全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

SIRUP「数とマスと琺瑯」 10月14日(水)~10月18日(日)

SIRUP「数とマスと琺瑯」

 

琺瑯(ほうろう)でアクセサリーをつくっている荒井有紀さんのブランド「SIRUP」による個展「数とマスの琺瑯」です。去年の展示「琺瑯と階段」の様子はこちら

思案の2020年、リラックスしたくなって制作したのが今回の新作です。どこかの遺跡から発掘されたような柄に意味があるのかないのか。謎解きというほどではありませんが、遊び心の宝探しに。

琺瑯(ほうろう)のピアスやイヤリングなどのアクセサリーをどうぞお楽しみください。

(DMより転載)

 

【日 時】

2020年10月14日(水)~10月18日(日)
13:00~19:00

 

【場 所】

FALL
東京都杉並区西荻北3-13-15

 

– 荒井有紀 Yuki Arai

1974年、東京生まれ。多摩美術大学金属コース卒。ドイツのブルク・ギービィヒェンシュタイン美術大学金属科編入、琺瑯技術を学ぶ。2003年、日本に帰国。04年に「SIRUP(シロップ)」の活動開始。

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

 

MENU