東京都
  • 器
  • 陶磁器
  • バッグ
  • かご
  • 道具
インテリア・雑貨

KOHORO

 kohoroは、2005年4月29日にオープンしました。二子玉川にあるうつわと生活のもののお店です。

 持ち手に麻布をたっぷり使った皮の手提げバッグ。使い込む程に馴染み、艶と深みが増す、柔らかい皮財布。お茶道具に限らずお椀や小皿をまとめておくのにも便利なお膳箱。臭みアクがなく刃の当たりがよいホオの木のまな板。すっきりとしていながらも存在感のある理想の土鍋。など、全国各地の作家さんや料理研究家の皆さんとの対話から生まれたオリジナルの生活雑貨をはじめ、現代作家のものから昔ながらの民芸迄、美しいなと感じたもの、永く使う程に味わいが深くなるものを揃えています。

 ぜひお店にお立ち寄りください。
 

KOHORO
〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-12-11 1階
Tel
: 03-5717-9401
Fax
: 03-5717-9402
OPEN
: 11:00~19:00
HP
: http://www.kohoro.jp/

インフォメーション

9月18日(金)~9月27日(日)   須田二郎展 new
 9月18日より二子玉川では須田二郎展を開催いたします。

 使う人と共に生きる器。

 須田さんの作品に息づく力、自然の大きさを感じ、気持ちよい風が吹き抜けるようです。

 カトラリーや器など、木目の表情豊かな作品が並びます。

 会期中は、須田さんから教えていただいた、oneさんの焼き菓子も販売します。

 丁寧に素材を選んで焼き菓子は、サクサクと心地よい食感で美味しくて体にやさしい味わいです。ジャスミンや紫蘇など、様々な味をお楽しみください。

  日 時:2020年9月18日(金)~9月27日(日)
      11:00~19:00
      ※作家在廊日 9/18(金)
  場 所:KOHORO 二子玉川店
      東京都世田谷区玉川3-12-11
16 September 2020

9月11日(金)~9月17日(木)   棚橋祐介展 new
 白い器に繊細に張り巡らされた貫入や、焼き締めの黒が纏う化粧。器の中に、人の手と自然が作るとても美しい世界があります。

 ふわりと軽く日常の器となるプレートやカップ、心に深く留まる印象的な台皿。古き良きもののような佇まいと新しさを感じる、棚橋さんの作品が届きます。どうぞご覧ください。

  日 時:2020年9月11日(金)~9月17日(木)
      11:00~19:00
  場 所:KOHORO 二子玉川店
      東京都世田谷区玉川3-12-11
12 September 2020

8月29日(土)、30日(日)   左藤玲朗展
 毎年開催している左藤玲朗展。今年は8月29日、30日の2日間開催します。お店が15周年の今年、KOHOROでの左藤さん15回目の個展です。

 長く作り続ける定番の形や、今年から新しく作った形。包みを開いた瞬間から、使うとき、片づけるとき、いつでも喜びや嬉しさ、楽しさをくれる器です。

 今年は2日間の会期となりました。左藤さんが2日間在廊して下さる予定です。
ぐっと引き込まれる左藤さんのお話や、器のこと、お話しながら作品をご覧いただけたらと思います。

  日 時:2020年8月29日(土)抽選予約制 ※受付を締め切りました
      2020年8月30日(日)11:00~19:00
  場 所:KOHORO 二子玉川店
      東京都世田谷区玉川3-12-11
22 August 2020

7月17日(金)~7月27日(月)   石川硝子工藝舎展
 石川硝子工藝舎展が二子玉川にて始まります。KOHOROで長く定番として愛される形と、工場で使われる型を使ってつくる工場型シリーズ。石川さんが手がける2つの定番、たくさんの作品が店内に広がります。

 網目コップや八角コップ、六角コップ、G1.6、暮らしに欠かせない石川さんのコップが揃い、面取鉢や浅鉢、丸壺、水差など、買い足しを待つ方や問い合わせの多い形もしっかり届くので、数を揃えたい方もぜひこの機会にご覧ください。

 工場型は、工場で使われていた方に石川さんがガラスを吹き込み、仕上げや全体のバランスを考えて仕上げています。どこか懐かしく、親しんだものや好きなものに再会するような楽しさを感じる作品です。

