全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

nakaban+植田真 とおいまちのこと・みなとまちから ふたつの絵本の原画展 6月6日(木)~6月17日(月)

nakaban+植田真 とおいまちのこと・みなとまちから ふたつの絵本の原画展

 

2014年に開いた二人展「夜明けまでにはまだ時間がある。」より5年。二人の絵描きの往復書簡から、2冊の絵本が生まれます。

『とおいまちのこと』 植田真・作/nakaban・絵
『みなとまちから』 nakaban・作/植田真・絵
(どちらも佼成出版社刊)
発刊を記念し、原画展を開催します。

ふたつの絵本の世界が交差するとき、物語は静かにひろがっていく。絵本作家の植田真、nakabanが互いの物語に絵を描いた、今まで出合ったことのない画期的絵本。ぜひ、ふたつの世界を自由に行き来して楽しんでください。(出版社紹介文より)

 

【日 時】

2019年6月6日(木)~6月17日(月)
12:00~20:00
※休み 6/11(火)・6/12(水)

 

【場 所】

URESICA ウレシカ
東京都杉並区西荻北2-27-9

 

■live event

 

【日 時】

2019年6月8日(土)
17:30入場 / 18:00 開演

 

【出 演】

nakaban(映像)植田真(音楽)

 

※要予約、詳細お申し込みはウレシカまでご連絡ください。

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

MENU