全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

働くセーター写真展 10月23日(土)〜11月3日(水)

 

 

働くセーター写真展

 

セーターの語源sweatとerというコンセプトに立ち返り、仕事着としてのセーターを編むHOLY‘S(保里尚美)の本『働くセーター』(文化出版局)の写真展。

会場では、セーターやあみぐるみの即売&受注会はもちろん、吉森慎之介さんによるみずうみの写真館、 毛糸屋SHAELAさんのシェットランドヤーンの出張販売、HOLY‘Sによるタッセルワークショップやセーター姿の京都の働く人たちの特別冊子の発売など盛りだくさん。

 

【日 時】

2021年10月23日(土)〜11月3日(水)
11:00~19:00
※最終日 ~17:00

 

【場 所】

ホホホ座 浄土寺店 店内にて
京都府京都市左京区浄土寺馬場町71
ハイネストビル1階

 

■保里尚美さんセーター受注在廊案内

10/23(土)、10/24(日)(13:00〜16:00はRenにてワークショップ中)
10/31(日)岡崎公園出店(現地受付10:00~16:00)
11/3(水)船岡山公園出店(現地受付10:00~16:00)
※23日と24日がホホホ座店内でのメイン受注日になります。限定5着。

 

※詳しくはこちらをご覧ください。

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

 

MENU