全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

ワヤンクリに登場?!影絵人形をつくろう 3月5日(木)

ワヤンクリに登場?!影絵人形をつくろう

 

インドネシアに古くから伝わる影絵芝居、ワヤンクリ。結婚のお祝いや儀礼の場で、夜通し上演されるのだそうです。舞台の中では、伝統的楽器ガムランの音色に合わせて、水牛の皮で作られた色鮮やかな人形が数々の話を物語ります。

今回はボール紙や木などの身近な素材を使って自由に影絵人形を作ってみましょう。この日作った影絵人形は、アートグミで3月20日に上演するパフォーマンスに登場させることができます。ワヤン作りを通じて、インドネシアの人々がどのように影で感情や魂を表現してきたか想像してみませんか?

 

【日 時】

2020年3月5日(木)
19:00〜20:30

 

【場 所】

金沢アートグミ ホワイエ
石川県金沢市青草町88番地
北國銀行武蔵ヶ辻支店3階

 

【定 員】

15名 中学生以下は保護者同伴

 

【参加費】

1,500円

 

【講 師】

マギカマメジカさん(ワクワクワヤン実行委員会)

 

– マギカマメジカさん –

インドネシアの影絵芝居ワヤンを元に影絵と音楽による作品を作る。ジョルジャカルタ生まれの人形遣い(ダラン)のアナント・ウィチャクソノと大阪生まれのガムラン奏者西田有里によるユニット。「影の色彩ワヤンプロジェクト」のメンバーとしても活動する。

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

MENU