「そうきたか、なるほど。それならば・・・」

 

そういえば、これがいつものぼくの思考パターンで、昨日農場を訪れたお客様と話していて思いました。今回は、この話をします。

 

昔から、流れを変える人にならねばと思っていたのですが、なぜでしょう?思うようにならない事が多かったからかもしれません。
起こってしまった事はどうにもなりません。でも、それにどう反応するかは200%自分でコントロールできるということを、試練の中から学びました。
「思いついたら考えるよりも行動」を繰り返してきたので、何かチャンスはないかといろいろな事を試してみては、なかなか上手くいかなくて、何度粉々になったことか。その度に

 

「そうきたか、なるほど。それならば・・・」

 

何があっても寝られる体質でよかったと思います。感情に左右されてはいけません。姿勢を正し、深い呼吸をしながら体の使い方、言葉の使い方を選びます。決して下を向いてはならないし、言葉は自分で話した通りの自分になるのです。

 

いま目の前にあるいろいろな問題や悩み、そんなものを飛び越えて生きていかないといけないのです。時代を越えて生きるという事です。山の頂上や飛行機から地上を眺めるように自身や人々、社会を見つめてみます。どういう方向に進むべきか自分の直感に尋ねてみます。その直感に従って行動を起こすと、まもなくなにか問題が起こります。そして「そうきたか、なるほど。それならば・・・」その繰り返し。あとは自然と今のような自分の居場所があり、素敵な人々に恵まれています。

 

そんな皆さんとずっと繋がっていけますように、自分のありのままで居たいと思います。

 

コメント一覧

コメントを書く

タイトル
お名前
コメント

皆さまのコメントをお寄せください。
管理者の承認後の掲載とさせていただきますので、掲載までに少々お時間をいただきますことご了承ください。

Back namber