全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

えみおわす 春夏の服 4月27日(火)〜5月10日(月)

えみおわす 春夏の服

 

日本、タイ、インド、リトアニア、さまざまな国や地域で織られた綿や麻、シルクの素材を使ったえみおわすの定番の服や小物、シャツ、パンツ、スカート、ワンピース、かばんやストールが並びます。

カフタンシャツやタイルージャケット、ロシアンシャツなどの新しい形、パターンを見直したラグランシャツや立ち襟シャツも作りました。

 

【日 時】

2021年4月27日(火)〜5月10日(月)
11:00~19:00
※最終日 〜16:00

 

【場 所】

恵文社一乗寺店
ギャラリーアンフェール
京都府京都市左京区一乗寺払殿町10

 

– えみおわす –

日本、タイ、インドの旅…。自然豊かな風景と昔ながらの暮らし、手仕事に心惹かれた記憶はわたしたちのモノづくりの素になっています。
標高2500メートル、雪山の景色が美しいインドヒマラヤ地方の村で編まれるニット、いつも明るく陽気なタイの人々が作る手織り布、リズミカルな手縫のステッチ、古いシャトル織機、正確なミシンの縫い目、丁寧な仕事で支えてくれる日本の職人さんたち。
様々な土地、人たちを通してえみおわすの服は作られています。

 

※ひとつひとつお客様の目で確かめてお選び頂きたい商品になります。当店のオンラインショップでの販売予定はございません。ご了承いただけますと幸いです。

※詳しくはこちらをご覧ください。

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

 

MENU