 暮らしの中で生きるもの。石川硝子工藝舎の器は、使う人の日常に喜びを添え、気持ちを豊かにしてくれます。夏の日差しで輝くガラスの器。

 どうぞご覧ください。

  日 時:2020年7月17日(金)~7月27日(月)
      12:00~17:00(短縮での営業となります)
      ※会期中休み 7/22(水)
  場 所:KOHORO 二子玉川店
      東京都世田谷区玉川3-12-11
08 July 2020

7月3日(金)~7月14日(火)   岡本純一展
 7月3日(金)より、二子玉川、淀屋橋両店にて、岡本純一展が始まります。今回は2店での同時開催、お店の営業再開最初の展示会です。

 お料理が上手で食べることの話題がつきない岡本さん。今回は洋食屋さんにあるような大皿を発表します。リムを含めて直径28㎝あるお皿は、余白と盛り付けが楽しめました。ずっと作りたかったとおっしゃっていた大皿がついにお披露目です。

 色とりどり、様々な形が華やかに並ぶ岡本さんの展示会。ゆっくりとお楽しみください。

  日 時:2020年7月3日(金)~7月14日(火)
      12:00~17:00(短縮での営業となります)
      ※会期中休み 7/7(火)・7/8(水)
  場 所:KOHORO 二子玉川店
      東京都世田谷区玉川3-12-11

 ■オンラインショップでは、7/3(金)19:00よりご紹介が始まります。どうぞご覧ください。

 <新型コロナウイルス感染対策に関する対策とご来店のお客様へのお願い>
 ご来店の際は、マスクの着用と入店前の手のアルコール消毒にご協力をお願いいたします。店内の状況により入店までお待ちいただく場合がございます。スタッフのマスクの着用・アルコールでの手の消毒・店内の換気を行います。出来る限り、お客様との間隔も取りながらご案内をさせていただきます。安心してご参加いただけますよう、スタッフ一同努めてまいります。何卒ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
01 July 2020

6月19日(金)~6月29日(月)   iroiro at KOHORO【オンライン展】
 「iroiro at KOHORO」19日よりオンラインショップにて始まります。

 タイの作り手と共に作られるiroiroの洋服。

 民族衣装をモチーフにした美しいシルエットや、暮らしに溶け込む着心地のよい素材で作られ、洋服に袖を通すことの喜びを感じます。

 家での時間も多くなった今年は、家でも外でも、気持ちを高めてくれる洋服の大切さを改めて感じました。

 外に出かける時には、好きな色、形の洋服を着て気持ちを高めたい。

 家の中では、気持ちよい素材を纏って気持ちまでのんびりと。
 動き回る仕事や家事は、動きやすく着心地のよい素材で。

 内で、外で、場面や気持ちに合わせて楽しむ洋服が揃いました。

 ゆったり過ごす休日、毎日の家仕事、動き回る仕事の時には、たっぷりとした形や、丈夫で心地よい素材の上下を。リネンやコットン、ガーゼ、色や素材でお選びいただけます。妊娠中や小さいお子さんのいる方にも、締め付けがなくお子さんの肌にも優しい肌触りです。

 形や素材、種類の豊富なボトムス。ふっくらとした形や、ストンときれいに落ちるシルエット。柔らかな素材でかさ張らず、重ね着の下にも使いやすいです。素肌にもさらっと気持ちよく、軽いので、毎日快適に過ごせます。

 ウエストは紐やゴム、サイズ調整のしやすい形が揃います。

 サロンをスカートのように巻き、白黒青できりっとした印象に。
 一枚でもパンツと合わせても、きれいなシルエットのワンピース。

 組み合わせによって印象が変わり、内に、外に、場面に合わせた着こなしが楽しめます。

 サロンは筒状に仕上げてあります。結んで、巻きスカートのように折り込んで。料理や家仕事の時にささっと巻いたり、お出かけに色を添えたり。使い方が自由に広がります。

 薄いコットンや、艶やかでふわっと軽いタイシルク。お出かけには、気持ちを明るくしてくれる美しい色を纏って。タイシルクのワンピースや羽織は、特別なお出かけにも。気品があり、凛とした表情に、背筋をぴんと伸ばしたくなります。

