロームシアター京都(元・京都会館)内、蔦屋+スターバックスコーヒーの壁画を担当されました。
 益永さんは今後海外に渡って活動されるので、しばらく国内での展示はありません。
 彼女のこれまでの制作のひとつの到達点になる仕事になりそうです。
 どうぞお見逃しなく。

 ***
 「絵画でも彫刻でもなく建築でもなく、絵画でも彫刻でもあり建築とも関わりあるもの。
 それらは切断と接続を繰り返し、どこかで繋がることを信じている。
 終わりなく、常に始まり続ける途方もない道のりのように。」
 (益永梢子HPより抜粋)

  日 時:2016年3月5日(土)~3月21日(月・祝) 14:00~20:00
     ※3/5(土) 17:00~20:00
     ※休み 火曜日
  場 所:豊崎長屋主屋 gallery yolcha斜向い 大阪府大阪市北区豊崎
  出 演:circe(キルケ)
  サポート:イトケン

 ■Opening Live&Performance
 ライヴイベント内で益永梢子作品を上映予定です。

  日 時:2016年3月5日(土) open 14:00 / start 14:30

 - 益永梢子/Shoko Masunaga (近年の展示) -
 2011 個展「無花果の花」/Gallery yolcha(大阪)
 2012 アーツ・チャレンジ2012 入賞 「活字」+「活け花」=「活け文字」出展(愛知芸術文化センター)
 2012 個展「Symphony」/Gallery Face to Face
 2012 3人展「on the border」内田有、尾崎風歩、益永梢子/Gallery Face to Face
 2012 個展「Abstract Butter」/Nidi gallery
 2013 2人展「in the dish」瓜生祐子、益永梢子/成安造形大学内 ギャラリーキューブ
 2013 美術展「引込線2013」 /旧所沢市立第2学校給食センター(埼玉)
 2013 個展「Line/Color」/ ART TRACE GALLERY
 2014 3人展「メディウムの条件」ART CRITIQUEn.04刊行記念企画、吉田和生、早川祐太、益永梢子/ART CRITIQUE n.04刊行記念企画 / HAGISO
 2014 グループ展「複々線」/現代HEIGHTS Gallery Den
 2015 3人展「三つの机のあるところ」秋本将人、臼井拓朗、益永梢子/Art Center Ongoing
 2015 個展「Abstract Butter at HAGISO」/HAGISO
 2015 ワークショップ 「朝食の晩餐」/blanclass
 2015 グループ展「CHAIN REACTION」/児玉画廊(東京)
 2015 グループ展「絵画をつくる方法」/児玉画廊(東京)
04 March 2016

3月5日(土)   ~キルケのニューアルバム発売記念~「旅人と鹿と機織りとイトケンの物語ツアー@大阪
  日 時:2016年3月5日(土) open 14:00 / start 14:30
  場 所:豊崎長屋主屋(gallery yolcha斜向い)
      大阪府大阪市北区豊崎
  出 演:circe(キルケ)
  サポート:イトケン
  入場料:2,000円

 ■『circeの豊崎長屋お土産セット』付き(大阪限定)

  ①ララルー特製クッキー
  ②circeがヨルチャのために制作した曲“yolcha”のダウンロードカード
  ③「中川政七商店」三百周年記念新聞
  ④キルケステッカー

 ■同時開催:益永梢子個展「ルラン タット パダンパダン」

  日 時:2016年3月5日(​土)~3月21日(​月・祝)
  場 所:gallery yolcha 大阪府大阪市北区豊崎1-1-14 H&H japan内

 ※大阪公演のお問い合わせ・イベントご予約はgallery yolcha(ギャラリーヨルチャ)[TEL]090-3673-0337[E-Mail]ereniche@gmail.comお名前・ご連絡先・人数をお知らせください。席数に限りがありますので、ご予約はお早目にお願い致します。
 ※大阪以外の公演はこちらではご予約できませんので、circeのサイトから直接ご予約ください。
 ※詳しくはこちらをご覧ください。
03 March 2016

