全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

ジョナス・メカス特集2 フィルムで再会する、美しい時の数々 11月12日(木)〜12月13日(日)

ジョナス・メカス特集2 フィルムで再会する、美しい時の数々

 

Books and Modern(ブックスアンドモダン)は、「ジョナス・メカス特集2 フィルムで再会する、美しい時の数々」を企画、開催致します。

会期中、ジョナス・メカス(リトアニア・米国。詩人・映画作家 1922−2019)の「映画日記」の集大成「歩みつつ垣間見た美しい時の数々 As I Was Moving Ahead Occasionally I Saw Brief Glimpses of Beauty」(16㎜フィルム 2000年 288分)を上映します。

会場ではジョナス・メカスのプリント作品「フローズン・フィルム・フレームズ」の展示に合わせて、今年初め、メカスの故郷リトアニアを取材した写真家、津田直さんが、ゆかりの地を旅して撮影したインスタントフィルム作品(ライカ ゾフォート)を展示します。

11月13日(金)には、津田直さんのトーク&スライドショー「ジョナス・メカス 追憶の旅」を開催、11月14日(土)には、メカスの親しい友人で翻訳家の木下哲夫さんとともにドキュメンタリー「メカス1991年夏 ニューヨーク・帯広・山形・新宿・リトアニア」(こちらはDVD)を観る夕べも開催します。

カタカタカタカタ…… 映写機の音と、鋭い光の先に浮かび上がる鮮やかな映像を通してフィルム映画の魅力と、詩人が生涯、心のよりどころとした「歩みつつ垣間見た美しい時の数々」に再会する1カ月です。

 

【日 時】

2020年11月12日(木)〜12月13日(日)
12:00〜20:00
※休み 火・水曜日

 

【場 所】

SUNDAY
東京都世田谷区池尻2-7-12 B1F

 

※詳しくはこちらをご覧ください。

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

 

MENU