 暑い季節、室内に入るととても冷えてしまうことも。折りたたんでもとても軽く、バッグに入れても持ち運びしやすい羽織は、夏の必需品に。

 やわらかく、重ね着もしやすいiroiroさんの洋服。素材や色を組み合わせも毎日の楽しみです。

 その日着るものを選ぶことは、自分の気持ちを整える大切な作業だと感じます。

 時に背筋を伸ばし、時に包み込んでくれるようなiroiroさんの服で、どうぞ気持ちの良い夏をお過ごしください。

  日 時:2020年6月19日(金)~6月29日(月)
  場 所:KOHORO
18 June 2020

6月5日(金)~6月15日(月)   川端健夫 川端美愛展【オンライン展】
 滋賀県甲賀市でギャラリーと工房を構える川端健夫さん、川端美愛さんの二人展。

 今回は初めてオンラインショップでの開催となりました。

 健夫さんの作品には、定番といわれる形もたくさんあります。
 展示ごとに買い足す方の多いランチプレートやトースト皿。
 名前の通り、お昼のプレートごはんや朝のトーストにちょうど良い大きさです。

 木目がやわらかい印象で、大皿料理を盛り付けたり、ケーキ皿にしたりと皆さんそれぞれの使い方が。変化を楽しみながら長く使う方が多く、木の風合いが美しく育っている様子を嬉しそうにお話されるお客様もたくさんいらっしゃいます。

 蜜ろうで仕上げた器やカトラリーは少しの油や水ではシミになりにくく、スープやパスタにも、毎日の器としてどんどん使うことが良いお手入れになります。

 チェリー、クルミ、クリ、ナラ、ウォルナット、素材によって質感や色、木目の様子が異なり、どの木にも使っていくほど味わい深い変化があります。机の色や合わせる器、好きな木目から自由に組み合わせるのも楽しいです。

 ベビースプーンや小さなスプーン、子ども用の作品にはご自身の子育てや、助産師さんからのお話からヒントを得て仕上げられたものも。ベビーボウルには、おかわりを欲しがって机を器でカンカンとたたくお子さんの思い出も。使い試して改良を重ね、使う人に心地よい形を作り続けています。

 パスタを食べながら発見したパスタ皿の形、年を重ねて形を変えつつ続けるカレースプーン、縁にかけられるケーキサーバー。1つ1つの作品には、暮らしの中で気づいたこと、思い出や歴史が詰まっています。手に取り、使うときに、ふと思い出し微笑んでしまうようなお話や、なるほどと細部まで見入ってしまうような形のこと。作品に同封するフライヤーには、そんな健夫さんの言葉もご紹介しています。

 美愛さんからはさっくりとした食感やカカオニブがアクセントのビターな風味が楽しめるサブレ、コーヒーとプレーン、ふわっと軽いメレンゲ菓子、しっとりと穏やかな甘みの焼き菓子など、お茶やコーヒーと楽しみたいお菓子やグラノーラが届きます。焼き菓子はセットでのご用意です。この機会に色んな味をお試しください。

 前回の展示会で試食会を開いたコンフィチュールもたくさんの種類が並びます。果物とお酒やショコラ、ハーブやナッツ。試行錯誤して見つけたという組み合わせは、どれも魅力的で迷ってしまいます。

 試食会ではクレープを焼いて色んな味わいを試していただきました。新しい味わい、果物の酸味や自然な甘みを生かした味を、皆さん楽しく味わってお好みの味を選ばれていました。

 スコーンやヨーグルト、アイスやパンケーキ、定番の食べ方の他にも、白かびのチーズに合わせたりサラダのドレッシングに使ったり、素材の味を生かしたコンフィチュールは、料理やデザートに幅広くお楽しみいただけます。それぞれの瓶の後ろには味によって違うおすすめの味わい方も書いてあります。ぜひ試してみてください。

 変わらぬ良いもの、新しく心地よいもの、使う人、食べる人に丁寧に向き合いながら作られる器やカトラリー、お菓子やコンフィチュール。

 長く暮らしを共にする道具と、日々に小さな幸せをくれるようなもの。

 どうぞ料理や使う場所、味わいをイメージしながら、楽しくお選びください。

  日 時:2020年6月5日(金)~6月15日(月)
  場 所:KOHORO
04 June 2020

5月26日(火)~5月31日(日)   井山三希子展【オンライン展】
 二子玉川で開催を予定しておりました井山三希子展は、5月26日よりオンラインショップで開催することになりました。

