京都府
  • ギャラリー
  • アート
  • インテリア
  • イベント
  • 町屋
ギャラリー・工房

京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク

 平安神宮の大鳥居を望む神宮道沿いにある、写真専門ギャラリー。

 「写真をひとつの文化として暮らしの中に根付かせたい」「写真の持つ魅力や力、可能性を多くの人に伝え、その価値を見直してほしい」これをコンセプトに活動を行っています。

 ギャラリー名にちなんだ「日本的な」作品はもちろん、オリジナル写真や写真集、電子写真集など、様々な形態・ジャンルの写真作品を展示・販売しています。
 

京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク
〒605-0038 京都府京都市東山区堀池町374-2
Tel
: 080-5988-7720
Fax
: 075-746-2932
OPEN
: 11:00~18:30
CLOSE
: 無休 ※お盆・年末年始を除く
HP
: https://kyoto-muse.jp/gallery/gallerydetail?gallery_id=13
E-Mail
: kyoto.japanesque@gmail.com
リンク
: facebook

インフォメーション

10月30日(火)~11月4日(日)   川内陽 写真展「KiBI…心のゆらぎ・きらめき…」 new
 京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスクでは、2F展示室「花」にて、川内陽 写真展「KiBI…心のゆらぎ・きらめき…」を10月30日(火)から11月4日(日)まで開催いたします。

 今回初個展となります「KiBi …心のゆらぎ、きらめき…」を開催いたします。2013年から写真を始め、撮りためたものの中からテーマに沿う作品を選びました。「機微」とは表面からは察せられにくい微妙な心の動きや物事の趣のことを言いますが、写真を始めてからの5年間、興味を惹かれた被写体の核と私の心の間には、この「機微」がさざ波のように存在していました。

 本個展では、それらを大きく「お花結び」「少年少女たち」「セレクション」の3つに分けて展示し、さらに最近始めた「箔と写真を融合させる」試みも取り入れることで、変化に富んだ内容となっています。

 これらの作品が心の奥底やその底流を少しでも表現し、ご覧になられた方の心と共鳴できたら何よりです。

  日 時:2018年10月30日(火)~11月4日(日)
      11:00~18:30
      ※期間中無休
  場 所:京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク「花」
      京都府京都市東山区堀池町374-2
      京都写真美術館
     [アクセス]
      地下鉄東西線「東山駅」より徒歩5分
      京阪本線「三条駅」より徒歩10分
      市バス5号系統「神宮道」下車すぐ
  入場料:無料

 - 川内 陽 -
 1986 大阪生まれ
 2009 立命館大学文学部卒
 2013 知人に薦められカメラを始める
 2015 第50回光展 入選
     第23回全日本女性写真コンテスト 入選
     第19回総合写真展 審査員奨励賞受賞
 2016 第64回二科展 入選
    第51回光展 枚方市教育委員会賞受賞 
 2017 第65回二科展 入選
 2018 第43回JPS展 優秀賞受賞
    第66回二科展 入選
    10月 京都写真美術館にて初個展
11 October 2018

10月16日(火)~10月28日(日)   西田茂雄 写真展「世界遺産 仁和寺」
 京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスクでは、展示室「雪」「花」にて西田茂雄 写真展「世界遺産 仁和寺」を10月16日(火)から10月28日(日)まで開催いたします。

 仁和寺は888(仁和4)年に宇多天皇が開いた真言宗御室派の総本山。雄大な境内には金堂、五重塔などが建ち並び数多くの国宝や重要文化財を有し1994年に世界遺産に登録された。今回は仏像や建造物、行事とともに普段あまり目にすることのない仁和寺の日常を約70枚の写真で構成します。

  日 時:2018年10月16日(火)~10月28日(日)
      11:00~18:30
      ※期間中無休
  場 所:京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク
      「雪」「花」
      京都府京都市東山区堀池町374-2
      京都写真美術館
     [アクセス]
      地下鉄東西線「東山駅」より徒歩5分
      京阪本線「三条駅」より徒歩10分
      市バス5号系統「神宮道」下車すぐ
  入場料:無料

