千葉県習志野市 Y邸

設計 松本直子 千葉県習志野市 Y邸

洋風の自宅の一室を庭を眺めるための和室に改修。建具職人が紙貼り决(しゃく)り加工の上、引障子として使えるよう上下桟と引手を加工。土壁は「自然に壁が起きる感じ」の曲線に。梁は一度着色して、組むために根元を取り、長さを整えた。襖左横にはもとの2’×8’構造の壁を囲むようにL字型の化粧柱を意匠として足した。

 

敷地面積 329.87㎡
改修部分床面積 13.39㎡
設計 松本直子建築設計事務所
施工 建築工房 建匠舎
構造形式 木造軸組工法
主な内部仕上げ 天井/杉板厚12mm古色仕上げ
壁/:ラスボード下地土壁塗り
床/オーク材厚21mm(スプーンカット)、畳敷き