 中国茶をテーマにした今展は、蓋碗や宝瓶と愛らしい様々な形の茶杯、お茶を楽しむ器や道具が届いています。

 普段から中国茶を親しまれている井山さん。今回展示に合わせて中国茶を淹れながら、ご紹介いただく予定だった蓋碗や道具の使い方を教えていただきました。

 蓋碗は中国茶の道具のひとつですが、茶器をいろいろと揃えなくても、お持ちの茶杯や湯呑みを組み合わせたり、1人分の急須として気軽にお楽しみいただけます。

 中国の方は茶杯に移さずそのまま飲んだりもされるそうです。

 お茶の色によって育ち変化し、過ごす時間が一瞬一瞬刻まれていくような美しさがある井山さんの器。

 長く使われ続ける形と共にご紹介予定です。楽しみにご覧ください。

  日 時:2020年5月26日(火)~5月31日(日)
      ※完売のため早期終了いたしました。
  場 所:KOHORO
25 May 2020

5月1日(金)~5月11日(月)   小谷田潤展【オンライン展】
 KOHOROのお店で毎年お願いしている作品展。

 今年は淀屋橋では2月に開催し、5月は二子での開催予定でしたが、オンラインショップにてご紹介させていただくことになりました。

 使い心地がよく丈夫で長く愛される定番の器や、新しく作る器。

 温かみのある白、カラフルな色、愛らしい形の数々、器を使う、料理を盛りつけることがとても楽しいことだと、あらためて感じさせてくれる作品です。

 ぜひゆっくりとお楽しみください。

  日 時:2020年5月1日(金)~5月11日(月)
  場 所:KOHORO
02 May 2020

4月11日(土)~4月19日(日)   川口武亮展【オンライン展】
 オンラインショップにて川口武亮展が始まります。

 佐賀県有田で作陶する川口さん。渋みのある黒や、透明感のある青、料理のやわらかな色彩をぐっと引き立ててくれるような器が届きます。

 幅広い表現で、毎回の展示で新しい表情に出合うのも楽しみの1つです。深く広がる豊かな景色、どうぞご覧ください。

  日 時:2020年4月11日(土)~4月19日(日)
  場 所:KOHORO
10 April 2020
 

COLUMN

  • 初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
    初めての場所でも「なんだかなつかしい」と感じることがあります。人間の遺伝子の中に太古の風景が刷り込まれているのかもしれません。「はじめてのなつかしさ」を求めて、私の旅は始まりました。
  • “ 健康の工房 ”へ、ようこそ。ここは、料理教室あれば、セラピーあり。美味しくて、体にいいこと、教えます。
    “ 健康の工房 ”へ、ようこそ。ここは、料理教室あれば、セラピーあり。美味しくて、体にいいこと、教えます。
  • 山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
    山口瞳は、永井荷風の「偏奇館」にならって、自分の家を「変奇館」と称した。家をテーマに、たくさんの作品を書いた。築45年 。その家の優雅な歴史を、長男・正介が振り返る。
  • 日本の片隅に生き続ける古いモノづくり。人の手の揺らぎを許容する民芸的な大らかさとの邂逅は、僕の心を強く揺さぶりました。このコラムで、それを辿る旅に出ます。
    日本の片隅に生き続ける古いモノづくり。人の手の揺らぎを許容する民芸的な大らかさとの邂逅は、僕の心を強く揺さぶりました。このコラムで、それを辿る旅に出ます。
  • 長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
    長沢節がひらいた「セツ・モードセミナー」をご存じですか。何も教えない、という教育方針の中で、若い才能はたくさんのことを学び、巣立っていった。卒業生たちが、その想い出の風景を描く。
  • 能登の里山での暮らしを起点にしながら、農林水産物の作り手さんと商品の企画やデザイン提案をしています。朝日新聞「里山暮らし」連載中。月に一度自宅を住み開きしながら「土地に根ざした学びの場・まるやま組」を主催。
    能登の里山での暮らしを起点にしながら、農林水産物の作り手さんと商品の企画やデザイン提案をしています。朝日新聞「里山暮らし」連載中。月に一度自宅を住み開きしながら「土地に根ざした学びの場・まるやま組」を主催。
  • 築150年の酒屋を改装し、苔をテーマにアトリエを作りました。自然の恵みに感謝と畏怖の念を忘れずに、植物・苔のひそかで不思議な世界を紹介していきます。
    築150年の酒屋を改装し、苔をテーマにアトリエを作りました。自然の恵みに感謝と畏怖の念を忘れずに、植物・苔のひそかで不思議な世界を紹介していきます。
  • 「高橋麻帆書店」という古書店があります。古書にまつわるあれこれを金沢よりご紹介していきます。
    「高橋麻帆書店」という古書店があります。古書にまつわるあれこれを金沢よりご紹介していきます。
  • 木目の自然を生かしながら、格調高い調度品に仕上げるには、繊細で高度な技術と感覚と経験を要します。指物師50年の佐々木公夫さんの熟練の手技をお楽しみください。
    木目の自然を生かしながら、格調高い調度品に仕上げるには、繊細で高度な技術と感覚と経験を要します。指物師50年の佐々木公夫さんの熟練の手技をお楽しみください。
  • マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
    マスダさんは、金沢生まれの金沢育ち金沢暮らし。料理、お掃除、おつきあい、しきたり …… 人生のレシピを、まほうつかいのように、すべてステキに、くりだしてくるひと。お手並み拝見 !
  • 2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
    2011年、世界自然遺産に登録された小笠原諸島。その豊かな自然の研究と保護の現在を、島在住の研究者が、レポートする。『チルチンびと』で注目の連載「小笠原からの手紙」を、この『広場』でも、ご覧いただけます。
  • 映画にテレビに本にイベントに……  いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
    映画にテレビに本にイベントに…… いま、話題のひと、ベニシア・スタンリー・スミスさんのあざやかな日常。『チルチンびと』の人気連載「京都大原の山里で暮らし始めて」(文と写真・梶山正)をお楽しみいただけます。
  • 木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
    木のおもちゃと絵本のお店ウーフが、大人も楽しめる絵本の紹介や、身近な生き物から季節を感じるコラム、季節に応じた暮らしのヒントを通じて、豊かな時間の使い方を教えてくれます。
  • 住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
    住まい手の気持ちに出来るかぎり寄り添い、土地や職人仕事への深い理解と尊敬の下、徹底した美意識に貫かれた家造り。庭や家具、空間の生かし方、あらゆる細部へのこだわりが、暮らしやすさへつながる、建築家の仕事をご紹介します。
  • 「チルチンびと広場」コラム『神保町デイズ』街に本あり。街に味あり。街に老舗あり。街に騒めきあり。  街に人あり。……  人に日々あり。
    「チルチンびと広場」コラム『神保町デイズ』街に本あり。街に味あり。街に老舗あり。街に騒めきあり。 街に人あり。…… 人に日々あり。
  • 花咲く不思議 そのありようは 天からのおくりもの 季節の花々が道念邦子の手でちいさな卓上によみがえりわたしたちのもとにとどけられました
    花咲く不思議 そのありようは 天からのおくりもの 季節の花々が道念邦子の手でちいさな卓上によみがえりわたしたちのもとにとどけられました
  • JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
    JR・西荻窪駅下車。北口の交番横のカゴに「西荻窪アンティークマップ」が置かれている。その地図には60軒ものお店が、載っている。なぜ? ここに? たくさんのお店が?
  • 左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
    左右に離れた2つの目、ひょっとこみたいなくちびる、そしてあのぽっこりしたおなかをゆらゆらさせて泳ぐ姿にすっかり魅了された。…… そして、私とフグは、一緒に暮らすことになった。
  • わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
    わたしたちが愛してやまない、庭。木が芽吹き、緑萌え鳥が鳴き花が咲く。苔蒸し土薫り、草の陰に虫の声を聴く。魂のありか、美しい庭について、語りあいましょう。
  • 北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
    北欧の国から生まれたモビールを、日本の伝統的な手法や仕組みを取り入れながら、新しい手法でつくるマニュモビールズが、紙と糸だけで生み出す、新しい物語。
  • 草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
    草や木に潜む思いもかけない色に魅せられた、染色作家と紙作家。二つの工房が、普段私たちには見えない色を通して自然の不思議さ、深さ、楽しさを伝えるプロジェクト、始動しました。
  • いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
    いらっしゃいませ。こちらにご用意いたしましたのは、その道一筋のスペシャリストたちが、惜しげもなく語ってくれた、商売の光と影、人生の極意。味よし、香りより、読み応えあり。
  • 私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
    私は、いい家とは、人と街と地球にやさしい家だと思っている …… と、田中敏溥さんは、書いた。彼のたくさんの作品、発言から、一人の建築家の通り過ぎた時間を、浮かびあがらせてみたい。
  • 「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
    「MY Kitchen」のmikan先生から、気軽につくれて身体の中から綺麗に健やかになれる、旬のレシピが届きます。
  • 竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