 - 西田茂雄(にしだしげお) -
 1950年 徳島県生まれ。
 日本写真家協会会員。 朝日新聞四国各版に作家・早坂暁氏と2年4ヶ月にわたり「四国往還記」を連載し注目を浴びる。
 1993年 「阿波の農村舞台」で徳島県出版文化賞受賞。 2013年幅広い写真活動が認められ、とくしま芸術文化賞受賞。
 主な著書に「阿波の面魂」「中国観音霊場巡礼の旅」ほか。

 ※西田茂雄塾 写真展「野菜・フルーツ天国」 同時開催中
28 September 2018

10月9日(火)~10月14日(日)   合同フィルム写真展「銀の煌めき」
 京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスクでは、1階展示室「月」にて合同フィルム写真展「銀の煌めき」を10月9日(火)~10月14日(日)まで開催いたします。

 今、フィルム写真の楽しさを伝えたい。

 年齢も写真歴も違う5人が、フィルム写真の楽しさを伝えたいという想いのもとに集まりました。5人それぞれフィルムの楽しみ方は異なります。

 例えば、フィルムごとの絵作りの違いを楽しむ、色々なフィルムサイズを選べる、電子的なデータではなく現物として手元に残る、何十年も昔のカメラで撮影ができる。

 そのような中で私たちに共通するのは、フィルムに含まれる銀粒子の奥深い煌めきに魅了されているところです。こうした楽しさをお伝えしたく、本展を開催することといたしました。

 あなたもフィルム写真の魅力を身近に感じてください。

 写真展の新しいカタチとして、L判写真をテーブルに並べ、手にとって見てもらう展示も試みました。この展示にはベテランからフィルム写真を始めたばかりの人まで、全国から幅広く参加していただきました。

  日 時:2018年10月9日(火)~10月14日(日)
      11:00~18:30
      ※期間中無休
  場 所:フォトギャラリー・アルティザン ジャパネスク
      1F展示室「月」
      京都府京都市東山区堀池町374-2
      京都写真美術館
     [アクセス]
      地下鉄東西線「東山駅」より徒歩5分
      京阪本線「三条駅」より徒歩10分
      市バス5号系統「神宮道」下車すぐ
  入場料:無料
18 September 2018

10月2日(火)~10月7日(日)   XIN XCI 写真展「PRAHA ≠ KYOTO」2018 KYOTO
 京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスクでは、1階展示室「月」にてXIN XCI 写真展「PRAHA ≠ KYOTO」2018 KYOTOを10月2日(火)~10月7日(日)まで開催いたします。

 東西の古都「プラハ」と「京都」。『都』が開かれた当時、錬金術や占星術、陰陽道(風水)で構築された都市の記憶。

 ともに外部からの影響に翻弄されながらも共存してきた歴史。姉妹都市でもある二つの街の、似て非なる表情をお楽しみください。

  日 時:2018年10月2日(火)~10月7日(日)
      11:00~18:30
      ※期間中無休
  場 所:フォトギャラリー・アルティザン ジャパネスク
      1F展示室「月」
      京都府京都市東山区堀池町374-2
      京都写真美術館
     [アクセス]
      地下鉄東西線「東山駅」より徒歩5分
      京阪本線「三条駅」より徒歩10分
      市バス5号系統「神宮道」下車すぐ
  入場料:無料
  撮影機材:Pentax Q S-1
      Apple iPhone5 & SE
      RICOH GR Digital II, Leica TL2

 - XIN XCI -
 日本人・京都在住
 写真の書道家 試行中
 幻視の音を紡ぎ出す「十月主義/十月律動」レーベル主宰
 Webデザインスタジオ「十月堂本舗」主宰
12 September 2018

9月18日(火)~9月30日(日)   小池義弘 報道写真展「MILLENNIALSな球児たち」
 京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスクでは、1階展示室「月」にて小池義弘 報道写真展 「MILLENNIALSな球児たち」を9月18日(火)~9月30日(日)まで開催いたします。

 アメリカでは、1980年代~2005年頃に生まれた世代を「Millennials(Millennial Generation,ミレニアル世代)」と呼んでいます。そんなミレニアル世代に生まれた球児たちの汗や涙と感動の一瞬を光と影を使い表現した写真展です。

