全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

意匠元年/受け継がれていくものとは… 5月12日(日)~6月16日(日)

 

 

意匠元年/受け継がれていくものとは…

 

明治・大正・昭和・平成、そして新しい年号が始まった。
変わるもの、変わらないもの、ここから始まるデザイン(意匠)の未来。
時代が変わっても変わらないものに向き合う姿勢が大事だと思う。

今回はこれからも受け継がれていくデザインプロダクトを紹介します。
岐阜県のヒノキの無垢材を使用したスツール、花瓶のアウトラインだけを描いた一輪挿し、
逆さに吊るして植物を楽しむ植木鉢、一つのオブジェとなる花瓶&ボウル、
鋼鉄の支柱とS字曲線が美しい椅子、ユニークな仕組みの灰皿、手漉き和紙の照明器具、
針と音が秀逸な掛け時計、ガーデン用に作られたスツール兼テーブル、
座面が広くゆったりとしたラウンジチェア、カメの甲羅のような照明、
自動車のヘッドライトのような照明、2つの文字盤を持つ腕時計、
葉巻と酒を一度に愉しむグラス、波佐見焼の半月盆、紙袋のフォルムから生まれた花器、
三つの機能を持つデスクセット、強度のある和紙でつくった手提げバッグ、
ボディーに針金を使ったサルの知育玩具など、50点以上を展示・販売します。

デザインは私たちの生活にどう関わっていくのか…ぜひこの機会にお待ちしています。
なお企画展の商品は開催期間以外でも取り扱っています。

 

【日 時】

2019年5月12日(日)~6月16日(日)
11:00~18:00
※定休日 水・木曜日
(祝祭日は営業)

 

【場 所】

コニーズアイ[デザイン雑貨&カフェギャラリー]
2階ギャラリー
石川県金沢市武蔵町4-2

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

MENU