全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

第八回 市川 孝 拵展 10月13日(水)~10月17日(日)

 

 

第八回 市川 孝 拵展

 

市川氏の拵物には目をみはります。今展で紹介される「松ぼっくりでお湯を沸かす茶ンリン車」なるモノ。実は彼が子供の頃愛用していた三輪車が仲々の優れもので、いつか何かに使えないかと考えていたと言う—フム、物との関わり方が並はずれているから作れるのカナ。

今回は野草茶から葉豆実茶(はずみちゃ)へと紹介させて頂きます。

緑黄葉類の横にある半割竹皿には草の実や豆が並んでました。次々と豆や葉を焙煎し土鍋にお湯を足し煮茶する。エキスを掬えば香り高い葉豆実茶です。

掬う洋白杓がまた市川流で絶妙です。手元のひねりを変えると左利き用にもなるし、茶漉し孔列が利き、たやすくお茶だけが掬えます。これも美事な拵物です。

今展が、街の人混みを避け野に出て、葉豆実茶を愉しんで頂く、きっかけになればと願っています。

 

【日 時】

2021年10月13日(水)~10月17日(日)
12:30~17:30
※会期中無休
※予約制

 
【場 所】

川口美術 1F
京都府京都市左京区下鴨宮河町62-23

 

※コロナ禍の折柄、ご来店予約をメールアドレスへお願いします

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

 

MENU