    竹にまつわるあれこれを書いてまいります。竹工家です。あまり知られぬ呼び名であるが故に既存のイメージに縛られにくく、私には一番しっくりくるので、そう名乗っております。
  • 埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
    埼玉県飯能市のアトリエで、表情豊かな人形たちを制作している木彫作家の近正さんが、漫画で綴るほのぼの楽しい子育てエッセイ。豊かな表現力の源は、この面白生活にあり!?
  • 伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
    伝統の技をたいせつに受け継ぐ、美しい日本の手仕事。その繊細な佇まいをご覧ください。
  • 採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
    採れたて新鮮オーガニック野菜、安心おやつや調味料、手仕事の雑貨…いつもおいしくたのしい空気が流れる京都市左京区のオーガニック八百屋スコップ・アンド・ホー。そこに集まってくる魅力的な人々のことを、店主目線で綴ります。
  • 香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
    香川県小豆島。豊かな自然に囲まれたこの島に移住して、地域おこし協力隊となった作者が、空き家と空き地の問題に柔軟な視点で取り組む、現在進行形のレポートです。
  • 北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
    北陸新幹線開通以来、たくさんの「金沢ガイドブック」があらわれましたが、これぞ、ホントーのホンモノ。地元暮らしの地元通が、表通りも裏通りも、ご案内いたします。
  • オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
    オイシイモノ探検隊が、四国・松山を基地に「ごちそうさん情報」を発信します。海のサチ、山のサチ、野のサチを求めて、歩くのはヴェテラン・料理ジャーナリストです。
  • 人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
    人間は、生きている自然と、どう付き合っていけば、いいのだろう。…… そのヒントは、喜怒哀楽の激しい自然と、長い間、苦楽をともにしてきた海の民、山の民、里の民が、教えてくれるに違いない。
  • 海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
    海、山、野、まちで見つけたとびきりの “ 隠れ名物 ” をとびきりの地元通がご案内。
  • 中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
    中津江村って、サッカーワールドカップのとき、カメルーンの選手たちがやってきて、話題になり、その年の「流行語大賞」にもなった、あの村ですよ。そこが今や、過疎化、老齢化 ---- 。
  • お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
    お茶のルーツともいわれ、週百種類ともいわれるお茶が存在する中国。その多彩で奥深い中国の世界を、高級茶○師の香水さんが、美味しい飲み方とともに紹介してくれます。
  • 朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
    朝市へ。週末市へ。手づくり市へ。「めっけもん」は、どこだ。
  • 漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
    漆喰や珪藻土など自然素材の壁が見直され、いまふたたび再認識される左官仕上げの素晴らしさ。塗り壁をテーマに文化人の家を訪ねます。
  • 店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
    店先で、大きな木といろいろな鉢植えが迎えてくれる。緑に囲まれて、わくわくしながら店内にはいると、個性的な花達が戯れる心地よい空間が広がる。花達に囲まれて過ごす、贅沢な時間。
  • 何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
    何万年にもわたって禍根となる核廃棄物。何万年にもわたって伝えられた自給自足の知恵。その間に立つ今こそ、足下の生活文化を記憶すべきとき。祖先と大地の声に、耳を澄ましましょう。
  • 「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
    「家」を通じて「人」「暮らし」「街づくり」ひいては「未来」を考える---元『住宅建築』の編集長がさまざまな「未来を語ってくれる家」を選び、わかりやすく紐解いてくれます。
  • 岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。
    岡山市中心部から東へ、豊かな自然の中に位置するヤギの農場、「ルーラルカプリ農場」。人と自然との出会いを大切にしているオーナーが、農場を通して出会ったこと、考えたことを綴ります。

おすすめ