大阪府
  • アート
  • カフェ
  • イベント
  • アクセサリー
ギャラリー・工房

gallery yolcha -ギャラリーヨルチャ-

 yolcha(ヨルチャ)とはハングルで「列車」という意味。奥行き一間で、幅が十数メートルという建物の細長い形状から列車のイメージが沸き、yolchaと名付けました。場所は大阪梅田から徒歩10分圏内ですが、登録有形文化財の長屋の一帯の中にあります。緑に囲まれた都会のオアシスのようなギャラリーです。

 yolchaは特殊なスペースを活かしたギャラリーとして、ジャンルにこだわらずオリジナリティにこだわった選りすぐりのアーティストの企画展を開いてゆきます。小さくて安価なアート作品に出会える場所として、宝探しの気分でこの隠れ家へお立ち寄りいただければ幸いです。

 yolchaはアートギャラリーですが、気軽に「寄る茶」したり、お酒の強くない方もふらりと「夜茶」しに来ていただきたいと考えています。中にはリラクゼーションサロンの個室も設けています。都会の隠れ家で一日ゆったりとお過ごしください。

 yolchaにはクラシックなアップライトピアノを設置しています。また、屋根裏部屋での弾き語りや朗読会など様々なイベントでご活用いただけます。隠れ家のようなまったりと落ち着く空間であなただけの特別なひとときをお過ごしください。

 yolchaは列車のようにゲストを乗せて異空間に走り出す場所であり、旅の車内のように人と人をつなげてゆくフリースペース。各種教室・ワークショップや、この場所ならではの持込企画も大歓迎!お気軽にご相談ください。

 =皆さまのご乗車を心よりお待ちしております=
 

gallery yolcha -ギャラリーヨルチャ-
〒531-0072 大阪府大阪市北区豊崎1-1-14 H&H japan内
Tel
: 090-3673-0337
OPEN
: 14:00~20:00
CLOSE
: 不定休
HP
: http://yolcha.jimdo.com
E-Mail
: gallery.yolcha@gmail.com

インフォメーション

3月25日(土)   「ヒト以外のみる夢」~打楽器と六弦の白昼夢~
  日 時:2017年3月25日(土) 開場 16:30 / 開演 17:30
  場 所:旧H&H japanショールーム(yolcha隣接)
  料 金:1,500円
      ※江里口暁子によるお菓子もご用意いたします。

 - 松本一哉/Kazuya Matsumoto -

 東京を拠点に活動している、石川県出身の音楽家・打楽器奏者。波紋音・音のかけら・三昧琴といった音具・美術工芸品・自然物・非楽器などの音の鳴る造形物を使用。音階や旋律ではなく音の響きそのものに重きを置き、自然の中での演奏・録音から作品作りを行い、一般的な音楽感からは逸脱したとしても、価値観や美意識に共鳴してくれる人や世界に音を届け続けることを自身のライフワークとしている。2013年 瀬戸内国際芸術祭の関連事業「おとくち」プロジェクトにてグランプリを受賞。2014年 原始感覚美術祭2014 水のうたがきの音楽担当。バストリオの舞台『ALice, where are you going? 』に出演。2015年 自身初のソロ作品『水のかたち』をSPEKKからリリース。2016年 坂本龍一を中心とした音楽レーベルcommmons主催のイベント「健康音楽」への出演。DOMMUNEにて「史上最も静謐な5時間ぶち抜き企画EARwitness -音放つBLACK BOX-『水のかたち』Release Special」を配信。DOMMUNE主催の宇川直宏に「神回」と賞賛。3ヶ月間で全国56ヶ所を周る『水のかたちリリースツアー』を開催。世界遺産に認定されている白川郷をはじめ、日本三大天神の1つ防府天満宮などでパフォーマンスをし各地で高い評価を受ける。今野裕一郎が全作品の劇作・演出を務める演劇ユニットバストリオと共に「バストリオ+松本一哉『黒と白と幽霊たち』4大都市ツアーを行う。2017年 DOMMUNE@東京都庭園美術館 宇川直宏監修「EXTREAM QUIET VILLAGE」に出演。バストリオの舞台「TONTO」に役者として出演。これまでの共演者はASUNA、Ametsub、 kyoka、sawako、鈴木昭男、Chihei Hatakeyama、津田貴司、Tomoko Sauvage、灰野敬二、haruka nakamura、FourColor、藤田陽介、minamo、34423 、yui onodera など。