2月12日(金)~2月28日(日)   ~お銚子ものとおっ猪口ちょいの~「路地裏ショコラ党」
 “巷のデパアトやコンビニでチヨコを買うべからず!
 チヨコレヱト菓子の御用命は路地裏ショコラ党まで”

 二年ぶりにヨルチャに帰ってきた、幸せを運ぶ「路地裏ショコラ党」

 今回はお酒とチョコレート菓子を楽しむ、 ほろ酔い甘味好きのアジトが出現。お酒とお菓子に併せて、 音楽家の生演奏がオーダーできる日も。皆様のご入党お待ちしております。

  日 時:2016年2月12日(金)~2月28日(日) 14:00~20:00 
      ※期間中の金・土・日のみOPEN
  場 所:gallery yolcha 大阪府大阪市北区豊崎1-1-14 H&H japan内

 - 路地裏ショコラ党構成員 -
 江里口暁子 / 西絢香 / 西淑 / ヨルチャ車掌

 - ギャラリー展示 -
 日下明(repair)/ 出口春菜(銅版画)

 - リクエスト曲演奏 -
 2/13(sat)本多千紘
 2/14(sun)甲斐鉄郎(Argyle、前川サチコとグッドルッキングガイetc.)
 2/20(sat)小畑亮吾(グーミ、Dawn-People)
 2/21(sun)江南泰佐
 2/27(sat)Mujika Easel
 2/28(sun)谷口有佳(repair)

 - お酒・エトセトラ -
 セレクト・提供:山名酒造株式会社
 協力:松田洋奈(g.カロスキル)
 フライヤーデザイン:日下明(repair)
11 February 2016

1月23日(土)~2月7日(日)   ka-ji-×白水麻耶子「青いスープ、青いモーレ」
 空き缶を使ったファンタジックな作品づくりや空間演出を手掛ける鍛冶屋のka-ji-さん。言葉のない童話や神話を描くような絵描きであり造形作家の白水麻耶子さん。みんな大好きなふたりの、旅と移民をテーマにした展示です。気さくで飄々とした空気感を持つ両者は、「誰でもわかるのに異端」という仕事をサラリとやってのけます。それは例えば誰もが知っているアンパンマンが、よくよく考えたらかなり異色なキャラクターだということと似ています。いつも彼らの作品に触れるとき、味わったことのない不思議なスープを啜るような喜びを感じます。

 地球のどこかに、宇宙のどこかに、きっと当たり前に存在するであろう異邦人の世界がヨルチャの屋根裏に展開されます。誰よりもわたしが楽しみにしています。この格別なスープをお裾分けしたいと思います。

 yolcha 車掌

  日 時:2016年1月23日(土)~2月7日(日) 14:00~20:00 
      ※定休日 火曜日
  場 所:gallery yolcha 大阪府大阪市北区豊崎1-1-14 H&H japan内

 ■あなたの似顔絵仮面おつくりします
 白水麻耶子さんが段ボールでつくる半立体の似顔絵です。
 
  料 金:お一人様 2,000円(1drink order)※20~30分

 - ka-ji-/カージー profile -
 島根出身。大阪在住の鍛冶屋さん。ものづくり活動は多岐にわたる。空き缶キャンドルホルダー、バッチ等制作。ライブイベントでキャンドルデコレーションを手掛ける。