  日 時:2018年9月18日(火)~9月30日(日)
      11:00~18:30
      ※期間中無休
  場 所:フォトギャラリー・アルティザン ジャパネスク
      1F展示室「月」
      京都府京都市東山区堀池町374-2
      京都写真美術館
     [アクセス]
      地下鉄東西線「東山駅」より徒歩5分
      京阪本線「三条駅」より徒歩10分
      市バス5号系統「神宮道」下車すぐ
  入場料:無料

 - 小池 義弘 -
 1961年静岡県静岡市生まれ。東海大学第一高等学校卒業後、京都の社会人野球で4年間プレー。その後、大阪での2年間を経て清水市(現、静岡市清水区)にある実家のレストランで4年間働く。1988年「スズカの夏 鈴鹿8時間耐久オートバイレース写真展」を東京、大阪、名古屋で開催。その後、フリーカメラマンに転向。2輪から4輪、そして「マイケル・ジョーダン」に魅せられ、シカゴブルズでのラストシーズンを1年間シカゴに住み追い続けた。その後、メジャーリーグを追いかけ現在は高校野球に魅せられている。
28 August 2018

9月4日(火)~9月23日(日)   吉田信介 写真展「花の宇宙 ~Color me beautiful~」
 京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスクでは1階展示室「雪」にて、吉田信介 写真展「花の宇宙 ~ Color me beautiful ~」を9月4日(火)~9月23日(日)まで開催いたします。

 すべては意識から始まりました。約200点余りの写真が織りなす宇宙。写真に降りる意識。うつしよの、花の宇宙。ここに生まれる。

 World of the flowers ~ Color me beautiful ~

 About 200 photographs invite you to travel the world of flowers with fantasy and imagination. Just find yourself in your colors.

  日 時:2018年9月4日(火)~9月23日(日)
      11:00~18:30
      ※期間中無休
  場 所:フォトギャラリー・アルティザン ジャパネスク
      1F展示室「雪」
      京都府京都市東山区堀池町374-2
      京都写真美術館
     [アクセス]
      地下鉄東西線「東山駅」より徒歩5分
      京阪本線「三条駅」より徒歩10分
      市バス5号系統「神宮道」下車すぐ

 - 吉田 信介(よしだ しんすけ)-
 風景写真、肖像写真を中心に作家活動をし、風景写真では長時間露光を得意とし、特にモノクロームでは幻想的な世界を展開し、非常に高い評価を得ている。

 近年の展示歴
 2017「幻影」京都写真美術館
 2016「風景の中のシルエット」
    フォトギャラリー・アルティザン・ジャパネスク
 2015「ソニーワールドフォトグラフィーアワード作品展」
    ソニーイメージングギャラリー 銀座

 近年の受賞歴
 2017 12th Black & White Spider Awards USA Honorable Mention
 2017/2015 APA Award 入選
 2015 PX3 Prix de la photographie, Paris Bronze
 2014 SONY World Photo Award, Japan National Winner
 2013 第二回日本肖像写真公募展 入選
13 August 2018

7月10日(火)~7月16日(月・祝)   佐藤 なーや 写真展「Oneness with Nature」
 京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク1階「月」にて、佐藤 なーや 写真展「Oneness with Nature」を開催いたします。

 Oneness with Nature

 月明かりの木漏れ日に照らされたある夜、屋久島の深い森の中のトレイルを歩いていると、普段は通り過ぎていたような名もない屋久杉に、ふと呼び止められたような気がした。カメラを置いて株元に腰をかけ、森の奥に静かに聴こえる音を屋久杉と一緒に聴いて過ごした。何千年も生きてきた屋久杉の木肌に触れると、心の奥深くに優しい何かが伝わってきた。

 「森にお邪魔しています。素晴らしい出会い、時間をありがとうございます。」自分自身も、ありったけの言葉と想いを手のひらを通して伝えた。

 今ここに存在する自分は、たくさんの奇跡の連続で生かされている。世代や時空を超えて紡がれてきた命の現在進行形である。
この星に存在する全ての命の尊さと、無償の愛。

 屋久杉から伝えられたメッセージに、溢れてくるありったけの愛を手のひらを通して返すと、木の中を巡り一周して、また自分の体へと返ってきた。とても温かく、これまで経験したことがない安堵感と一体感で心が満たされ、涙した。

