先日、また関東に出張してきまして、取引をさせて頂いているレストラン、ワイン店、菓子店などへご挨拶に行って来ました。ご挨拶めぐりという名のグルメツアーなのですが、実際にはグルメツアーという名の仕事です(笑)。どちらにしても本当に楽しい日々です。そんなことをしているといつも思うことがありまして、人と話していてもよく言うのですが、「ぼくの知らない世界へ連れてってくれるのか」ということです。

 

ぼく自身は、何に関してもまだ分からないことばかりだと自分で知っています。ですがたとえば料理だったりすると、ぼくの知っている好みのものを出された時には「なかなかいいね!」あるいは「まあまあ」ということになります。ちょっと生意気なようにも聞こえますね。いやそれは実際、本当にぼくの大好きな期待するようなもので、それはそれで嬉しいのです。でも、そうではないぼくの全く知らない世界に連れて行ってくれるようなものを提供してくれた時の心躍る気分。これがやっぱり最高ですね。「あなたの好きなそういうのもいいですけど、このようなものはいかがですか?!」「おぉ〜!!」というやつです。「おまかせ」が好きなのです。そこにホスピタリティが加わって、すごい御もてなし感となり、忘れられないひと時となるのです。

 

豪勢な料理のことだけを言っているのではないのです。小さなものの中には小さな感動が、大いなるものには大きな感動が。ぼくの場合、普段が小さな感動です。ときどき大感動。「インプレッシヴ」です。普段はとても質素なのですが、美味しいものばかり食べて遊んでいるみたい、とからかわれたりすることがあります。実際にはすごく勉強させてもらって、結果すごく仕事しているのです!

 

 

料理でも音楽でもアートもビジネススタイルも農場も、そして人も同じです。たとえば音楽などは、だいたい大衆が好むものをつくって売れば、まあそれなりのセールスになることもあります。でもジャンルに関係なく本当に分かる人にとっては、それがどうした?となるのです。ぼくにも好みはあるのですが、それでも常にぼくの知らない世界に連れてってくれる音楽との出会いを求めるわけです。そうしていると結構頻繁にすごいものと出会うんですね。求めるとそこに待ってくれていたのかと思えるくらいに。不思議です。分からない人にはさっぱり分からないものかもしれません。食も同じ。アートもそう。人も。

 

好みのものばかりに囲まれているのが良い事とも限りません。時にはちょっと違和感のあるものにも敢えて触れてみて、自分の安心領域を超えてみるのはいい刺激になります。知らない世界は楽しいものなのです。そのようなものや人と繋がって生きていられる事はなんて幸せなことでしょう!

 

ルーラルカプリ農場もそのような農場でありたいと思い、そんな場所を目指しています。五感をたっぷり使って刺激的な日々を一緒に楽しみたいのです!

 

 

 

 

コメント一覧

コメントを書く

タイトル
お名前
コメント

皆さまのコメントをお寄せください。
管理者の承認後の掲載とさせていただきますので、掲載までに少々お時間をいただきますことご了承ください。

Back namber