 - 白水 麻耶子/Mayako HAKUSUI profile -
 大阪出身
 金沢美術工芸大学(工芸科 陶磁コース)卒業
 <近年の展示・受賞>
 2014「泳ぐ島々、浮かぶ人々」個展(SELF-SOアートギャラリー:京都)
 2014「青の展覧会」企画展(SELF-SOアートギャラリー:京都)
 2014「てのひらのみずにうつる」個展(ギャラリーカフェゑいじう:東京四ッ谷)
 2014「机の上の天気図」個展(十日市アパート:広島十日市)
 2014「協同企画展onsa vo.7」企画展(Black bird White bird:京都)
 2014「夜と笑って帰るところ」個展(iTohen:大阪)
 2014「珍獣展」二人展 水野麻弥+白水麻耶子(cafe moyau:岡山)
 2014「ヨルチャde オモチャ」企画展(gallery yolcha:大阪)
 2014「2015 創作カレンダー展」企画展(ギャラリーカフェゑいじう:東京)
 2014「白い指企画」企画展(カフェ quetzal:広島)
 2015「珍獣展」二人展 水野麻弥+白水麻耶子(monolom:尾道)
 2015「食べるしあわせ」展示(おへそcafe:世羅)
 2015「雨上がりの王国へ」個展(gallery 家ie:大阪)
 2015「海を走るひと」個展(ギャラリーカフェゑいじう:東京)
 2015「Dog in a room」企画展(光明寺會館:尾道)
 2015「発光体」展示(パサール満月海岸:島根)
 ---
 2007 EPSON カラーイメージングコンテスト2007(特選)

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
07 January 2016

1月9日(土)~1月17日(日)   CULTHAT×おさだひろみ「旅する帽子屋が写真館を開く夢を見てた」
 富士のふもとに住むふたり、帽子作家CULTHATと、写真家おさだひろみがお送りする、路地裏の帽子屋写真館。素敵な帽子をかぶったら、すぐに撮影会のはじまり。物語の中にだけ存在するような、八日間だけの贅沢なお店。紳士淑女の皆様、ぜひおめかししてお越しくださいませ。

  日 時:2016年1月9日(土)~1月17日(日) 14:00~20:00 
      ※定休日 火曜日
  場 所:gallery yolcha 大阪府大阪市北区豊崎1-1-14 H&H japan内

 ■帽子の展示・販売
  culthat(カルトハット)
 御殿場市在住、帽子作家イシイアキがつくるモダンクラシックな帽子ブランド。

 ■写真の展示・ポートレート撮影
 おさだひろみ
 御殿場市在住、写真係。

 ■yolcha店内でのポートレート撮影承ります
 数カット撮影した中から1カットお選びいただきます。サービス版のプリント1枚とCD-R付き(後日のお渡しとなります)プロフィール写真などにどうぞ。SNSのアイコンにも。culthatの帽子をかぶっていつもと違う雰囲気での撮影もできます。

  料 金:1ポーズ撮影(所用時間15分程)3,000円
  
 ※ポートレート撮影の受付けは1/9(土)~1/11(月・祝)のみ。
 ※ご予約も承ります。[E-Mail]gallery.yolcha@gmail.comまでお名前/日時/人数をお知らせください。
06 January 2016

12月19日(土)~12月27日(日)   Miku Tsuchiya/土屋未久 solo exhibition“I EMBRACE YOU IN A SMALL POOL”
 ドローイング、ペインティング、服、布。
 今回、Ikuko Nakaとの共作スカートも展示します。

 自分の視点でみてるもの共有できたらなあとおもいます。
 19、20のみ在廊しています。
 12/19のオープニングパーティーはどなたでも大歓迎です。
 軽食はご用意しますので、ドリンクご希望のかたはyolchaにてご注文お願い致します。

 土屋未久

  日 時:2015年12月19日(土)~12月27日(日) 14:00~20:00 
      ※定休日 火曜日
      ※12/20(日) 12:00~20:00
  場 所:gallery yolcha 大阪府大阪市北区豊崎1-1-14 H&H japan内