 -Oneness with Nature-

 一本の木との心が合わさったような神秘体験ともいえるこの夜の出来事は、屋久島の自然界から受け入れてもらえた初めての体験であった。それ以来、自然界と自分との繋がりの認識が変わり、小さな砂粒から広大な空まで、全ての存在は関わりあっていて地球に生きる同じ命の仲間であることを実感するに至る。日々の中にある感動とともに、自然の命のきらめきや尊さ、あるいは命そのものを感じる作品を撮影して、新しいエコロジー感覚を伝えている。

  日 時:2018年7月10日(火)~7月16日(月・祝)
      11:00~18:30
      ※最終日 ~13:00
      ※期間中無休
  場 所:フォトギャラリー・アルティザン ジャパネスク
      1F展示室「月」
      京都府京都市東山区堀池町374-2
      京都写真美術館
     [アクセス]
      地下鉄東西線「東山駅」より徒歩5分
      京阪本線「三条駅」より徒歩10分
      市バス5号系統「神宮道」下車すぐ

 - 佐藤なーや -
 1975年、北海道生まれ、鹿児島県屋久島在住
 夏は森や渓谷でオオムラサキシキブ蝶と触れ合い、冬はダイアモンドダストに感動するなど、多くの心象風景が北海道での幼少時代に形成された。父のマニュアルカメラを譲り受けたことをきっかけに、20才から人物ポートレイトを撮り始める。屋久島に移住後、島が育む大自然の命のきらめきに感銘を受け、ネイチャーフォトを中心に撮影するようになる。当初は思うような写真が撮れない日々が続いたが、月夜の晩に樹齢千年以上の巨木が佇む森へ撮影トレッキングに出かけた際の、ある一本の屋久杉との出会いを契機に、自然界と融和した写真が撮れるようになったと感じている。以来、自然との一体感より得られる感覚がこれからの時代のエコロジーに繋がると確信し、Oneness with Nature をテーマに撮り続けている。
20 June 2018

5月15日(火)~5月20日(日)   黒飛公博「嵯峨面~民俗伝承への誘い~」
 京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスクでは1階展示室「雪」「月」にて、黒飛公博「嵯峨面~民俗伝承への誘い~」を5月15日(火)から5月20日(日)まで開催いたします。

 京都に生まれ育ったこともあり20代の頃より能や狂言に興味を持つとともに、それらの多くの面(オモテ)にも惹かれ、写真の世界で表現してみたいと思い探し続けてきました。京都に伝承されている能や狂言で使われる面を調べていくうちに、ひょんなことから嵯峨面に出会いその素朴さや表情の豊かさに魅せられました。

 また同時に京の歴史の片隅で、民俗伝承として生まれ庶民生活のなかに息づき、消えていった嵯峨面に心を惹かれこの面の縁起や内面の世界を多くの人に知っていただきたく「嵯峨面」民俗伝承への誘いとして写真展を催すに至りました。

 今回個展開催に際し、二代目嵯峨面作家「藤原孚石」氏(日本画家「藤原敏行」氏)に本展の趣旨をご理解頂き開催の運びとなりました。京都の華やかな歴史や文化だけではなく、京都嵯峨野に古来より残る風習や民俗伝承である嵯峨面を紹介することで、国内はもとより訪日外国人旅行者の方々に本物に出会うきっかけにとなれば幸いです。

 ■嵯峨面とは
 京都・嵯峨野の代表的な民芸品。
 神仏面、能面、十二支面など種類はさまざま。ユーモラスなものもあれば怖い表情のものもある。いずれも素朴で飄々とした味わいがあり土臭い温かみがある土俗面。

 弘安二年(1279年)十萬上人が七歳の時に別れた母親に洛西の釈迦堂で巡り会えるが、母は上人の胸に抱かれ他界。上人が追善供養の為、舞い続けたのが嵯峨大念仏狂言の起こりと云われ、その表情を表したのが嵯峨面の始まりと云われている。

 その後、江戸時代中ごろ狂言から独立、厄除けや魔除け面として社寺で頒布されるようになった。それも時の流れとともに次第に廃れ、村人たちによる面作りの技法も忘れ去られてしまった。

 今回の作品は、先代「藤原孚石氏」が奈良の中世の仏像にヒントを得て面の表情を創造。失われた民俗芸術に新しい生命を吹き込んだ。二代目「孚石」(日本画家 藤原敏行)氏の作品は先代の面づくりを継承しつつ、表情が穏やかで彩色も淡い暖色が多い。

