雑誌「チルチンびと」別冊36号掲載 群馬県 ㈱オオガネホーム

里山の懐に抱かれて暖かさが隅々まで満ちる家

 クッキーを焼いたり、薪ストーブのそばで自家製の沢庵をつまんだり。日常のそんなひとコマひとコマが、生き生きとして見えるT邸。住まい手としっくりなじむ家は、暮らしをより楽しくしてくれる。  生活しながら命の洗濯  外は雪景色。が、それを完璧に忘れてしまうほどT邸は暖かい。家のどこにいても、温度差があまりないのもいい。「薪ストーブだけで足りるかしらと心配したんですが、全然平気。冷え性なのに、最近はタートルネックを着なくなりました」と奥さま。  T邸では壁・床・屋根に羊毛断熱材、窓に木製ペアガラスサッシを使い、床下には調湿効果の高い炭を敷き詰めているので、それらの相乗効果もあるだろう。奥さまは「夏は逆に室内のほうが外より涼しいですよ」と話す。  ちなみに薪ストーブは奥さまの要望。ご主人のリクエストは和室で、杉無垢板の天井を指さして、「これはオオガネさんの建てた住宅で見て気に入った仕様。ウチでもお願いしました」と満足げだ。  オオガネさんとは同邸を手掛けたオオガネホームのこと。14年前、夫婦で同社の完成住宅を見に出かけたときに、奥さまが一目惚れしてしまったという。5年ほど前、家を建てることになり、その 〝恋〟が実ったわけだが、ご主人も「直感的に合うと感じました」と話す。新居も「こんなに自分たちに合う家ってあるのかと思うぐらい、住みやすいですよ」  住みやすさは綿密な打ち合わせの賜物と推察したのだが、「あまりしてないんですよ。なのに、トントン拍子でプランができちゃって」と奥さまが答えた。  その理由を同社の大金泉社長はこう話す。家づくりとは、住まい手が本当に求める暮らしを提供すること。だから「打ち合わせ以前の気軽な世間話の段階で、本人たちが気づいていない要望や言葉にならないニュアンスを読み取っていくのが自分の仕事」だと。

ページ数:6

このコンテンツを閲覧するには、FlashPlayer9以上がインストールされている必要があります。またJavascriptを有効にする必要があります。

ページ 1 2 3 4 5 6