 - 鈴木庸聖/Yousei Suzuki -

 アコースティックギター奏者・Senri Records運営。アコースティックギターによるインストゥルメンタルの創作を中心に歌やピアノの演奏も行う。アメリカンプリミティブギターやフォークソング、オルタナティブミュージックなどから影響受ける。2009年 オーストラリアのネットラジオSideways Through Soudの企画したオムニバス盤に参加。2013年 アメリカのテープレーベル、Scissor Tail Editionsから「The Scene From A Frame」をリリース 数枚のオリジナルアルバムを発表 カセットを中心にリリースするSenri Recordsを設立。

 ※ご予約は[TEL]090-3673-0337または[E-Mail]gallery.yolcha@gmail.comまでお名前・人数・ご連絡先の電話番号をお知らせ下さい。
18 March 2017

3月23日(木)   APSU+内橋和久 即興演奏と怪談会」“Howling Ghost Blues”
 文様作家APSU(アプスー)による、誰もが楽しめる怪談会『Howling Ghost Blues』。

 今回のゲストはベルリン在住の即興演奏家、ギタリスト、ダクソフォン奏者、コンポーザー、アレンジャー、プロデューサーである内橋和久が参加!!

 怪談と生演奏がシンクロする、怪談好きも、怪談初めての方も、音楽好きの方も楽しめる、怖いだけじゃない贅沢な怪談会!!

 怪談ネタをお持ちの方は語っていただけたらAPSUからプレゼントがあります。定員に限りがありますので、ご予約はお早めに。今回もAPSUの原画展示とグッズ販売もあります!!

  日 時:2017年3月23日(木)
      開場 19:00 / 開演 19:30
  場 所:旧H&H japanショールーム(yolcha隣接)
  料 金:前売 2,000円
      当日 2,500円
  定 員:30名
  怪談と絵:Apsu
  音 楽:内橋和久
  フード:山ねこカレー
      ※ドリンク販売もあります。

 - APSU/アプスー profile -

 幼い頃から日本古来の文化や風習に興味を抱き、全国の秘境や離島をたびたび訪問。2001年には、四国八十八カ所巡りも達成する。そうした旅の中で得たインスピレーションを基に動物や文様を描きはじめ、2009年から本格的に活動を開始。名前も「Apsu(アプスー)」に改める。手書きの幾何学的で繊細な“線”を用いた画風を特徴とし、靴やトートバック、紙や壁、木や鉄、ミニ四駆、あらゆる場所、物をキャンバスとして創作に取り組む。近年ではアパレルブランドのアイテムのデザイン、CDジャケットのデザイン、会社のロゴなどを手がけるなど活動の幅を広げる。また、同名義で、怪談蒐集と朗読を行い、年に10回以上の怪談会を企画し、バンド編成の怪談会や、アートとコラボレーションした怪談会など、怪談の新たな可能性を模索している。

 - 内橋和久/Kazuhisa Uchihashi profile -

 大阪府出身。ベルリン在住。即興演奏家、ギタリスト、ダクソフォン奏者、コンポーザー、アレンジャー、プロデューサー。イノセントレコード主宰、インプロヴィゼーショントリオ「アルタードステイツ」は今年で結成25周年。83年頃から即興音楽に取り組み、100を越える世界各地の音楽祭に招聘される。一方ではUA、細野晴臣、くるり、七尾旅人、青葉市子、Salyu等のポップミュージシャンとのライブ活動,演劇、ダンスなどの音楽制作およびライブ演奏など活動は多岐に渡る。2007年まで大阪でオルタナティブスペースBRIDGEを運営。劇団「維新派」の音楽監督を30年にわたり務める。若手音楽家や子供を対象にした即興ワークショップも90年代半ばより行っている。フェスティバルビヨンドイノセンス主宰。現在はベルリンと東京を拠点に活躍。最近では欧米の音楽家以外にSenyawaをはじめとするアジアの音楽家たちとのコラボレーションにも意欲的に取り組む。また、ハンス・ライヒェル発明による新楽器ダクソフォンの演奏者でもある。

 ※ご予約・お問合わせはAPSU(アプスー)[E-Mail]apsushusei@gmail.comまたはこちらからご連絡ください。
16 March 2017

3月19日(日)   ギジェルモ・リソット&岩川光JAPAN TOUR 2017「paisajes sonoros/響き合う風景」大阪公演
 パラナ川、パンパ、地中海…
 津軽平野、ウマウアカ渓谷、空中都市…

