• 漆
  • ガラス
  • 陶磁器
  • 器
  • 切り子
インテリア・雑貨

IZUMO[utsuwa]

 横浜あざみ野にある住宅の片隅につくった小さな器屋です。

 作家により、ひとつひとつ丁寧につくられた器。
 シンプルだけど存在感のある器。
 洗練されているけど温もりを感じる器。

 そんな器をセレクトしています。
 実店舗での販売とインターネットでのメールオーダーも承っています。


// 取扱作家
 赤木明登 / 角掛政志 / 中島理恵 / 吉田順子
 富井貴志 / studio prepa
 松塚裕子 / 大江憲一 / ミヤチヤスヨ / 水野幸一
 フェルト作家Mei / 村上雄一 / yuta


// 商品紹介

「大江憲一 醤油さし」
 大江憲一さんの醤油さしは、美しいカタチと触れたくなるような素材感。水切れの良さと、蓋の収まりの良さ。機能美と存在感の両方を兼ね備えた道具です。

  価 格:各6,480円
  サイズ:φ5xH7.5cm

「赤木明登作 汁椀(赤)」
 和紙を貼る独自の作風の赤木明登さんの汁椀です。最初はマットな質感ですが、使い込むほどに色みは 深みを増し、光沢が出て、美しく育っていきます。

  価 格:12,960円
  サイズ:φ12.2xH7cm


// 画像詳細

 03:大江憲一 醤油さし・鳥口(白磁、鉄釉)
 04:赤木明登作 汁椀(赤)
 

IZUMO[utsuwa]
〒225-0023 神奈川県横浜市青葉区大場町 387-€27
Tel
: 045-972-4230
Fax
: 045-972-4230
OPEN
: 10:00~16:00
CLOSE
: 不定休
HP
: http://izumo-utsuwa.com
E-Mail
: web@izumo-utsuwa.com
リンク
: facebook

インフォメーション

1月18日(月)~6月20日(月)   金継ぎ教室・第2期・午後の部
 割れてしまったお気に入りの器が『金継ぎ』という古来からの技法でまた甦り、より愛おしい器になります

 講師をしてくださるのは、盛岡で漆工芸作家をなさっている田代淳さんです。この教室では本漆を使った修理をお教えいただきます。本物の漆を使用した金継ぎを完成させるには、少し時間と手間がかかりますが、全5回の講座で丁寧に教えていただけるため、はじめての方でも完成まで受講いただけます。この講座で欠けた器3~4点、割れた器2点程度直せます。

  日 時:2016年1月18日より月1回、全5回講座
     (午後の部)13:30~15:30 / 最終回(仕上げ)のみ 13:30~16:30
    場 所:IZUMO[utsuwa] 神奈川県横浜市青葉区大場町387-27
  講座料:20,000円(全5回講座・前納いただきます。)
      ※道具材料キット代 9,180円(参加者のみご購入いただけます)
      ※講座初日に現金にてお支払い下さい。

 1回目
 漆の話、漆の話、金継ぎの話、サビの作り方、欠けにサビ付け
 宿題:サビ付けの反復

  日 時:2016年1月18日(月)

 2回目
 割れの接着 サビ付け サビを削るデモ
 宿題:サビ付けの反復、サビを削る

  日 時:2016年2月22日(月)

 3回目
 割れの溝にサビ 欠けのサビを削る
 宿題:割れの溝にサビ 欠けのサビを削る

  日 時:2016年3月14日(月)

 4回目
 漆を塗る
 宿題:漆を塗る

  日 時:2016年4月18日(月)

 予備日3回目、4回目のうち一回おやすみの場合の振替日です。

  日 時:2016年5月16日(月)

 5回目
 仕上げ

  日 時:2016年6月20日(月)

 ※ご予約は[E-Mail]web@izumo-utsuwa.comまで件名欄に[金継ぎ教室]と記載いただき、氏名、当日連絡可能な電話番号、メールアドレスをお書きの上、メールでお申し込み下さい。
 ※詳しくはこちらをご覧ください。
21 December 2015

金継ぎ教室
 割れてしまったお気に入りの器が金継ぎで生まれ変わります。
 第2期の募集(キャンセル待ち)になっております。

  日 時:2016年1月18日より月1回、全5回講座
  場 所:IZUMO[utsuwa] 神奈川県横浜市青葉区大場町387-27

 ※ご予約は[E-Mail]web@izumo-utsuwa.comまで
 ※詳しくはこちらをご覧ください。
14 June 2015

12月17日(水)、22日(月)   お正月の苔玉づくりのワークショップ
 IZUMO[utsuwa]では暮らしを素敵に彩る提案として『お正月の苔玉づくりのワークショップ』を開催します。講師は川崎市高津区で造園業を営む「庭乃持田園」で、緑をより身近に感じ親しんでもらうため、緑の啓蒙活動と称し、モチダノソノとして青葉区の情報サイト『森ノオト』の樹木コラムを執筆したり、地域のイベントで苔玉づくりのワークショップ等の活動もなさっている『持田三貴子さん』にお願いしています。

 苔玉はお正月のイメージに合わせたいくつかの植物の中から、3種類お選びいただき、世界にひとつだけのオリジナルな寄せ植えの苔玉を作っていただきます。苔玉の台(器)も陶芸作家の水野幸一さんにオリジナルで作っていただいた4〜5種類の中からお選びいただきます。水野さんは某有名雑誌の表紙を毎回飾る華道家の先生に、素材(花)を美しく引き立てる器と大絶賛されてご愛用いただいています。

 普段あまりさわる事のない土と苔のフワフワした触感で癒されるとともに、正月のお洒落なしつらえにいかがですか?

  日 時:2014年12月17日(水) 10:30~12:00
      2014年12月22日(月) 13:30~15:00
  場 所:IZUMO[utsuwa] 神奈川県横浜市青葉区大場町387-27
  定 員:各回6名様限定 ※要予約
      ※12/17(水) 残席2名様 / 12/22(月) 残席1名様
09 December 2014
 
  • 1