全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

詩集「敷石のパリ」の風景北井晴彦写真展 5月3日(金・祝)~5月18日(土)

 

 

詩集「敷石のパリ」の風景北井晴彦写真展

 

ある日のパリ、静かな時間、光と影が溶け合うような美しい瞬間。
北井晴彦のモノクロームの世界を、詩とともに──。

詩集『敷石のパリ』(トランジスタ・プレス刊)は、
パリのシェイクスピア・アンド・カンパニー書店から
「日本の詩人がパリについて書いた詩はありますか?」という問い合わせが、
トランジスタ・プレス(東京)に届いたことから生まれました。
本展では、新しい詩集に描かれた移ろうパリ、人々の生活、心を、写真とともにお届けします。

———————————-

現在、パリ5区セーヌ左岸ブシュリー通りにある書店、
シェイクスピア・アンド・カンパニー(1919−1941/1951−)。
1922年、英米で発禁となっていたJ・ジョイスの『ユリシーズ』の最初の版元として、
また、第二次大戦後に2代目店が再開してからは
パリ左岸のボヘミアンたちや、A・ギンズバーグ、W・バロウズといった
ビートニクの活動の拠点となったことで知られます。

昨年、そのシェイクスピア・アンド・カンパニーから
トランジスタ・プレス(東京)の編集者、佐藤由美子さんに、
「日本の詩人がパリについて書いた詩はありますか?」という問い合わせがありました。

「そう言えば、パリで詩を書いた日本人はたくさんいるけれど、
パリについて日本人が書いた詩はすぐに思い浮かばない……」。
そう思った佐藤さんが、清岡智比古さん、管啓次郞さん、
ミシマショウジさんに声をかけて、この詩集『敷石のパリ』は、生まれました。

フランスに縁の深い作家4人が、パリを契機とした詩を現在の視点で書き下ろし、
やはりパリに縁のある写真家、北井晴彦さんがモノクロームの風景を添えています。

本展では、ギャラリースペースにて詩集の挿画となった北井晴彦さんのプリントを、
ブックスペースにて詩集に寄せた小特集を組んでご紹介します。

 

【日 時】

2019年5月3日(金・祝)~5月18日(土)
12:00~19:00
※会期中休み 日・月曜日

 

【場 所】

Books and Modern + Blue Sheep Gallery
東京都港区赤坂9−5−26
パレ乃木坂201

 

■オープニングパーティー

 

【日 時】

2019年5月3日(金・祝)18:00~20:00
※準備のため16:45~17:30は一旦閉廊致します

 

■トークイベント

 

【日 時】

2019年5月18日(土)18:00~20:30
※準備のため16:45~17:30は一旦閉廊致します

 

【参加費】

1,500円(税込)ドリンク付き

 

– 清岡智比古(フランス語学者・詩人/明治大学教授)-

【パリのモハメッド──街に映る世界、時代と心】
詩集『敷石のパリ』の詩人のひとり、
清岡智比古さんが現在のパリを通して世界の移ろい人々の心、
変わらない物事などについて語ります。

 

※詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

MENU