 アルゼンチンはロサリオに生まれ、バルセロナに暮らすギタリスト=ギジェルモ・リソットと津軽平野の街・弘前に生まれ、南米各国を渡り歩き、現在はブエノスアイレスと東京に拠点を持つケーナ奏者=岩川光

 二人の音楽家が携えて生きてきた音の記憶が今、一つの風景となって響き合う

  日 時:2017年3月19日(日) 開場 15:00 / 開演 15:30
  場 所:旧H&H japanショールーム(yolcha隣接)
  料 金:前売 4,000円
      当日 4,500円

 - 岩川光(ケーナ)Hikaru Iwakawa quena profile -

 独自の革新的な演奏技術でケーナの可能性を刷新し続ける演奏家。複雑でありながらダイレクトに琴線に触れる楽曲に定評のある作曲家である。9 歳よりケーナを始め、リコーダー、音楽理論や作曲法も同時期から学ぶ。後にボリビアなどで研鑚を積む。各国の様々な音楽祭への出演やツアー公演を通じ高い評価を得る。13 年よりブエノスアイレスにも拠点を置き、ディノ・サルーシ、ハイメ・トーレス、フアン・ファルーら世界的巨匠たちとも共演を重ね、惜しみない賞賛を受ける。現在はソロ、キケ・シネシとのデュオ、自身のトリオ(佐藤芳明、林正樹)等を軸に、複数のプロジェクトを展開。『deseo』(2014 ・シネシ&岩川)、『primero』(2014 ・岩川トリオ)、『amalgama』(2015 ・イルマス&岩川) を発表。2015年8月よりハイメ・トーレスのケーナ奏者も務める。2016年10月には新主宰レーベルOTONOMADO より、岩川光ソロ名義で『SOLO』、岩川光トリオ名義で『SEGUNDO』を2 枚同時リリース。

 - ギジェルモ・リソット(ギター)Guillermo Rizzotto guitar

 ギジェルモ・リソットは、アルゼンチンの伝統と現代性を新たなアプローチで見事に融合させながら、豊かな音楽を創造し続けている、アルゼンチンはサンタフェ州ロサリオ出身/ スペインはバルセロナ在住の若手ギタリスト兼作曲家である。彼の演奏スタイルはクラシック・ギターのテクニックを基礎としつつ、アルゼンチン音楽特有のクリオージョ性を溶け込ませ、広い空間や風景を描き出す自由な即興も含んだ独特のものである。これまでにフアン・ファルー、ラウル・カルノタ、アンサンブル・キメラ、シルビア・ペレス・クルス、リリアン・サバ、ホセ・ルイス・モントンら、幅広い分野の、世界的に重要なアーティストと共演を重ねてきた。また、ソロやアンサンブル奏者としての世界各国のフェスティバルへの出演も多い。"El sentido de paisajes"、"Sólo Guitarra"、"La eterna memoria" など録音作品多数。今年、シルビア・ペレス・クルスをゲストに迎え録音した自身のトリオ名義による初めてのアルバム"PAZ" を発表。

 ※ご予約は[TEL]090-3673-0337または[E-Mail]gallery.yolcha@gmail.comまでお名前・人数・ご連絡先の電話番号をお知らせ下さい。料金は当日清算となります。
13 March 2017

3月11日(土)~3月26日(日)   橋本佳奈 個展「UTOPIA」
 子供の頃から現実とは違う世界に憧れを持っていたという橋本佳奈さん。彼女は自身の内面に存在するそんな“UTOPIA”を軸に制作しています。本展はこの作家が思い描いてきた世界の破片を絵画作品として発表するものです。

 ストイックなほど何層にも塗り重ねて描かれる幻想的な世界はそのイメージの密度の高さを物語ります。夢の中のように場面ごとに役割を持ったその世界は、作家の現実からの避難場所でありながら、観る者の心にまで根を伸ばし有機的に広がってゆこうとする生命力の表れでもあります。

 久々となる橋本佳奈の個展“UTOPIA”にどうぞご期待ください。

  日 時:2017年3月11日(土)~3月26日(日) 14:00~20:00
      ※定休日 火曜日
  場 所:gallery yolcha
      大阪府大阪市北区豊崎1-1-14
      H&H japan内