 ■Opening Party

  日 時:2015年12月19日(土) 17:00~20:00

 - 土屋未久*Miku Tsuchiya profile -
 1991年5月9日生まれ。京都精華大学芸術学部 卒業。ユトレヒト芸術大学交換留学。在学中 テキスタイル、版画、ファインアートを学ぶ。主にドローイング、シルクスクリーンを用いて制作を行う。枠にとらわれずものづくりを続ける。
 2012~ Kara- S にてオリジナルテキスタイルの鞄を販売
 2014.9 劇団架空畳さん 舞台衣裳生地制作
 2014.11 miku tsuchiya exhibition and selling of works @ gallery 110(京都)
 2015.2 melt-drawing works @ cafe and gallery etw(京都)
20 December 2015

11月28日(土)~12月13日(日)   いしわためぐみ個展「テツガクトジョウ」
 イラストレーターとして活動するいしわためぐみ。yolchaでは3年ぶりの展示でこの度は初めての絵画展となります。その絵はクレーに通じるような親しみやすいシンプルで幾何学的な宇宙を感じます。最近あらためて「自分の絵」を描き始めたという彼女は、「自分探し」の先にあるテツガクに手を伸ばしています。届きそうで届かない何かが、それを観た誰かの心に届くかもしれない。それは絵画の面白さそのもののような気がします。どうぞ、心に隙間を作ってぼーっと見つめていただけたら幸いです。

 ***

 客観的にというけれど
 本当に自分を抜け出せた人がいるだろうか
 わたしはいつも
 この自分の中にだけ閉じ込められて
 ここから外を見ている

  日 時:2015年11月28日(土)~12月13日(日) 14:00~20:00 
      ※定休日 火曜日
      ※11/29(日) opening performanceのため16:00頃オープン
  場 所:gallery yolcha 大阪府大阪市北区豊崎1-1-14 H&H japan内

 ■opening performance「隣りの人」
 音楽を物理現象としてアプローチしている藤田陽介。
 絵で哲學しようとするいしわためぐみ
 ふたりはお互いを伴侶としながら、これまでお互いの領分に干渉することはなかった。近くにいながら飽くまで他人の愛おしさ。隣の人は、ここにいる。

 yolcha 車掌

  日 時:2015年11月29日(日) open 14:00 / start 14:30
  場 所:旧H&H japanキッチンショールーム(gallery yolcha隣接)
  料 金:2,000円
  act:藤田陽介(自作パイプオルガン、声)

 ※前回の個展はこちらをご覧ください。
27 November 2015

11月7日(土)~11月16日(月)   ナカタアヤコ個展「星のうまれるところ」
 羊毛造形作家のniwatocoあらため、ナカタアヤコさんの個展です。今回はfancy of planetとの共同企画という形で星をテーマにした展示となります。

  日 時:2015年11月7日(土)~11月16日(月) 14:00~20:00 
      ※定休日 火曜日
  場 所:gallery yolcha 大阪府大阪市北区豊崎1-1-14 H&H japan内

 - ナカタアヤコ/Ayako Nakata profile -
 物心ついた頃より手作り三昧。
 現在はオブジェのような糸「アートヤーン」を創る関西を中心に活動中。
 アメリカLexi Boegerさん主宰糸紡ぎイベント
 「The 2nd Annual Yarnival 2012」でspinners部門入賞

 ■同時開催
 ’.・.゜・MY ROOM・。.・゜’
 Of’ 11+1
 私惑星 音’展【視聴会】

 ※音作品の出展作家やその他情報の詳細はこちらをご覧ください。

 ■Live Music

 Solo:Itsuqi Doi、コハク
 Session:松本智仁+Mujika Easel+Itsuqi Doi

  日 時:2015年11月14日(土) 17:00~
      ※ライブ時間中は貸切ですのでご注意ください
  定 員:12名様限定(自由席/入退場自由)※要予約
  料 金:2,000円(ナカタアヤコ作品“ミチナルモノ”付き)

 Solo:鈴木庸聖、廣樹輝一
 group:bee’s(阿部綾子)
 Session:小堀努(映像)+鈴木庸聖+廣樹輝一+阿部綾子

  日 時:2015年11月15日(日) 16:00~
      ※ライブ時間中は貸切ですのでご注意ください
  定 員:12名様限定(自由席/入退場自由)※要予約
  料 金:2,000円(ナカタアヤコ作品“ミチナルモノ”付き)

