全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

星子からみる久芳真純展 8月25日(日)~9月5日(木)



星子からみる久芳真純展

 

私は美術家久芳真純さんを約1年に渡り写真に残していました。彼女はインスタレーションという手法を使い、場所、空間を作品として作り上げる美術家です。会場にはいつも表現する者と表現を感じる者の相互作用がありました。

そして、今回は星子が撮影した記録写真と新しく組み立てた文字を使い再配置する事でご来場の皆さんの心の中にあるどこかにお届けできるような企画展示になります。

きっと、私と美術家久芳真純さんとの関係から皆さんの本当の自分に出会える瞬間を見つけていただけると思います。

2019年夏星子より

 

【日 時】

2019年8月25日(日)~9月5日(木)
13:00~17:00
※休み 8/31(土)

 

【場 所】

星子スコーン
千葉県松戸市河原塚408−1
せんぱく工舎c号室

 

【入場料】

無料

 

– 久芳真純/ くば・ますみ –

1990 年生まれ。美術家。「再配置」を提唱し、人の立ち位置をテーマとしたインスタレーションを制作。場所の特性と自身の実体験を元にした、ストーリー性のあるサイトスペシフィックな作品を発表している。

〈主な個展〉
2018年10月「Repositioning」buildingC(千葉松戸市)
2019年2月「The time when you raise your hand here.」松戸ビール(千葉松戸市)
2019年4月「分ける知識」buildingC(千葉松戸市)
2019年5月「優しくあることを許して」あかぎハイツ(千葉松戸市)

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

MENU