 - 橋本佳奈/Kana Hashimoto profile -
 2010 京都精華大学マンガ学部 卒業
 1年間の研究生期間を経て制作活動を始める。

 2012 個展 Landscape (SOHO art gallery/ 大阪)
 2013 個展 BORDERLINE(ART HOUSE/大阪)
 2015 アートストリーム出展 
 2016 グループ展 京都精華大学 カートゥーンアーティストたち
    (MAGギャラリー/イタリア)
10 March 2017

2月18日(土)~3月5日(日)   渡邊亜紗子 個展「窓に棲む」
 初めて訪れた時、ギャラリー名の 《ヨルチャ》 はハングルで 《列車》 という意味だと聞いた。車窓越しに流れる景色が思い浮かんだ。

 時を忘れさせるこの異空間で、大阪で初めての個展となります。人・動物をモチーフとした語りかけてくるような造形作品を中心に、食卓を彩る優しい色合いの器なども並びます。是非ご覧ください。

 渡邊亜紗子

  日 時:2017年2月18日(土)~3月5日(日) 14:00~20:00
      ※定休日 火曜日
      ※作家在廊日
       2/18(土)・2/19(日)
       3/4(土)・3/5(日)
  場 所:gallery yolcha
      大阪府大阪市北区豊崎1-1-14
      H&H japan内

 - 渡邊亜紗子/Asako Watanabe profile -
 2002 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科プラスチックコース 卒業
 2006 愛知県立瀬戸窯業高校陶芸専攻科 修了
 2008 第61回 瀬戸市美術展 陶芸部門優秀賞
 2009 瀬戸市新世紀工芸館陶芸コース 修了
     第43回女流陶芸公募展 女流陶芸新人賞
 2014 第50回神奈川県 美術展 工芸部門特選
 2016 Miasa Sister City Art Exchange Exhibit
     (Mendocino Art Center/USA)
18 February 2017

2月10日(金)~2月12日(日)   路地裏ショコラ党 二〇一七
 ~巷のデパアトやコンビニでチヨコを買うべからず!
 チヨコレヱト菓子の御用命は路地裏ショコラ党まで~

 今年もやります、ヨルチャの冬の路地裏ショコラ党!
 梢夏子さんの型染めの箱に入る西絢香さんのチョコレヱト菓子。
 今年は三人の素晴らしいピアニストが貴方のリクエストに応えます◎
 大切なひとのために特別な贈り物と贅沢な時間をオーダーしてください。

  日 時:2017年2月10日(金)~2月12日(日) 13:00~20:00
      ※普段より1時間早くopen
  場 所:gallery yolcha
      大阪府大阪市北区豊崎1-1-14
      H&H japan内

 - ショコラ党構成員 -
 チヨコレヱト菓子 担当/西絢香
 型染め箱・恋みくじ 担当/梢夏子
 喫茶 担当/ヨルチャ車掌

 - リクエスト曲演奏 -
 2/10(fri)谷口有佳(repair)
 2/11(sat)中村佳穂
 2/12(sun)西森千明
 〇リクエストタイムは13:30~19:30となります。

 ※お菓子と演奏曲のメニューよりご注文いただき、お菓子と音楽家の演奏の両方をお楽しみいただきます。
 ※カフェイベントのため1drinkオーダーをお願いします。(お菓子のお持ち帰りのみは可)
 ※音楽家のリクエスト演奏は当日のお客様のリクエスト順に演奏いたします。お時間に余裕を持ってお越しください。
08 February 2017

1月7日(土)~1月29日(日)   阿部海太個展「音のない街に音楽がながれる」
 作家の池澤夏樹氏が絶賛をおくるなど、今後の活動が最も注目される画家で絵本作家の阿部海太さんの個展を開催します。

 今回は木炭画のドローイングと油彩作品の発表となりますが、全て白黒作品で構成される作家の新しい試みです。彼がその大きな魅力であった色彩を捨てモノクロだけで構成するという挑戦は、慌しい東京を離れ、絵に集中する環境をと断捨離して神戸・塩屋へ越して来られたことは無関係ではないはずです。

 本展は元々対象の光と影さえとらえることができれば充分だという作家の本質を浮き彫りにする作品展示になるでしょう。彼が信頼する仲間たちと制作から販売まで行っている絵本のインディペンデントレーベル“Kite”の作品集ももちろんご紹介します。

 そして、期間中には阿部さんがCDの挿画を担当した多方面で注目される音楽家、中村佳穂さんの演奏会も企画しております。彼女も阿部作品と呼応した即興的な歌を聴かせてくれそうです。両者ともに、今ここでしか生まれないものを表現した場となるでしょう。

