全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

rebmob木工「小千世界」 11月25日(水)〜11月29日(日)

rebmob木工「小千世界」

 

人、動物、植物、あらゆる生物が何千何万と共存する世界。その世界を一千集めた世界。

儚さと危うさを兼ね備えた動植物を多種多様な樹種で表現し、日々の生活を楽しんで頂ける家具や木製品に反映させました。

どうぞ、ご高覧ください。

 

【日 時】

2020年11月25日(水)〜11月29日(日)
11:00~18:30
※最終日 ~18:00

 

【場 所】

gallery re:tail
東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-9
潤マンション103

 

– 荒谷 英二 eiji araya –

1977年 青森生まれ
2008年 美容師としてhair salon rebmobを開業。2012年 庄島 歩音 の額縁製作を開始。現在はrebmob木工として額縁を中心に木馬、フラワーベース、家具等、アートとファッション性を兼ね備えた木製品を展開しています。

作品紹介
動物たちをモチーフに暮らしの道具を製作。それぞれの生き物の個性を多種多様な樹種を用いて表現。フラワーベースは使う人が季節の植物と組み合わせることによってオリジナリティが生まれる。

2008 rebmob hair salon 開業
2012 rebmob木工 として製作を開始
作家庄島歩音の額縁を中心に製作
2017 destination Tokyoウィンドー装飾
2018 LUMINE池袋 館内装飾で木馬を製作

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

 

MENU