全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

動物絵画はお家芸 -大坂・森派の絵描きたち- 4月3日(土)〜5月17日(月)

 

 

動物絵画はお家芸 -大坂・森派の絵描きたち-

 

大阪歴史博物館では、6階特別展示室において、特別企画展「動物絵画はお家芸-大坂・森派の絵描きたち」を開催します。

江戸時代の大坂で名高い絵師のひとりに、森狙仙(1747?~1821)がいます。彼は「猿描き狙仙」ともいわれ、「もふもふ感」あふれるリアルな動物画を得意としました。狙仙には二人の兄、陽信(1736?~1808?)と周峰(1738~1823)がおり、当時は著名な絵師でした。その二人の兄は狩野派の描法を受け継ぎながらも、時には見る者に笑みをもたらす愉快な作品も残しています。

本展では、狙仙の次世代以降の画家、森徹山や一鳳らの作品も取り上げ、動物絵画を多く描いた森派とも呼ばれる一派の画業を振り返ります。

あわせて奇想の画家伊藤若冲と交流のあった大坂の松本奉時が描く蝦蟇がま図、戯画を得意とした耳鳥斎、虎を得意とした岸派の虎図、鷹図を描いた戦国大名土岐氏の末裔土岐頼高の鷹図など一芸に秀でた人々の絵画を紹介します。

 

【日 時】

2021年4月3日(土)~5月17日(月)
9:30~17:00
※入館は閉館の30分前まで
※休館日 火曜日
5/4(火・祝)開館、5/6(木)休館

 

【場 所】

大阪歴史博物館 6階 特別展示室
大阪府大阪市中央区大手前4-1-32

 

【観覧料】

常設展示観覧料でご覧になれます

 

【主 催】

大阪歴史博物館

 

【展示資料数】

約50点

 

※詳しくはこちらをご覧ください。

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

 

MENU