全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

12月の展 岡林尚子+miette 12月5日(土)~12月27日(日)

 

 

12月の展 岡林尚子+miette

 

古い布も新しい布も
繕いだり接いだり
足したり引いたり
穴も端っこもみんな生かして。
ちくちくと手縫いしたもの
カタカタとミシンで縫ったもの
彼女が選んだ古いもの
あれやこれやも並びます。

イギリスで共に過ごしたこともある高知の焼菓子屋mietteさんはこの日のためにイギリスの焼菓子を作ってくれます。

5日初日は岡林尚子さんとmietteさんのお二人が在廊下さいます。
焼き菓子の販売とハーブブーケと紅茶もお楽しみいただけます。

おさまらないコロナ禍を前に悩むところではありますが感染予防に配慮してお迎えできればと思います。予約制ではありませんが、お客様のご来店状況によってはお待ちいただくこともございますので予めご了承下さい。またご来店の際はマスクの着用と店前にある消毒液をお使い下さい。店側も手洗いマスクはもちろんのこと換気加湿など店内の環境を整え、ご来店下さったお客さまにひとときでも、ほっとしていただけるように努めます。不自由をおかけしますがどうぞよろしくお願いいたします。

期間も長くとっておりますので慌てることなくごゆるりと。^^

店主

 

【日 時】

2020年12月5日(土)~12月27日(日)
11:00~18:00
※休み 木・金曜日

 

【場 所】

小さい部屋
京都府京都市中京区尾張町225
第二ふや町ビル 201号

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

 

MENU