 また、面に使う紙は明治版の反古紙ですべて手作り。面裏に付された厄除け札も木版の手刷りである。

 (嵯峨面パンフレットより引用)

  日 時:2018年5月15日(火)~5月20日(日)
      11:00~18:30
      ※最終日 ~17:00
      ※期間中無休
  場 所:京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク
      1F展示室「雪」「月」
      京都府京都市東山区堀池町374-2
      京都写真美術館
     [アクセス]
      地下鉄東西線「東山駅」より徒歩5分
      京阪本線「三条駅」より徒歩10分
      市バス5号系統「神宮道」下車すぐ

 - 黒飛公博 クロトビキミヒロ -
 出生年:1952年8月
 出身地:京都市伏見区

 大阪にてCM制作会社勤務
 マミヤ商事株式会社 宣伝部
 株式会社イメージスタジオ109
 クリエイティブ事業部
 映像・情報システム事業部
 ポストプロダクション事業部
 取締役
 常務取締役
 現 顧問

 個 展
 2015年4月「モノクロームと彩色の世界」
 東京・渋谷America-Bashi Gallery
 公募歴:現代美術家協会
 2016・第72回現展 写真:入選2点

 所 属:公益社団法人 日本写真協会会員
10 May 2018

5月8日(火)~5月13日(日)   JPCO Gallery 2018 Kyoto
 京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスクでは2階展示室「花」にて、JPCO Gallery 2018 Kyotoを5月8日(火)~5月13日(日)まで開催いたします。

 日本の写真文化をファッションやアニメ、音楽と同じように世界に届けたい! そんな想いからスタートした「日本の写真文化を海外へプロジェクト」の活動も6年目を迎えました。

 これまで台湾、上海で写真展を開催し、香港のカメラショーにもブースを出展するなど、主にアジアに向けて展開する一方で、国内では「写真を買って飾る文化を普及させる」ことを目的に写真展を開催し、メンバーの作品の展示販売を行なっています。

 できるだけ多くの方に作品を見ていただける機会をつくりたいという思いから、京都ではKG+、東京・新宿では東京写真月間の会期に合わせて写真展を開催。2018年には京都で4回目、新宿では5回目を数えるまでになりました。海外での作品発表を目指すメンバーの作品に触れ、気に入った作品があれば購入して飾っていただければと思います。

  日 時:2018年5月8日(火)~5月13日(日)
      11:00~18:30
      ※最終日 ~17:00
      ※期間中無休
  場 所:フォトギャラリー・アルティザン ジャパネスク 2F「花」
      京都府京都市東山区堀池町374-2
      京都写真美術館
  入場料:無料

 - 出品作家 -
 高崎勉 / 堂川嘉久
 粕谷千春 / 晴柀美穂
 渡辺未知 / 柴田誠ほか
08 May 2018

5月7日(月)~5月13日(日)   吾妻克美 写真展「和響」
 京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスクでは1階展示室「月」にて、吾妻克美 写真展「和響」を5月7日(月)~5月13日(日)まで開催いたします。

 「和」の極意とは、渋さの中に美しさの情景をあらわすこと、すなわち「和」とは日本の自然の中から生まれた様々な要素。 色、形、植物、生物が絡み合い、 美しく奏でる「はんなり」は、華の世界と同義。一瞬の光と共にきらめく和の響き。写真という現代の道具を用いて捉え掴んだ『和』の世界を堪能させる。

  日 時:2018年5月7日(月)~5月13日(日)
      11:00~18:30
      ※最終日 ~17:00
      ※期間中無休
  場 所:フォトギャラリー・アルティザン ジャパネスク
      1F展示室「月」
      京都府京都市東山区堀池町374-2
      京都写真美術館
     [アクセス]
      地下鉄東西線「東山駅」より徒歩5分
      京阪本線「三条駅」より徒歩10分
      市バス5号系統「神宮道」下車すぐ

