全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

山下武美展 Box and Cabinet 10月19日(火)〜10月24日(日)

山下武美展 Box and Cabinet

 

記憶のイメージを包み込むように、フレームはその幅を広げ、奥行きを深めて、キャビネットや巣箱へと変化していきました。

古いフレーム(額縁)を使ったシャドーボックスやキャビネット、木箱(巣箱)の作品を展示します。

 

【日 時】

2021年10月19日(火)〜10月24日(日)
11:00~19:00
※最終日 ~18:00

 

【場 所】

gallery re:tail
東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-9
潤マンション103

 

– 山下武美 –

1951年鳥取県生まれ
日本版画協会展優作賞受賞(1974年)
山本鼎版画大賞展トリエンナーレ準大賞受賞(2008年)
個展(2015年:SNOW SHOVELING BOOKS & GALLERY)

創形美術学校版画科にて版画全般の技法を習得。銅版画「地図シリーズ」、フォトエッチングによる「レントゲンシリーズ」などを制作。その後、グラフィックデザイナーとして活動の傍ら、和紙を素材とした拓刷り技法による「BOOKシリーズ」を制作。近年は古い木材を使用したフレーム作品や木箱の立体作品も制作している。

 

※詳しくはこちらをご覧ください。

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

 

MENU