全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

akkaの手描き服展 2021 5月18日(火)〜5月24日(月)

akkaの手描き服展 2021

 

昨年初めて当店で展示していただいたakkaさんが今年も登場。

日本古来の和柄を、1着1着手描きで絵付けしたリネンの服や小物が70点ほど並びます。プリントや織りとも違う、手描きならではの風合いをお楽しみください。

– つくり手の三宅あすかさんより届きました。 –

京都での展示が今年で2回目となりました。
今回はスタンドカラーシャツが新登場です。長さがしっかりとあり、羽織りとしても優秀な1着。また和更紗・牡丹柄のオリエンタルな雰囲気も楽しんでいただければ幸いです。伊万里焼の絵皿を見て考えたファブリックパネルも、壁面をカラフルに彩ります。

– 制作にあたり考えていること –

季節の花や家紋、日本に伝わってきた文様をさらりとさりげなく纏うことができる、そんな服を目指しています。キャンパスになるベースの服は極力シンプルなデザインに。縫製してから絵付けをするので、縫い目の上も構わず伸びる柄が描くことができます。

柄は着物の仕事をしていた時から描いていた柄などを元に、発展させています。ぜひ一度、手にとってご試着してみてください。じわじわと和の血が騒ぐはず!
お洗濯はご自宅でしていただけます。

 

【日 時】

2021年5月18日(火)〜5月24日(月)
11:00~19:00
※最終日 〜14:00

 

【場 所】

恵文社一乗寺店 ギャラリーアンフェール
京都府京都市左京区一乗寺払殿町10

 

– 三宅あすか – FacebookInstagram

多摩美術大学テキスタイル科を卒業後、京都の着物工房で絵付けの修行をした後、2008年独立しました。

2021.3 アトリエ「akkaのオープンアトリエ」
2020.9 鎌倉ギャラリーくるくる「言葉にならない絵付けの世界2020」二人展
2020.3 恵文社・ギャラリーアンフェール「akkaの手描き服展 2020」
2019.9 鎌倉ギャラリーくるくる「言葉にならない絵付けの世界2019」二人展
2019.3 ギャラリー懐美館「akkaの手描き服展 2019」
2018.9 鎌倉ギャラリーくるくる「言葉にならない絵付けの世界」二人展
2018.2 余白ギャラリー「akkaの手描き服展」

 

※詳しくはこちらをご覧ください。

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

 

MENU