 ※お問い合わせ・イベントご予約はfancy of planet[E-Mail]c.fancymoon@gmail.comまでご連絡ください。
07 November 2015

10月17日(土)、18日(日)   隅っこ人形劇団ニッチ2015年公演「もぬけの食卓」
 隅っこ人形劇団ニッチによる
 超スキマ産業
 ちっとも可愛げがないのに
 どこかチャーミング
 子どもも大人も目を剥く
 はぐれ者たちの人形劇

 はめつとへいわが
 どうじにほしかった
 かえりみちをかえても
 じんせいはかわらなかった
 たべるもねるもめんどうで
 いつだってほやほやの
 いのちをもとめた

  日 時:2015年10月17日(土)、18日(日) 14:00~16:30
  場 所:タツタビル地下室 大阪府大阪市北区天満3-4-5 102号室
  料 金:前売 1,500円 / 当日 1,800円
  制 作・出 演:ニッチ / イルボン / エレコ / 小田文子
      坂本ミン / 高橋かほり / 土江田賀代 / wassa
  音 楽:よねだみちのぶ
  宣伝美術:wassa(イラストレーション)
      横山雄(デザイン)
  後 援・協 力:アトリエ空白 / gallery yolcha / タツタビル

 ■10/17(sat)
 14:00 OPEN
 15:00 マチネ(一回目)   
 18:00 ゲストLIVE 出演:3日満月
 19:00 ソワレ(二回目)   

 ■10/18(sun)
 17:00 OPEN
 18:00 ゲストLIVE 出演:…und mich
 19:00 ソワレ(三回目)

 ※全三回公演 ※各回入れ替え制
 ※17、18日とも会場に飲食出店あり
 ※ゲストLIVEあり※自由参加・投げ銭制
 ※お問い合わせ・イベントご予約はgallery yolcha(ギャラリーヨルチャ)[TEL]090-3673-0337[E-Mail]ereniche@gmail.comまでご連絡ください。
15 October 2015

10月9日(金)~10月12日(月・祝)   「転調絵画の夕べ」~ピアノ×ガムラン×映像の演奏会~
 ピアノとガムラン…この二つの音は、似ている部分もあるが、音程など、交わらない部分もある。それがうなりを生んだり、不思議な音響効果を生んだりする。それをうたというメロディの中で、自然にぶつけたり、かさねたりする。映像の、色のかさなり、移り変わりの中で、ピアノとガムランの音の重なり、時間の流れを体験する。各回限定12名様のひそやかな演奏会をお楽しみください。

  日 時:2015年10月9日(金)~10月12日(月・祝) 14:00~16:30
  場 所:gallery yolcha 大阪府大阪市北区豊崎1-1-14 H&H japan内
  映 像:岩井美佳
  演 奏:ナリモ
  雑貨展示:grigri,T and “takatachi”

 ■LIVE PERFORMANCE

  日 時:2015年10月9日(金)~10月12日(月・祝)
      1st stage 17:00~18:00 / 2nd stage 19:00~20:00
     ※会期中毎日二回公演(要予約)
  料 金:前売 1,500円 / 当日 2,000円
  定 員:各回12名様限定

 - ナリモ -
 岩井美佳(ピアノ)、西田有里(ガムラン・歌)によるユニット。narimoとはジャワ語で「受け入れる」という意味。ピアノとインドネシアのガムランという異なる音律の二つの楽器から生まれる、ぶつかる音、融け合う音、すべてそのまま受け入れて独自の音世界を紡ぎ出す。

