全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

辻 將成展「移りゆく時間と身体」 11月16日(土)~12月1日(日)

辻 將成展「移りゆく時間と身体」

 

【日 時】

2019年11月16日(土)~12月1日(日)
12:00〜17:30
※最終日 ~16:00
※休み 月・火曜日

 

【場 所】

ギャラリーマルキーズ
愛知県名古屋市昭和区菊園町5-16-1
エストメゾン石川橋1F

 

■レセプションパーティー

アーティストトークと辻 將成氏によるライブパフォーマンス

 

【日 時】

2019年11月17日(日)
15:00~18:00

 

– 辻 將成 –

三重松坂出身現代美術作家/デザイナー/ブレイクダンサー
自らの身体を使い地球、重力と向き合い踊る。ダンサーとして感じている感覚を身体芸術として、時に平面の写真として、時に立体的な作品として制作している。時の移ろいとともに消えゆく動作の軌跡がアートとして再現された時、一枚の写真のなかに、まさにそこに残り続けるダイナミックに変化した空気と身体の動きのエネルギーを感じる事ができる。過ぎ去った時間を紐解き、鑑賞者はその動きを想像して、追体験し残り続けるエネルギーを感じる。しかし既にそこにダンサーはいない。ダンサーとして辻氏にしかできない切り口で身体というテーマを中心に芸術と自分の関係性を模索しつづける辻氏。ダンスを通して新たなる表現を生み出そうと挑戦し続けています。

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

MENU