全国のSHOP・ギャラリー・美術館などのイベント情報を掲載しています。

手製本の世界に親しむ 小さな製本展 10月15日(木)~10月25日(日)

手製本の世界に親しむ 小さな製本展

 

Coptic binding は2世紀頃、パピルスを針と糸のみで綴じることから始まり、エジプトやイスラム世界に広まった製本方法、Gothic binding は15世紀頃から羊皮紙や紙を綴じた製本方法です。

Coptic binding、Gothic bindingをアレンジし、金沢の水引や和紙などを使い作成し、‶ものとしての本“を遊んでみました。

 

【日 時】

2020年10月15日(木)~10月25日(日)
※会期中無休
※作家在廊日 10/24(土)・10/25(日)

 

【場 所】

Ariana Kilim & Art Gallery
富山県富山市石金1-10-1
Ariana(アリアナ)1階
ハンドクラフトショップ・ギャラリー

 

■ワークショップ

 

Coptic bindingのノートづくりCoptic bindingをアレンジしたノートづくりを体験してみませんか?

 

【日 時】

2020年10月24日(土)、25日(日)14:00~

 

【定 員】

各日5名

 

【参加費】

1,650円(税込・講習費・材料費込)

 

– 前多令子 –

製本家
ドイツ、ニュールンベルクのWild製本工房での経験をもとに東京で和洋貴重書の修復保存に携わる
海外芸術家派遣員(文化庁)としてイギリスにて研修
ネパール貝葉写本修復保存事業(国際交流基金事業)を行う

 

※ワークショップのお申し込み・お問い合わせはアリアナまでご連絡ください。

 
 

 

 

住宅雑誌「チルチンびと」

1997年の創刊以来、環境・風土と共生する木の家づくりと
暮らしの知恵を取り上げ続けてきた『チルチンびと』は、
読者の皆さんの思いに真摯に応えるために季刊へと変更し、
いっそう充実した誌面づくりに取り組んでいます。

*誌名「チルチンびと」について*

アメリカ・アリゾナ州に居留するナバホ族の地名からもらった。
“チルチン”とは、食用や薬用に
なる小さな赤い実をつける植物、
“ビ” は接続詞、
“ト” は水を意味する。
大地の恵みと天の恵みをつなげたこの地名は、
ナバホの人びとのゆるぎない暮らしぶりを語ってやまない。

 

チルチンびと広場

チルチンびと広場では全国のイベントの他、
暮らしにまつわるコラム住宅情報などを掲載しています。
気に入ったイベントやSHOP・コラムはマイページで管理することができます。
是非ご覧ください。

 

MENU