 - 吾妻 克美/Katsumi Agatsuma -
 仙台デザイン専門校卒。
 2008年~2011年 中央工学校生涯学習センター
     「竹内敏信の新・風景写真塾」受講
 2011年 全国二科展入選(神奈川)
 2012年 全国二科展入選(宮城)
     『立華風体』個展 富士フィルム仙台
 2013年 全国二科展入選(宮城)
 2014年 全国二科展入選(宮城)
 2015年 全国二科展入選(宮城)
 2016年『和奏彩彩』個展 富士フィルム仙台
 2017年『和響』個展 ソニーイメージングギャラリー銀座
     『和響』個展 夕やけ小やけふれあいの里 八王子

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
30 April 2018
 

COLUMN

  • 「チルチンびと広場」コラム『神保町デイズ』街に本あり。街に味あり。街に老舗あり。街に騒めきあり。  街に人あり。……  人に日々あり。
    「チルチンびと広場」コラム『神保町デイズ』街に本あり。街に味あり。街に老舗あり。街に騒めきあり。 街に人あり。…… 人に日々あり。
  • 長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
    長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
  • 日本の片隅に生き続ける古いモノづくり。人の手の揺らぎを許容する民芸的な大らかさとの邂逅は、僕の心を強く揺さぶりました。このコラムで、それを辿る旅に出ます。
    日本の片隅に生き続ける古いモノづくり。人の手の揺らぎを許容する民芸的な大らかさとの邂逅は、僕の心を強く揺さぶりました。このコラムで、それを辿る旅に出ます。
  • 花咲く不思議 そのありようは 天からのおくりもの 季節の花々が道念邦子の手でちいさな卓上によみがえりわたしたちのもとにとどけられました
    花咲く不思議 そのありようは 天からのおくりもの 季節の花々が道念邦子の手でちいさな卓上によみがえりわたしたちのもとにとどけられました
  • まちのみんなが撮る・描く・書く
長崎は今日も”イベント”日和
    まちのみんなが撮る・描く・書く 長崎は今日も”イベント”日和
  • 2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
    2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
  • マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
    マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
  • JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
    JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
  • 初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
    初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
  • 「高橋麻帆書店」という古書店があります。古書にまつわるあれこれを金沢よりご紹介していきます。
    「高橋麻帆書店」という古書店があります。古書にまつわるあれこれを金沢よりご紹介していきます。
  • 山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
    山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
  • フェルトの余り布を適当に縫い合わせていた時、どんなものができるかわからない面白さに、出会った。人生、たとえどんな1日でも、何かの実をつけるはず、という想いも込めながら……。
    フェルトの余り布を適当に縫い合わせていた時、どんなものができるかわからない面白さに、出会った。人生、たとえどんな1日でも、何かの実をつけるはず、という想いも込めながら……。
  • 木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
    木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
  • 左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
    左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
  • わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
    わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
  • 北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
    北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
  • 映画にテレビに本にイベントに……  いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
    映画にテレビに本にイベントに…… いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
  • 住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
    住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
  • 草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
    草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
  • いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
    いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
  • 私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
    私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
  • 「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
    「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
  • 竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
    竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
  • 埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
    埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
  • 伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
    伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
  • 採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
    採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
  • 俳人・山上薫さんは、東京生まれ、金沢暮らし。金沢きつね句会主宰。郭公同人。句集に 『海の鳥』。さて、新連載 コラムのスタートは「きつね歳時記」にふさわしい、風光る日だった。
    俳人・山上薫さんは、東京生まれ、金沢暮らし。金沢きつね句会主宰。郭公同人。句集に 『海の鳥』。さて、新連載 コラムのスタートは「きつね歳時記」にふさわしい、風光る日だった。
  • 85歳。女性建築家は、こう語る…… 材質と寸法と色の世界に入ったので、言葉と訣別した。病いを得て、感性の世界から言葉の世界へちょいと飛び移ってみた。1回で終わるか2回で終わるか、わかりませんが、よろしく。
    85歳。女性建築家は、こう語る…… 材質と寸法と色の世界に入ったので、言葉と訣別した。病いを得て、感性の世界から言葉の世界へちょいと飛び移ってみた。1回で終わるか2回で終わるか、わかりませんが、よろしく。
  • 香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
    香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
  • 北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
    北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
  • オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
    オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
  • 人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
    人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
  • 海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
    海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
  • 中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
    中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
  • お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
    お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
  • 朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
    朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
  • 漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
    漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
  • 店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
    店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
  • 何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
    何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
  • 「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
    「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
  • 岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。
    岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。

おすすめ