  日 時:2017年1月7日(土)~1月29日(日) 14:00~20:00
      ※定休日 火曜日
  場 所:gallery yolcha
      大阪府大阪市北区豊崎1-1-14
      H&H japan内

 ■中村佳穂 ピアノ弾き語りLIVE「音のない街にうたがながれる」

  日 時:2017年1月22日(日)
      昼の部 15:00~ / 夜の部 19:00~
      ※各回約40分
  料 金:1,000円+1drink
  定 員:限定10名

 - 阿部海太 Kaita Abe profile -
 1986 埼玉生まれ
 2009 東京藝術大学デザイン科卒業後、ドイツに渡る
 2010 メキシコに渡る
 2011 東京にて、絵画や絵本の制作を開始
 2012 本作りから販売までを行うアーティストとデザイナーによるインディペンデント・レーベル「Kite」を結成
 2015.2 「海太の本と絵」@SUNNY BOY BOOKS(東京)  
 2015.4 「reading like flying a Kite」@UTRECHT(東京) 
 2015.8 個展「running water」@iTohen(大阪)
 2015.10「みち」原画展@ブックギャラリーポポタム(東京)  
 2016.3 個展「エロスとメビウス」@ブックギャラリーポポタム(東京)  
 2016.6 新装改訂版「みち」がリトルモアより出版

 ※ご予約は[E-Mail]gallery.yolcha@gmail.comまでお名前・人数・ご連絡先の電話番号をお知らせ下さい。
06 January 2017

12月10日(土)~12月25日(日)   山口洋佑×西野詩織「歌、ぜんぶまちがえていた」
 ヨルチャ車掌が三年前からあたためていた神話的世界観を放つ東西作家の共演が実現します。イラストレーションの第一線にいながらスケールの大きな精神世界を描き続ける山口洋佑さん。陶作家としてその奔放な色と形で陶の原点に立ち返るような美的領域に踏み込む西野詩織さん。

 調子っぱずれな歌がときに何よりも心に響くことがあるように、静かな湖の底に暴れる大地の無尽蔵な力を見るように、ふたりの幾重にもかさなった多面的な物語が観る者を虜にします。

 2016年を締めくくるエポックメイキングな展覧会になることを期待しています。

  日 時:2016年12月10日(土)~12月25日(日) 14:00~20:00
      ※定休日 火曜日
  場 所:gallery yolcha
      大阪府大阪市北区豊崎1-1-14
      H&H japan内

 - 山口洋 佑/Yosuke Yamaguchi profile -
 イラストレーター。雑誌・書籍、CD、ファッション、広告などの媒体で活動し、各地で個展なども開催しています。西野さんを通してかたち作られる作品は、その細部を見れば見るほど無限に広がっていく宇宙のようです。一緒に展示できるがとても楽しみです。

 - 西野詩織/Shiori Nishino profile -
 美術家、陶作家。陶という素材で形を作る。インスタレーションからユニット活動、燭台やアクセサリーブランドなど、アートとクラフトの間のシーンを詩的な世界で表現。山口さんの一瞬の煌めきや儚さが閉じ込められたような絵の世界は、見る人それぞれの心で対話が出来るような気がします。表現方法が違ってもわたしもそうで在りたいなと思います。
09 December 2016

11月5日(土)~11月20日(日)   イルボン(詩)×横山雄(立体造形)「テアトル百四十字」
 詩人のイルボンがtwitterを用いて140字ちょうどの詩を綴るシリーズ「百四十字夜行」。その詩を書き写した原稿用紙をひとつの舞台セットとして捉え、そこに登場人物を配置するようにイラストレーターの横山雄が立体を添えます。

 140字という限定された言語空間と、シンプルな造形物からイメージされる小さな独白の舞台をご覧ください。

  日 時:2016年11月5日(土)~11月20日(日) 14:00~20:00
      ※定休日 火曜日
  場 所:gallery yolcha
      大阪府大阪市北区豊崎1-1-14
      H&H japan内

 ■Opening Event「横山雄の一筆挿絵館」
 こちらでご用意した140字詰めの用紙へ自由に言葉を埋めていただきます。
 あなたの綴った言葉に横山雄がその場で挿絵をつけます。

  日 時:2016年11月5日(土)、6日(日) 14:00~20:00(受付19:00まで)
  料 金:1枚/1,500円(+1drink)

