全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

TORI KUDO EXHIBITION「reduced cooling」 8月7日(水)~8月11日(日)

 

 

TORI KUDO EXHIBITION「reduced cooling」

 

愛媛県在住の音楽家であり陶芸家、工藤冬里さんのFALLにおける15回目の個展「reduced cooling」です。去年の展示「ざんねんなやきもの磁展」のようすはこちら

また10日(土)には、工藤さんのライブ「演奏会“reduced cooling”」もあります。ライブ後も作品をゆっくりご覧いただけますし、予約制ではございませんので、お気軽にふらっと遊びにきていただければと思います。

 

【日 時】

2019年8月7日(水)~8月11日(日)
12:00~20:00

 

【場 所】

FALL
東京都杉並区西荻北3-13-15

 

■演奏会”reduced cooling”

 

【日 時】

2019年8月10日(土)開場 20:30

 

【出 演】

工藤冬里

 

【料 金】

1,000円(立ち見のみ)

 

– 工藤冬里 Tori Kudo –

愛媛県東温市在住の陶芸家。2005年よりFALLにて毎年、陶芸展を開催する。またマヘル・シャラル・ハシュ・バズ(Maher Shalal Hash Baz)というバンドをひきいる音楽家としても知られる。09年に3枚組・237曲入りのCD『セ・ラ・デルニエール・シャンソン』(K Records / 7 e.p.)をリリース。13年には音と音楽に関わる表現の可能性を探求するフェスティバル「サウンド・ライブ・トーキョー」に出演し、演出家の飴屋法水と共演する。14年末、映画『ニシノユキヒコの恋と冒険』撮影時に録音されたインストをふくむソロ作品集『徘徊老人 その他』(7 e.p.)を発表。16年、ニューヨークで録音されたマヘルでは7年ぶりの新作『Hello NewYork』(OSR)をリリース。

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

MENU