 - 岩井美佳 ピアノ・映像 -
 金沢美術工芸大学 美術科日本画専攻工芸科染織コース修了。集中した一瞬に現れる、音楽と色彩の重なりをテーマに制作を続けている。岩井美佳は身近な植物や風景の移り変わり、を描く。美しく咲き誇る姿からそれが枯れてしまうまで、その色のうつろい、重なりを描く。一般的に美しくないとされるにごった色、くすんだ色も、時の流れの中でふと、なにか別の色とまじりあうことで、きらきらと輝いたりする。日々とめどなく流れ続ける時間の中で変化した色の重なりの様子を、そのまま映像にし、投影する。

 - 西田有里 ガムラン・歌 -
 2007~2010年インドネシア政府奨学生としてインドネシア国立芸術大学ジョグジャカルタ校に留学し、ガムラン演奏と歌を学ぶ。2008年ジョグジャカルタ・ガムラン・フェスティバル、2009年ジョグジャカルタ・コンテンポラリー・ミュージック・フェスティバルにてガムランを使った作曲作品を発表。
 参考動画

 - gris-gris -
 グリグリ=お守り。本革バッグ、財布、カードケース、コインケースなどを制作、販売しています。使うほどに手に馴染み、ひとの心が宿るものを。

 - T and “katachi”takatachi -
 テキスタイルによる造形ユニット。主に、身につけるものを作ります。

 ※お問い合わせ・イベントご予約はgallery yolcha(ギャラリーヨルチャ)[TEL]090-3673-0337[E-Mail]gallery.yolcha@gmail.comまでご連絡ください。
07 October 2015
 

COLUMN

  • JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
    JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
  • 山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
    山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
  • 初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
    初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
  • まちのみんなが撮る・描く・書く
長崎は今日も”イベント”日和
    まちのみんなが撮る・描く・書く 長崎は今日も”イベント”日和
  • 長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
    長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
  • 関西から福井へ来た。なれぬ環境であぷあぷしているときに、越前和紙に出会い、粘土を思い出し、猫と出会った。猫をこさえ始めたら、他のイキモノたちが「私もこさえてよ」と言った。
    関西から福井へ来た。なれぬ環境であぷあぷしているときに、越前和紙に出会い、粘土を思い出し、猫と出会った。猫をこさえ始めたら、他のイキモノたちが「私もこさえてよ」と言った。
  • 木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
    木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
  • わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
    わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
  • マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
    マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
  • 左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
    左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
  • 2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
    2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
  • 映画にテレビに本にイベントに……  いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
    映画にテレビに本にイベントに…… いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
  • 草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
    草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
  • いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
    いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
  • 私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
    私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
  • 「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
    「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
  • 竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
    竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
  • 住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
    住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
  • 埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
    埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
  • 伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
    伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
  • 採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
    採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
  • 俳人・山上薫さんは、東京生まれ、金沢暮らし。金沢きつね句会主宰。郭公同人。句集に 『海の鳥』。さて、新連載 コラムのスタートは「きつね歳時記」にふさわしい、風光る日だった。
    俳人・山上薫さんは、東京生まれ、金沢暮らし。金沢きつね句会主宰。郭公同人。句集に 『海の鳥』。さて、新連載 コラムのスタートは「きつね歳時記」にふさわしい、風光る日だった。
  • 85歳。女性建築家は、こう語る…… 材質と寸法と色の世界に入ったので、言葉と訣別した。病いを得て、感性の世界から言葉の世界へちょいと飛び移ってみた。1回で終わるか2回で終わるか、わかりませんが、よろしく。
    85歳。女性建築家は、こう語る…… 材質と寸法と色の世界に入ったので、言葉と訣別した。病いを得て、感性の世界から言葉の世界へちょいと飛び移ってみた。1回で終わるか2回で終わるか、わかりませんが、よろしく。
  • 北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
    北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
  • 香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
    香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
  • 北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
    北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
  • オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
    オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
  • 人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
    人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
  • 海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
    海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
  • 中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
    中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
  • お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
    お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
  • 朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
    朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
  • 漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
    漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
  • 店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
    店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
  • 何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
    何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
  • 「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
    「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
  • 岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。
    岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。

おすすめ