 - イルボン/Ilbong profile -
 gallery yolcha車掌。高校時代に詩作を自己表現として選ぶ。2,000年頃から“詩演家”を名乗り、ポエジーを舞台表現として見せるということをライフワークとする。2010年からgallery yolchaを運営し、アーティストの展覧会や音楽ライヴなど様々なイベント企画を行う。現在、yolchaに集う作家たちによって結成された「隅っこ人形劇団ニッチ」のメンバーとしても活動中。

 - 横山雄/Yu Yokoyama profile -
 イラストレーター、アートディレクター、グラフィックデザイナー。
 第33回 ザ・チョイス年度賞入賞/第83回 毎日広告デザイン賞最高賞受賞。 主に美術館関連商品・ファッションブランドの図柄や宣伝美術のデザイン、本の挿絵などを手がける。過去にブックギャラリーポポタム(目白)、HADEN BOOKS:(青山)等で展示を開催。gallery yolchaでは2年振りの展示。
24 October 2016

10月15日(土)~10月30日(日)   木澤洋一 個展
 「昼下がりにパイプなんかを叩く人のイメージを見る事と、人や花や柔らかそうなもの」

 東京在住の絵描き、木澤洋一さんの関西初個展を開催します。

 パイプ(空洞=無意味)を叩くことは、ナンセンス賛歌を世に響かせる宣言だと言えます。画面にへばりついた中も外もない柔らかな物体が、観るものを虚無の快楽へと誘います。

 どうぞ、理性を溶かし意識を飛ばして、木澤ワールドの住人になってみてください。

 gallery yolcha 車掌

  日 時:2016年10月15日(土)~10月30日(日) 14:00~20:00
      ※定休日 火曜日
  場 所:gallery yolcha
      大阪府大阪市北区豊崎1-1-14
      H&H japan内

 - 木澤洋一/Youichi Kizawa profile -
 1985年生まれ。岐阜県出身東京都在住。
 無意味なことを、少しでもいい色と形で描きたいと思っています。
15 October 2016
 

COLUMN

  • マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
    マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
  • JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
    JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
  • 山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
    山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
  • 初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
    初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
  • まちのみんなが撮る・描く・書く
長崎は今日も”イベント”日和
    まちのみんなが撮る・描く・書く 長崎は今日も”イベント”日和
  • 長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
    長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
  • 関西から福井へ来た。なれぬ環境であぷあぷしているときに、越前和紙に出会い、粘土を思い出し、猫と出会った。猫をこさえ始めたら、他のイキモノたちが「私もこさえてよ」と言った。
    関西から福井へ来た。なれぬ環境であぷあぷしているときに、越前和紙に出会い、粘土を思い出し、猫と出会った。猫をこさえ始めたら、他のイキモノたちが「私もこさえてよ」と言った。
  • 木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
    木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
  • わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
    わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
  • 左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
    左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
  • 2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
    2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
  • 映画にテレビに本にイベントに……  いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
    映画にテレビに本にイベントに…… いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
  • 草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
    草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
  • いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
    いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
  • 私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
    私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
  • 「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
    「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
  • 竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
    竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
  • 住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
    住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
  • 埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
    埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
  • 伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
    伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
  • 採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
    採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
  • 俳人・山上薫さんは、東京生まれ、金沢暮らし。金沢きつね句会主宰。郭公同人。句集に 『海の鳥』。さて、新連載 コラムのスタートは「きつね歳時記」にふさわしい、風光る日だった。
    俳人・山上薫さんは、東京生まれ、金沢暮らし。金沢きつね句会主宰。郭公同人。句集に 『海の鳥』。さて、新連載 コラムのスタートは「きつね歳時記」にふさわしい、風光る日だった。
  • 85歳。女性建築家は、こう語る…… 材質と寸法と色の世界に入ったので、言葉と訣別した。病いを得て、感性の世界から言葉の世界へちょいと飛び移ってみた。1回で終わるか2回で終わるか、わかりませんが、よろしく。
    85歳。女性建築家は、こう語る…… 材質と寸法と色の世界に入ったので、言葉と訣別した。病いを得て、感性の世界から言葉の世界へちょいと飛び移ってみた。1回で終わるか2回で終わるか、わかりませんが、よろしく。
  • 北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
    北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
  • 香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
    香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
  • 北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
    北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
  • オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
    オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
  • 人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
    人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
  • 海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
    海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
  • 中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
    中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
  • お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
    お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
  • 朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
    朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
  • 漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
    漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
  • 店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
    店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
  • 何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
    何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
  • 「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
    「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
  • 岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。
    岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。

おすすめ