全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

Hiruma lkumi et Shinichi Takeda「Le jardin primitif 原初の庭」 12月2日(水)~12月6日(日)

Hiruma lkumi et Shinichi Takeda「Le jardin primitif 原初の庭」

 

陶芸家、比留間郁美さんと、美術家、武田晋一さんによる二人展「Le jardin primitif 原初の庭」です。FALLでは16回目の展示となります。

比留間郁美の新作陶器と武田晋一のオブジェを展示致します。コラボレーションした、テーブルライトも制作予定です。ぜひお立ち寄り下さい。(転載)

比留間さんとの出会いは15年以上まえ、FALL創業からのもっとも長いお付き合いの陶芸家です。武田さんも、私との二人展「OFF SEASON」でほんとうにお世話になった特別な作家です。今年の晩夏にでた拙著『雑貨の終わり』でも、ふたりの作品写真をつかわせてもらいました。

去年の展示「King’s Plate and Weeds」の様子はこちら

 

【日 時】

2020年12月2日(水)~12月6日(日)
13:00~19:00

 

【場 所】

FALL
東京都杉並区西荻北3-13-15

 

– 比留間郁美 Ikumi Hiruma –

1982年、千葉生まれ。女子美術大学工芸科を卒業後、「滋賀県立陶芸の森」で学ぶ。現在、奈良の東吉野にて作陶。

 

– 武田晋一 Shinichi Takeda –

1981年、広島県生まれ。2003年、渡仏。2009年、ブールジュ国立高等芸術大学(ENSA BOURGES)卒。現在、奈良の東吉野にて制作。2020年11月15日まで奈良の奥大和(吉野町、天川村、曽爾村)でおこなわれたアートイベント「MIND TRAIL」に参加。美術作品のほか、『山學ノオト』(青木真兵、青木海青子著、エイチアンドエスカンパニー)の装丁などもてがけている。

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

 

MENU